« シルシルミシルでお初を知る。 | トップページ | 聖子ちゃんと冬の歌♪ »

2008.11.17

となりの芝生と岸辺のアルバム

11月15日、土曜のBS2「お宝TVデラックス」を録画しといて、後で見た。

最初に出てきたのは「となりの芝生」(76年)

当時、舞台となった家庭の月収は約20万円、マイホームのローンは7万円。

初回視聴率は7.1%、嫁が内職を始める件で15%、最終回は22・8%。

このドラマに出ていた坂上忍(→息子、太郎役)はおいらと同い年。当然のことながらその頃嫁だった人は、自分の息子が既婚者なら、現在姑になっているはずである。あのような姑になるまいと努力をしているか、或いは山本陽子に感情移入したことも忘れて嫁をいじめているか、ふたつにひとつの人生を送っているはずである。娘の花子役は香山リカって名前の子役だったが、精神科医ともリカちゃんとも無関係。ググッてみたが、彼女のデータが出てこない。

姑(沢村貞子)よりも嫌だなあ、と思ったのは、やたら嫁(山本陽子)をぺちぺちビンタする、夫の前田吟だ。なんて旦那だ。しかも嫁が高級クラブで働き始めた隙に、彼女の友達に浮気して2人でガス中毒にかかったりと”愚か””まぬけ”を絵に描いたような最低男。

で、ともこ(嫁)はこともあろうに子供をほったらかして実家へ舞い戻る(嫁の母親役は赤木春恵。インタビューにも答えてましたがお元気そうでなにより)。子供は沢村姑が嫌になってともこに逢いに行く。結局専業主婦に戻り、姑は外へ出る。(→同居は継続)

おいらの母親は熱心に見ていた。傍らでうんざりした表情の父親が、もうひとつ小さいテレビで他の番組を見ていた記憶がある。

嫁姑バトルは今見てもすごいものがある。クリーニングに出すはずのYシャツを手洗いする姑。そして脱水もしないでぐしゃぐしゃのまま御用聞き(→その頃はクリーニング屋さんも「洗濯屋」で各家庭を回っていた。サザエさんで言うところの「三河屋さん」みたいなものか)に差し出すシーンとか、ぬか漬けかサラダかみたいな言い合いで「サラダはお茶漬けになりませんもの」とほざく姑。。。

しかしあんだけ家庭がギクシャクしといて、嫁があきらめたような形で専業主婦に戻るところで最終回が来るのは、なんだか無理やり感が漂う。

内職ミシンをやりかけで辞め、やおら高級クラブへ勤めるというその180度転身もすごい。やっぱり山本陽子っちゃハングマンのパピヨンだし、和服姿でゲストに出たが、沖田浩之が惚れて当たり前の、変わらぬ美しさだった。ただ未婚者だし、お姑さんの気持ちも分かる、とコメントしていたのは彼女も歳をとった証拠か。

「岸辺のアルバム」(77年)

こちらの平均視聴率は14%台だったらしい。

基は前年に発表された新聞小説。最初八千草薫は不倫妻の役に難色を示したが、説得に折れて引き受けたそうな。「浮気は男の人がするものだと思って、いろいろ悩んで一度お断りした」

平成のはじめ、おいらの地域では再放送がされた。リアルタイムは小4だったからあんまり記憶がなく、ストーリーもわかりにくかったが、20代で見ると深いものがあったし、却ってマイホームへの興味が失せるきっかけを作ったのが「岸辺のアルバム」だ。

家庭が崩壊していくストーリーよりもジャニス・イアンの「WILL YOU DANCE?」の凛とした曲が大好きだった。マイホームを建てたから崩壊したわけじゃないのは100も承知なのだが。

国広富之は、ここでは高3の受験生役だが、その2年後には「トミーとマツ」で刑事になってしまっている。年の取り方が早すぎる、というか、刑事が実年齢に近いんだけど。

その多感な息子・茂が家族の秘密をいっぺんに抱え込み、全員の前で暴露するシーンは圧巻だ。父子がもみ合い、階段で父親(杉浦直樹)が後ろ頭を強打するが、あれで死んでいたら別な展開が待っていたかもしれない。結局受験に失敗するけれど、あのような家庭で受験突破するには相当強固な意思がないと無理だ。律子(中田喜子)はアメリカ人に騙されて妊娠するが、中絶に立ち会った弟の担任(津川雅彦)と恋に落ちて親に紹介してしまう。

なんだか多摩川決壊ですべてを水に流した、という結末も凄い。あの濁流で家が流されようか、という時に「アルバム」を探そうとするのも凄いが、家族が「さようなら」と絶叫するのはもっと凄い。

あんなに家族がバラバラになったら、もう再生する気も起らないのが現代だったりして。

リメイクはしてほしくない。今の役者に演じさせると不自然さがつきまとってしまうだけ。

八千草薫さんは今も美しいままだった。

追記:87年に10年後が放送されたのは知らなかった

追記2:2009年7月1日 

最近この記事のアクセスが増えてるのはなぜかと思ったら、んんん??瀬戸朝香&泉ピン子で「とな芝」リメイクするだと!!違う違う違う、そうじゃない♪イメージが違う!トホホ。お前、それはないだろう。

といいつつちょっと録画して見比べるとするか。

« シルシルミシルでお初を知る。 | トップページ | 聖子ちゃんと冬の歌♪ »

テレビ」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。