« 吉田栄作はだんだん歳をとり。 | トップページ | 古本探訪: 月刊誌「スタア」 75年7月号 マガジンハウス その1 »

2008.10.07

緒形拳とドラえもん。

今朝は緒形拳で目が覚めた。

ところで、彼の苗字は「緒方」「緒形」どちらが正しいのだろうか。「緒方」は誤記である、とするものもある。

ブログはアクセスが集中して繋がりにくいので、youtubeでこれを見つけて笑ってしまった↓

亡くなってしまったというのに、爆笑する自分も不謹慎だが。なんていうか、現実から目をそらそうとする管理人の悪い癖。

緒形拳と言えば、小学生のころ見た「必殺必中仕事屋稼業」だ。蕎麦屋「坊主そば」を営む「知らぬ顔の半兵衛」である。時代劇で一番好きなのは必殺シリーズ、藤枝梅安。このひとを語る上で、映画の代表作をまず挙げるひとと、テレビドラマを挙げる人とに分かれるような気がする。そうそう「ポケベルが鳴らなくて」っつうのもありましたな。一瞬ミスマッチなキャスティングかとも思いましたがあれ。映画だと高校生のころに見た「楢山節考」。今朝は坂本スミ子さんが「とくダネ!」「スーパーモーニング」と続けて電話インタビューに答えていた。彼女は今どこかの幼稚園の園長をやっているらしい。どの週刊誌で読んだか忘れたが。

うちにある古い雑誌の緒形拳

週刊女性200号記念特別編集 華麗なる結婚(98年)に載ってた。

002_2 98年現在の芸能人の披露宴等々の写真集なので、10年経った今となっては離婚したり、配偶者が亡くなってしまったカップルも数多く載っている。

この2人は結婚指輪ではなく数珠を交わした、とある。

いつも思うことだが、このときの気持ちってなんで持続しないのかしら。当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないが。。。

そして、40年前の新聞広告↓

004_3 1968年1月、チオクタンSという保健薬の広告で、「拳です!健康です!」なるコピーも付いている。見えにくいけれど。「肝臓を守って10年。」とも書かれている。

密葬の後に死因が発表されるとのこと。

”緒方直人”と表記されたものがよく検索されているようだけど、やっぱり「方」なのかなぁ。彼も自分と同い年だな。

« 吉田栄作はだんだん歳をとり。 | トップページ | 古本探訪: 月刊誌「スタア」 75年7月号 マガジンハウス その1 »

テレビ」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly

ほしい物リスト。

無料ブログはココログ