« 大胆MAPと声優さん。 | トップページ | ワンパク番外地から電撃ストラダ5へ。 »

2008.01.21

鳩子も40歳。

以前、昔の子役に関することを書いたら、今でも読んでくれてる人がいるらしい。感謝。

本日久しぶりにミヤネ屋を見た。かつての子役を取り上げるというから楽しみに待った。出てくるまでが長かった。

宮脇康之は旦那と同学年、斎藤こず恵は自分と同学年。皆川おさむは旦那の2学年下のようだが、いかんせんオジイになっていて、とても45歳には見えなかった。

宮脇康之は本人も言うとおりノニ屋のケンちゃんになっていた。ノニジュースといえば北斗晶も似たような広告に出ていたが、商売敵か。すごい転職歴だ。洗濯屋ではなかった。どうもこの方はカネになる話に弱い気がする。子供はうちの坊主と同い年(10歳)で、顔もケンちゃんに似ていた。小6にして年間7000万も稼いでいたとは。よく誘拐されなかったな。過去を洗いざらい話した書物として「ケンちゃんの101回信じてよかった」というのがある。図書館の棚で見つけた。

斎藤こず恵といえば「鳩子の海」もそうだが「それ行け!カッチン」を見ていた。カッチンの由来は「カッチン留め」ではなく単に「和子」という役名から来ているらしい。どうもDVDが発売されているようだ。観たい気もするがどっかで再放送やってくんないか。ファンタジードラマ。うん。そんな作品だったと記憶しているし、悪いことをした西川和孝も出ている。昭和42・3年生まれの子役って、坂上忍以外にもいたように思うのだが、事務所の売り方に差があったんだろう。「山口さんちのツトム君」の50万1枚目のプレスを見学しに行くシーンなんてめっちゃかわいかった。うちには彼女のバージョンではなく、当時は競作だったので別の坊やが歌ったレコードがあった。あれは誰だったろ。しかし鳩子もいろんな人生を経て太ったな。

皆川おさむはひばり児童合唱団?叔母さんの後を継いでやってるんじゃなかったか。工業デザイナーやってたのは知ってたが、転身したんだ。それにしても「ケロ猫のタンゴ」ってアアタ・・・。パロディーでっか?

同じ子役でも宮沢りえは子役出身のイメージが全然ない。ちょっと雰囲気が違う。

ところで「世界一受けたい授業」では未だに原田潤の「僕の先生はフィーバー」が流れている。あたしゃ熱中時代で流れるこの曲が好きで買いに行ったんだ小5の時。こういうやんちゃ者が好きな男の子のタイプだったのさ。で、元気か彼は。家業手伝いつつCDデビューしたいとか、数年前に言ってたが。ひとつ年下だった。

そりゃ子供の頃と今が変わり映えしなかったら気持ち悪いだろ実際。でもケンちゃんって変わんないよな。劇団持ってたんじゃなかったっけ?

« 大胆MAPと声優さん。 | トップページ | ワンパク番外地から電撃ストラダ5へ。 »

テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly