« バッテリー7話「キャッチャー失格」  | トップページ | 太田総理・・・秘書田中 / 防犯カメラの是非 »

2008.05.28

そして僕は途方に暮れる。

昨日なんのき「The M」を見ていたら、大澤誉志幸が久しぶりに出ていた。ええおっさんになっていた。

1年前もこんな記事を書いたが(参照)いちばん末永くヘビロテなのが「そして僕は途方に暮れる」なのだ。この曲は「ガラス越しに消えた夏」のアンサーソングとは初めて知った。

君が選んだことだから きっと大丈夫さ (そして僕は途方に暮れる)

さよならを繰り返し 君は大人になる  (ガラス越しに消えた夏)

自分にとっては恋愛ソングの範疇を超えた、節目節目に聴く大事なフレーズなのだ。

親父さんが琴のようにギターを横にしてつま弾いていたのが、そもそもの発端だったそうですね。この再現ドラマの番組構成って「いつ見ても波瀾万丈」にそっくりなんだけど、スタッフ一緒かな。「あなたの知らない世界」みたいやね。おっとっと。で、小学生時代の誉志幸少年を演じた子役はなんて名前なんだろ?いやぁハスキーボイスでワイルド坊や。ついでに大澤さんの誕生日は坊主と1日違い。

過去の作品には名曲が多く「ラヴィアンローズ」なんかもうっかり吉川晃司にあげちゃったら売れちゃったそうだけど。そうなんだ、じゃナベプロにいたんだね。「抱いた腰がチャッチャッチャッ」(ビートたけし)「おまえにチェックイン」(沢田研二)「1/2の神話」(中森明菜)以外にもトータル100曲以上提供しているからなぁ。

高校時代は不登校でふらつきで音楽ばっか聴いてた。「その気×××」をFMで聴いてから気まぐれに学校へ行くと、違うクラスの子が「CONFUSION」をダビングしてくれた。それからはもうどっぷり。我々は幼い10代だったから、「そして僕は途方に暮れる」の前から大澤誉志幸聴いてたんだぜぃとか、馬鹿な自慢をしていた。「宵闇にまかせて」もいい曲。

そのほかにも半ヘビロテ状態なのが

「ギリギリヒーロー」ミヒマルGT

「海雪」ジェロ

この2曲だ。

「ギリギリヒーロー」は最初柳沢慎吾が出ているPVを見て以来だ。うちの近所の100円ショップなんか行くたびにこの曲がかかっていて、いやがうえにも覚えてしまったのだ。

それとラジオをつけると週3回以上は「海雪」が流れる。デビュー当時の氷川きよし「箱根八里の半次郎」状態だ。おばちゃん達のヘビロテのようだが、イントロの尺八の音色が流れるとつい「キター」とつぶやいてしまう自分。

だからくそ忙しい最中に「そして僕は途方に暮れる」だの「ギリギリヒーロー」だの「海雪」だのをうっかり思い出すと、頭の中が大変なメルティング状態になって、急性だるい病を引き起こしてしまうのだ。ヘビロテは厄介だ。

The Mに話は戻るが

「ガラス越しに消えた夏」のアコースティックバージョンもよかったね。

« バッテリー7話「キャッチャー失格」  | トップページ | 太田総理・・・秘書田中 / 防犯カメラの是非 »

テレビ」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly

ほしい物リスト。

無料ブログはココログ