« 原ちゃんが!! | トップページ | 名作マンガの間取り/昭和のドールハウス »

2008.10.30

56分59秒の記者会見(笑)by泰葉

金髪クソ豚野郎

小朝死ね死ね死ね死ね

切腹をしろ 私が介抱してやる

何か私にした奴は こうなる(→補足説明 過激なメールが来る、ブログに書くぞという意味かも)と思ってください

・・・すいません、私もめまい持ちなもんでこれ聞いた瞬間ぶっ倒れそうになりました~(°°;)))オロオロ(((;°°)~低血糖になりそうだorz

昨日の16時半からしゃべり始めて、17時26分59秒まで止まらなかったって話だね。

最近、記事中に「泰葉」と書いただけで、アクセスが異常に増える事態が続く。自分にとって「泰葉」はアクセスアップという幸運を招くワードである。感謝。

「国境を越えられなかった」

国境=愛って意味か。なんだよ。あたしゃ小朝が実は脱北者か北の人かと勘違いしたじゃん。

47歳の娘のしたことに、母親が謝るのはおかしいさ。てか、40代といえば、これから母の面倒を見なくちゃならない世代が、母親にそんな痴話げんかの尻拭いなんかさせちゃいかん。

それにしても泰葉って、離婚当時に比べて人相が変わったな。眼鏡だけのせいじゃないと思う。

自分で病気じゃないって言いはる人が一番危ない。

小朝が三遊亭園朝になってほしかっただぁ?

「親が子どもにいたずらをするような」感じ by井上公造(同意見は今日のとくダネ!でも)

「よく聞くと主語・述語がしっかりしている。これは演出」by 日テレに出てきた臨床心理士の人

「この気持ちを音楽にぶつけてほしい(要旨)」by加藤登紀子inミヤネ屋(29日)

↑この言葉が一番説得力があります。なぜなら加藤登紀子さんは、「難破船」の歌詞を、毛筆でしたためて明菜に贈った、という話を聞いたことがあるから。とっさにそれを思い出した。亡くなった叔母は、病に倒れる前、お登紀さんの福岡でのほろ酔いライブを観に行った。余談ですが。

「『蓮花』の作詞、補作詞をめぐるごたごたでは(要旨)」by鳥越俊太郎・先週のスパモニ

「この人が三平を襲名すればいい」byマツコデラックスinピンポン!(→同意見ってあちこちであったような。例えば「泰葉さんっていちばんお父さんの性格に近いよね」とか。死人に口なしだな)

みんな生放送だから、放送禁止用語が言いたくても言えないんだね。

しかし父親が生きていたらこんな記者会見はさせなかったような気もするが。

ブログは、削除される前日に読んだ。おもしろがっちゃいけないが、小学生の悪口という次元だった。このようにひとを批判するブログを書くとき、感情が先行して実像とかけ離れそうになったことは、誰にもあるのではないか。100%実話を書けない世界なので(だと思うから)、3割ぐらいはフィクションを混ぜるという手法は、無意識のうちにやることは、ある。この人の場合は文章が妄想のなかで暴走したんだね。

で、泰葉とは全く関係ないと解釈してほしいが、最近読んだ本↓

境界性パーソナリティ障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリー イラスト版) Book 境界性パーソナリティ障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリー イラスト版)

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読んでいて気をつけないといけないのは、1つの症状だけをピックアップして病気と関連付けてはならないということだ。だから一文を引用して誰彼がその症状に違いないと決め付けるのは早計である。ここでもそういうことはしない。でも極端な行動や言動が続いたら、ひょっとして思い当たる節があるのではないか。近年のクレーマー、モンスターペアレントと呼ばれる人々は、もしかしたらこの症状を疑った方がよい。

誠実な対応をすることは、いつもどんな時も難しい。我々は医者じゃない。日頃から、言ってもどうせ解ってもらえない、と思っている相手と対峙するだけで疲れる。対応策について詳しく書かれた本がないか、今探しているところだ。

じゃ、PTA会議に行ってくるね(^^ゞ

追記:ただいま。 さっき小朝氏のブログを見ました。旦那と同じ誕生日の彼の動向が気になったので。反論を一切しない、という姿勢のようで。それに対するカキコがたくさんありました。ファンってありがたい。”ゆふいん泰葉”という温泉があるそうで、支配人から彼女も是非来てくださいみたいなコメントが「2時っチャオ」でありました。やれやれ。

« 原ちゃんが!! | トップページ | 名作マンガの間取り/昭和のドールハウス »

テレビ」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。