« 部落差別そこまで言って委員会 +追記:やしきたかじん死去に寄せて | トップページ | プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(2008年版) »

2008.12.29

沢田研二・人間60年!ジュリー祭り♪ジュリ~~!! 

12月27日の地上波は22時から45分間。

ダイジェスト版のような感じだった。

そして昨日。ハイビジョンで22時30分から90分。

80曲も歌ったのにこの放送時間の短さはいかがなものだろうか。って、しゃあないか。

オープニングは「そのキスが欲しい」

このときの衣装といい「不良時代」の衣装といい、頭重感あふれる連獅子ぽい(→羽がいっぱいふさふさ)お召し物だ。

途中からさすがに身軽な衣装に替わったのにはほっとした。

衣装にケチつけてごめんねジュリー。

ケチついでに言うと、ワイドテレビってほんとデブ感8割増なので、赤のズボン(→いかんなおばちゃんはこんな表現)は短足に見えてしかたがない。

ジュリーは原色が好きなんだな。

しかしよう走る。

声量が昔のままで、テレビで聴いてる分にゃ素人には音程の乱れを感じさせない。ショーマンの真髄だ。神々しいオーラが出ているような気がする。

「確信」「いい風よ吹け」は、少年ぽさあふれていてすんごく好きになったぞ。

70年代に小学生、80年代に中高生だった自分にとってはヒット曲の数々を見ることが非常に嬉しかった。

「サムライ」「TOKIO」「勝手にしやがれ」「あなたに今夜はワインをふりかけ」・・・

嬉しかったのは約30年ぶりに「ヤマトより愛をこめて」を聴けたこと。

小学生のころ、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を観に行った。

エンディングはジュリーのこの曲だった。

ジュリーのレーベルはポリドール、ヤマトはコロムビア、と版権で揉めたようで、アルバムバージョンはささきいさおが歌っていた。本当にスケールのでかい名曲だ。今はさらばと言わせないでくれ・・・終われねぇじゃん(byジュリー)

80曲の中には、放送されなかっただけで、きっと「アマポーラ」も「麗人」も「おまえがパラダイス」「コバルトの季節の中で」もあったんだろうなぁ。

「60歳で、3万人の前で歌うことは嬉しい」(→大意。細かい表現は違ってそうだ。ごめん)

最も印象的だったのは「ありがとう」を何度も言うジュリーだった。

こっちまで嬉しくなった。感謝。ありがとう。

« 部落差別そこまで言って委員会 +追記:やしきたかじん死去に寄せて | トップページ | プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(2008年版) »

音楽」カテゴリの記事

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ