« 僕らの音楽300回記念メドレー&ジュリーwithザ・ワイルドワンズ。 | トップページ | SONGS ジュリーwithザ・ワイルドワンズ part2 »

2010.04.04

トップランナー 岡村隆史×田中麗奈×箭内道彦

岡村がNHKに登場するのは15年ぶり。

オーディションだと思って、頑張る所存でございますけど

ちょっと真面目なのか素なのかわかりませんが。

いや、スタジオパークのオープニングで客にわやくちゃにされるよりはよかったかな、トップランナーで。

動きの中から笑いを生みだすのがスタイルなわけやね。スタジオよりロケの方が自由に動けるし。(→スタジオだと「岡村隆史封じ」みたいで、と)

オカザイルの素地は中学時代にブレイクダンスをやっていたから。

ジャングル・リミックス95’ ? なんだろ。知らないなぁ。矢部も眉毛濃くて眠そうな顔してるし。

岡村流スタジオの歩き方、見ていて不意にタケちゃんのコケ方を思い出したけど、おいらと同世代は本当に「(ドリフやひょうきん族なんかの)真似しやすいお笑い」に恵まれていたよな。だからどっかにパクリ、よくいえばインスパイアな部分が出てくるのね。

なぜこの場に田中麗奈、って疑問はあるのですが。

微妙に緊張してたでしょ彼女。でもこれから慣れるんじゃなかろうか。映画の人だからなぁ。

民放からVTR借りまくってるな。99プラスの打ち合わせ映像とか。矢部とは会話もなく打ち合わせもない、とありますが、そこんとこ文春だか新潮だとかに「仲が悪いコンビ」と書かれてたっけちょい前に。でも矢部だって「こんだけ長くいたらしゃべることもなくなりますよ」とか言うてたし。

漫才ブーム(80年代)の時のネタ合わせなんてもっとシビアなもんじゃなかったかな。

トップランナーの箭内道彦さん。名字何て読むんやろ、と思ったら「やない」なんだ。この人のことよう知らんかったけど、3年前にナンノ、南野陽と真剣交際が報じられたとウィキにあり。ひょえ~(参照)あ、「きっかけは、フジテレビ」それからタワーレコード「NO,MUSIC NO LIFE企画の人だったりするんだ。な~る。

岡村の好きな女性のタイプ:道歩いてて楽しそうに歩いてるひと、立ちこぎでへらへら自転車乗ってるとか、常に笑ってはるひと。

お笑い芸人にとって大事なこと、人間にとって大事なこと:うわ~ちょっとパスさせてもらっていいですか・・・。なかなか重い質問・・・やっぱり気持ちや、ハートや。人それぞれ違いますからね笑う感覚。結局はココ(ハート部分突きながら)なんだ。人間にとって大事なもの・・・それ、食事だ!

岡村隆史にとってのゴール: お笑いの中でトップに立つこと、自分が面白いんだと思えた日がゴールかなと、そう思えたらお笑いの世界すぐやめます。

合格ラインは技術さんが笑っている姿を見た時。

岡村にとってのトップランナーの印象って「オーディション会場」みたいで。いやなんかNHKのトーク番組自体がそんな感じするねぇ。スタジオパークでも、オープニング以外は企業の面接ぽい雰囲気するもん。だから旬の芸人さんとかがしょっちゅう出演しにくい?よりNHK的なネタにしようとしたら冒険できへんでしょ。オンエアバトルとかもネタ規制があったりするのかな。まぁ一番シビアなのは他局だけれども笑点の客だね。年齢層が高いのかウケない時はしら~っとしてるし。

先日図書館で見つけたんだけど、今度読もうかと思う↓岡村主演映画の原作ね。

大江千里~山本太郎 はな までは見てたんですよ。でも時間帯変わったり時々忘れたりしてるうちに月日が経った。だから2年ぐらいは見てない。

でもスタート時のほうがよかったような気がするなぁ。「YOU」もしくは「しゃべり場」みたいだよななんとなく観覧が。番組の流れ的には無理やり30分でおさめました感が漂う。

« 僕らの音楽300回記念メドレー&ジュリーwithザ・ワイルドワンズ。 | トップページ | SONGS ジュリーwithザ・ワイルドワンズ part2 »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ