« シルシルミシル・お初130連発SP。 | トップページ | クリスマスの約束2008・小田和正のご当地紀行。 »

2008.12.20

オーラの泉・小朝 &さんま・SMAP 名言集&とくばん・水谷豊

12月20日の「オーラの泉」には小朝師匠が登場。

彼の本性はどうであれ、旦那とおなじ3月6日生まれというだけで同情する。

共感しちまう。

彼自身の口から「金髪豚野郎」が聞けるとは(笑)

(あの言葉はいけませんね、ホントの豚が傷つきました。by江原啓之)

そして亡き親友とは「桂三木助」(→田原俊彦も三木助の友人)。

自殺の直前の三木助の顛末を聞くとは。

2001年没だから、7回忌は済んだね。オヤジが早死にしたから、その年齢を超えられればいい、と言ったのか。

小朝スピリチュアルチェーック

自分自身は甘ったれ

好きなタイプの人は「眼がくりくりして 多少ファザコンの人」

いい意味で少しちゃらんぽらんになった。(というより、力が抜けたってこと)

表面だけでなく、深く物事を考えるようになった。

UFOを見たことがある。

・・・数々しゃべりまくった中で、深く印象に残ったのは

「恵まれている状況で リスクがないのはおかしい」というフレーズ。

36人抜きの真打昇進のエピソードを語る際に出た言葉。
自分たちの日常に当てはめても頷ける含蓄のある。

若干25歳の小朝に対する先輩落語家、小朝ファンの客の態度、昔の落語のテープを嫌みのように流し「昔の噺家はこんなにうまかったんですよ」と言う客・・・。

僕が何か言うことで 傷つく人がいる。守るべき人がいる。

水が恋しくなるのはもしやうお座生まれだから・・・?

ではなく、体を浄化する、風水のお水とり。(→縁起の良い方角の水を飲み、体にパワーを与えること)

彼が気になっている天海も(僧侶)風水に興味があったとか。

バカには言えないね。

アンチ小朝なら「ええかっこしい」に聞こえるかもしれないが、そう思わなかった。彼のブログは渦中にいても常に第三者的、客観的な表現だったから、頭いいなぁと思ってた。

天候に恵まれるのはなぜか。

でも比叡山延暦寺の独演会だけ雨で中止になった。

ひとりは楽だろうなぁ。ずっとひとりになってないな自分。きっと小朝も結婚に不向き。

襲名(=名前)には慎重に。夜明け前の闇はもっとも深い。
事故のような人間関係・・・あたしもそうだ。

「さんま・SMAP名言集」

(→仮装大賞の得点ボード?が出たのには笑った)で草彅剛「俺、体温調節ができないんだよね」

草彅くんの逆で、自分は緊張するとからだが冷えることが多い。こんなの周囲に理解されないことの方が多い。

最近特に体温調節ができない。この金言には満点あげたい。

草彅君がフジの女子アナとのバラエティで司会をするときは、たぶん高確率で体温調節ができてないはずだ。

「とくばん」

吊るされて歌ったりオムライス作りに格闘した水谷豊。

ハマコー(浜田幸一)に「それあんたの占いじゃなくて、本見て言ってんだろ」と言われたり、サッチー(野村沙知代)に「辰年の女は後家」と言われた銀座の母だった。でも手相は当たるんではないか、ある程度。

« シルシルミシル・お初130連発SP。 | トップページ | クリスマスの約束2008・小田和正のご当地紀行。 »

開運的」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly

ほしい物リスト。

無料ブログはココログ