« 王貞治とCMの思い出 | トップページ | 吉田栄作はだんだん歳をとり。 »

2008.09.26

銀座の母を泣かした加護ちゃん。

伝説の占い師 銀座の母SP

ひと昔前までは「新宿の母」がいたような気がするのだけど。

確かに加護亜依と高部知子ってリンクするんだな。自分と同世代の人のブログを読んでると、時々そういうの見かける。

細木数子だったらブチ切れそうなとこだけど、銀座の母は加護ちゃんを見るなり泣いちゃった。な~かしたな~かした♪

ところでひとは、悩みが生じたとき誰に頼るんだろう。もし自分の目の前に、江原啓之、細木数子、泉谷綾子、銀座の母が現れたと仮定する。タダで相談に乗ってくれるとしたら、誰に泣きつく。自分だったら断る自信がない。古村比呂だって江原さん頼ったんじゃん、って違うか。

しかし手相占いは当たりそうだ。というか、自分にも「神秘十字」がある。このおかげかどうか、2度も命拾いをしたことがある。どっちも死んでたっておかしくない。ひとつは事故、ひとつは病気だった。

加護ちゃんと同じ運命を持つ有名人が、堀ちえみ、五月みどり、室井佑月・・と来たもんだ。

これはうちの親も言ってたことだけど、この「ぱっこんぱっこん」母が言うように、離婚の家系ってあるかもしれない、ということ。加護ちゃんの場合も祖父母の代から離婚続き(→実の母親は彼女が1歳の時離婚、のち芸能界入りしてまた離婚。煙草に手を出したのはそれがきっかけ)でしょ。いや異論はもちろんたくさんあるし、不快に思う向きもあるだろう。でも「早婚の家系」もあったりするからなぁ。

いやだからと言って煙草はいかんよ。若気の至りにしちゃ代償がでかい。加護ちゃんはモー娘。やダブルユーの頃に伴宙太状態で実家の家計を支えてたこともあったし、そんな芸能人なんて美空ひばりの昔からゴマンといたんだけどね。苦労談を紹介していく手法は今日の「金曜日の告白」(フジ系)でも取られるけど、なんかずるさを感じる。といいつつまた見るだろう自分。

それにしても濃いいな。

岸部シローだろ、梅宮アンナ&ご一家だろ(→不倫の相手ってドラゴンズ?みなさん、不倫は「結婚線」にはならないそうですよ)、加護ちゃんに諸星くん(→個人事務所つくったのか)にCCB、辺見マリ(→あ、えみりの母ちゃんや!ほらみ、離婚の家系がここにも)・・・

CCBってま~だ頭がカラフルだったのか。ほとんどマーブルチョコレートだな。笠くんは実家に戻ってたんじゃなかったっけ?何年か前テレビ出てたろ。関口くんは49歳??じゃ、「くん」づけしちゃまずいやん。毎度お騒がせしますって何年前だ。高校の時だったから24年は経ってそうだ。当時園遊会に呼ばれたんだっけ?首相誰の時?鈴木善幸?

でもこのゲスト陣で一番真摯に悩んでる姿に見えたのは、加護ちゃんかな。まだ若いし、我々このくらいの娘がいたっておかしくない年代だし、先は長いんだからちゃんとやろうよ。自分だって煙草じゃなく酒だったんで、ホント人のこと言えないのさ。誰だっていろいろあんのよ。

2011.9・12 追記

昨日の自殺未遂の報道で、3年も前に書いた記事にアクセスが増えている。

とっさに明菜ちゃんを思い出したのは自分だけじゃないと思う。

今日は新聞休刊日なので、スポーツ紙の1面が加護ちゃん。

(←なお、田舎在住なので、報知の1面は巨人ネタ。裏面が加護ちゃん。九スポと報知しか購入していないので、デイリーやニッカン、スポニチはちょっとわかんない)

父親ほども年の離れた男とこんなんなっちゃったってことより

ミニモニ。の時に父親が覚せい剤で捕まっていたのは知らんかったなぁ。

で、銀座の母も最近見かけない気がする。

« 王貞治とCMの思い出 | トップページ | 吉田栄作はだんだん歳をとり。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

こちらも

無料ブログはココログ