« ひとりごとの人生案内 | トップページ | となりの芝生と岸辺のアルバム »

2008.11.13

シルシルミシルでお初を知る。

初めて見たけど笑った(*^ー゚)bグッジョブ!!

リアルタイムでゴレンジャーを見ていたはずなのに(当時7歳)、第1回となると全然記憶にないのはなぜか。

イーグル日本ブロック関東支部がサッカーを楽しんでいると、いきなり黒十字軍に襲撃されてしまう。そこでの生き残りは海城剛。九州支部の生き残りは新命明。九州ブロックはキレンジャー、北海道ブロックはひすい仮面とその一味に襲われ、ペギー松山(→改めて見るとおもろい役名。モモレンジャー)が残り、関西支部では、のどかに鳩の世話をしていて毒ガスから逃れたのが明日香健二、計5人しかイーグル日本ブロックで生き残れなかったのだ。

アカレンジャーが4人を集合させた場所がスナックゴン。

故キレンジャーの初セリフは「カレーライス大盛りで4枚」

しかしもっと笑ったのは建もの探訪・渡辺篤史。ほめ言葉のファンタジスタ。

89年スタートらしいが、もっと前からあると思い込んでいた。OPで流れる小田和正の「BETWEEN THE WORDS & THE HEART」は、その前年のアルバムタイトル曲なので、こちらの記憶違いだったのだ。

スタートは名建築を訪ねる旅番組だったのか。

ほめ言葉っていってもあんまし大したこたぁ言ってないのに面白い。初回だけでも「個性的な小学校だな」「(竹馬をしながら)ガリバーだぞ」(→これは違うか)図書室で寝転んで「はぁ いいですね」など、9回ものほめ言葉を(どこが?!)残している。

「この空間が余白的でいいですよね」なんか長嶋茂雄的。

あれって、起きぬけにぼんやり見ている分にはそういう「ボケ」の部分に気づかない。

天才バカボンのお初。

「バカボン一家だコニャニャチハ」近年カートゥーンでもやってたから何回も見たなぁ。記憶をたどりながら見た。

そういや他局・フジの「赤塚不二夫伝説(→タイトルうる覚え)」は水橋研二が赤塚さんの役だったけど、ハマり役だったな。銀玉でっぽうのシーンも面白かった。あれとか筑紫哲也さんの追悼には感情移入できて、エドはるみの半世紀にはできなかったのは、本人がまだ生きていてどことなく発展途上というか、偉大の域に達していないのに無謀にもドキュメンタリードラマやっちゃったからだろう。話がそれた。

ビデオデッキのお初の中で、マックロードしか知らなかった。いやCMソングで「マックロードはすすんでる♪」ってあったはず。

しかし素人のおっさんのトルネード投法って、よっぱらいがズッ転んでるみたいでおかしい。板東英二ですらよろめくトルネード。

あ、そうそう、大林チロルって、胴か足か迷って胴応募しちまったい。(番組HP参照

SONGSが裏にあるから、どっちを見てどっちを録画するかってとこだけど、当分はシルシルを見るかもだな。ゴールデンの時間帯には引っ越さない方がいいと思う。

この日の「SONGS」視聴率は6%台。「シルシルミシル」は倍の12.6%。

« ひとりごとの人生案内 | トップページ | となりの芝生と岸辺のアルバム »

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/278871/25283951

この記事へのトラックバック一覧です: シルシルミシルでお初を知る。:

« ひとりごとの人生案内 | トップページ | となりの芝生と岸辺のアルバム »

こちらも

feedly

  • follow us in feedly

ほしい物リスト。

無料ブログはココログ