« 50時間テレビ 伝説の超大ヒット名番組ベスト100 一挙公開SP 気づき。 | トップページ | ジャンクスポーツ~清原スペシャル »

2009.02.12

シルシルミシル・郁恵ちゃんの死ぬまでにやりたい10のこと。

榊原郁恵ちゃんは、今年50歳になる。

だからもう「ちゃん」づけじゃいけないような気もするんだけど、死ぬまでにやりたいこと10個のうち8個ぐらいがあまりにも小学生レベルで笑ってしまった。

消火器を持って火と格闘してみたり。

パラグライダーに乗って鼻の穴を広げて興奮したり。

社内で非常ベルを押し、他人様から冷たい視線を浴びたり。

マンホールのふたを開けたり。

いったいこの人はどうしちゃったんだろう、と思うような脱線ぶりは、同じ日のヘキサゴンに出ていた”クレーマー”アグネスチャンと同類なのかと思ってしまった。ちなみにアグネスは島田紳助より一つ上じゃなかったっけ?違った?

しかも郁恵ちゃんのBGMは、くそ寒いのに「夏のお嬢さん」、または旦那・渡辺徹の「約束」だ。この時期に「ちゅうちゅうちゅちゅ♪」をこんなシチュエーションで聴くとは。

しかし、最後の願い事は、ありゃぁずるい手法だね。

もしうちも父がいなければ確実にほろっといったであろう。

郁恵ちゃんの亡くなった父親が、デビュー当時の彼女(→76年頃)の、出演番組なんかをヴィデオテープに録画してたんですね。

たくさんあったのに、再生すれども、画像が映らない。

砂嵐のような画面から、「小川宏ショー」の音声が流れて。お父さんの肉声を聞いた。

その時のBGMが、小田和正の「たしかなこと」

う~む。すごく余韻が残る手法だな。

で、しばらく見なかったんでわかんなかったが、板東英二とかが出てたコーナーはどうしちゃったんだろ?何故お初がピカソなの?グリコは面白かったが。

« 50時間テレビ 伝説の超大ヒット名番組ベスト100 一挙公開SP 気づき。 | トップページ | ジャンクスポーツ~清原スペシャル »

テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly