« 銀座の母を泣かした加護ちゃん。 | トップページ | 緒形拳とドラえもん。 »

2008.10.01

吉田栄作はだんだん歳をとり。

「だんだん」

NHKの連続テレビ小説って何年ぶりに見るだろう。平成だと「ひらり」以来か。ちゃんと初めから見るのは。他の作品はたいてい途中からだ。

これ、ナレーションが竹内まりやなのはいいんだけど。もしこのドラマが島根じゃなく、祇園だけで展開するなら、彼女の主題歌とか語りはなかったかも。出雲市大社町出身ゆえ。しかし祇園だけだど縁が繋がっていかないから。。。

OPの画像は結構好きだし、「縁の糸」も最初どうかな?覚えにくいかなとか思ったんだけど、3日たった今じゃいいと思う。「袖振り合うも」なんだ正しくは。国語辞典で一番多い表記だそうです。「擦り合う」だと長年思いこんでた。「つまづく石も縁(ふち)の橋」ことわざがメロディに乗った曲は他にあったっけ。ユーミンの「14番目の月」は「言わぬが花」「柳に風」だし・・・違うか。

あたしゃと~ちゃん役がびっくりしたのね。

吉田栄作!!

Tシャツにジーンズ姿で初出場の紅白歌合戦か。それともNOAじゃござんせんか。いや、もう誰も愛さない、の円周率か。うお~~!か。またはマネーの虎か。みなさんの彼に対する記憶は、どこで止まっているんだろう。まさかこのCMで止まってるわけでもあるまい↓

子機重そうだな。しかもじゅーいちまんにせんえん、ときたもんだ。高い高い。

で、毎度登場人物の人間関係がややこしいのだが、栄作ちゃんは、石田ひかりと別れて鈴木砂羽と再婚すると~ちゃんなのだ(→役名書けよ、ってやつですね。参照)。しかし彼の実年齢に対して役がらの子供がでかい。どうでもいいかそんなこと。だったら石田ひかりにしろ鈴木砂羽にしろもうちょっと若いし。

まだ、のぞみ(夢花=佳奈ちゃん)と、めぐみ(茉奈ちゃん)がいまいちつながってない。(3話現在)唯一の繋がりは「赤いスィートピー」という曲ですな。めぐみがバンドで歌うのと、のぞみのおかんが一人で口ずさむ歌が同じだってことで。いや自分も双子ものは苦手で、どっちがどっちだか時々わかんなくなるのさ。舞妓はんが佳奈ちゃんやな。

視聴率が低いって言ってるけど、BSじゃ7時45分から、地上波でも2回朝昼放送されるから、それに1週間のまとめ放送分を合わせるとけっこうあるんじゃないの。ただバンド設定ってうまく言えないけれど飽きちゃった。

どうも栄作ちゃんを見ると過去に戻ったような不思議な気分になる。全体にR35とかアラフォー狙いで作られたドラマか。でもなんだかよくある話に思えてくるのはなぜか。

そういや「七瀬ふたたび」を現代にリメイクしてやるんだ。多岐川裕美バージョンは79年にリアルタイムで観たぞい。近年ミステリチャンネルでもやってたし。今回は蓮佛美沙子ちゃんか。とはいえわし彼女のことよく知らん。リメイクするのか。。。

だんだんって時々見忘れるかもしれない。遅遅とした展開だから大丈夫なんだが。

追記(11月19日):スタジオパークに吉田栄作が出ていて、武内陶子もいつもより興奮なすっておられるご様子。「寝ぞうが悪いので安眠できる方法を教えてほしい」というA作に対し「私の横で暴れてほしい」と返す武内。デビュー20周年、来年40歳のA作も「抱かれたい男」にエントリされた過去を持っている。でもどれくらい在籍したか忘れた。シジミカレー食っとるぞ。カレー奉行だからって味噌やインスタントコーヒー、ブランデーなんかかくし味にするのかA作。味噌試すか?もう父親役かと思うとしみじみ。紅白のTシャツにジーンズ姿から18年も経ったって信じらんねぇ。

« 銀座の母を泣かした加護ちゃん。 | トップページ | 緒形拳とドラえもん。 »

テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly