« songs 来生たかお | トップページ | BS J-pop 青春の'80  鈴木聖美 世良公則 大友康平 ・・ »

2011.03.05

BS朝日 第5回徹子の部屋コンサート 35th anniversary

第4回の時とはメンバーが一部変わっており、のっけから近藤真彦登場だった。

今日は武道館ということで、一味もふた味も違うということになりますと

後輩たちが集まると僕が一番年上ということになりまして。

今日、徹子の部屋に出て、安心しました。

台本、出演者のリストを見た時、俺はまだまだいけるぞと(笑)

豪華な大先輩の中、入れていただいて、今日はいい緊張感の中過ごさせていただいておりますが。

まぁ、先ほどもリハーサルやってて思ったことなんですけれども、

あの先輩方のまとまりのなさ(爆笑)。このコンサートはいつ終わるんだと。

曲は「愚か者」「恋、ざんばら」

確か「ザ・ベストテン」当時、徹子さんはマッチに、森永マリービスケットを重ねたケーキを(うるおぼえですんません)作ったりなんかしたんだよね。

徹子さん「こういう大人の歌を歌うようになったかって」

マッチ:今日はですね、マッチと言えば”ギンギラギンにさりげなく”も用意してあったんですが、お客さんが疲れてしまうんじゃないかと思いまし

「ざんばらを聴いてて、涙が出そうになったんですけど、

ハンカチがなくて。鼻が垂れて来たんだけど、

ないから、手で(略)

あなたは”愚か者の時、お母様がなくなったりと、本当に悲しいことがあったんだけれども、

乗り越えて、息子もできて、まぁなんて幸せなんだろうと思ったりするんですね。あなたを見ていると、いろんなことを発見するの。」

「何年か前に黒柳さんと食事に行った時、

”私、毎日15分歩いてるのよ”と、えばって言うんですよね。

舞台をされるなら、階段を上がったり降りたりするの大変だから、

黒柳さん、せめて、30分歩いてください、って言うと

”わかったわ”って。やりはじめたんですよね。

来年のぼくのお誕生日まで続けられたら、何でも好きなものを買ってあげますよ、

僕が言ったら、なんと、雨の日も風の日も。雨の日は大変ですよ。

マンションの1階から上まで。1年間歩いたんですよ。ところが問題は、欲しいものですよ。大変なんです。

海外旅行にもご一緒させていただくんですが、ラスベガスのウィンドーショッピング、ウィンドウに手がベタッ。

バイオリン型ビーズのハンドバッグ。お値段も張るし、やーめたって。

ハワイにも同じのがあったんですが、高いからやめたって。

友人が日本に帰るときに持って帰っていただいて、無事に渡せたと(大意)」

「3歳の息子さん、かるたが得意なんですよね。全部取っちゃった。」

お次は南こうせつおいちゃん。「60過ぎた僕でも、随分気を使う楽屋。徹子さんと目があっただけでドキッとしました。僕と目があった時の顔つきが、マッチと全然違うんですよねw」

高嶋ちさ子さんのバイオリンで「神田川」(→この後、12人のバイオリニストとの演奏が素晴らしかった。

御主人はイケメンでイクメンでヘビメタ好き。武道館でやるからって言ったら興奮して仕事を昼から休み、楽屋を徘徊。)

ヒットスタジオに出た時、2番の歌詞が飛んじゃって、生放送だし、歌詞を作って歌った。まいったな、と座ったら、隣が西城秀樹さんで「いい歌ですよね」って。

このあとなぜか「葬式饅頭」で盛り上がり。

(→そうだそうだそうだぁ村の村長さんがソーダ飲んで死んじゃった、っての、朗々と徹子さんが言い始めた。「第9の歓喜の合唱」で死にたいとか言いだした。神田川を聴いた若い人が「どうして生活保護もらわなかったんですか?」って。もう暴走状態の徹子さん)

三人娘(→中尾ミエ・・・あっ一発変換できた!、伊東ゆかり、園まり。一瞬誰が誰だか分かんないほどメイクがすさまじい)バケイション~ロコモーション~夢見るシャンソン人形~太陽は一人ぼっち~可愛いベイビー~ボーイハント)

年取ると光ものが嬉しいったって、アアタ。仮装大賞のような衣装。オープニングの徹子さんの「35th anniversary」をあしらったドレスも凄かった)

加山雄三

君といつまでも

風呂で冷水をかぶるのか。猪木か。危ないぞ。昭和12年生まれだろ。東北弁でしゃべってましたが不思議と面白かった。

まぁ面白かったのは堺正章&井上順の70年代のテレビ番組を思い起こさせるような掛け合いですね。順ちゃんのマチャアキ曲紹介「街のサンドイッチマン」、なんて定石通りのナイスボケです。

街の灯り

バン・バン・バン(→かつて一昨年にやってたバンちゃんの番組じゃありません。念のため)

順ちゃんはゴムの木を育てていたのだけど、30歳年下の彼女!が居るのね。おいらより若いじゃないか。「堺は僕よりさびしがり屋なんですよ」「犬との会話・・・」

今回も渡辺宣嗣氏がタイムキーパーに徹しておられましたね。

エンディングは全員の「ユア・マイ・サンシャイン」

BSでこうやって一気に観るのもいいですな。前回は地上波で何日かに分けたけど。

第4回記事参照(まだあるけど前後して読んでみてね)

« songs 来生たかお | トップページ | BS J-pop 青春の'80  鈴木聖美 世良公則 大友康平 ・・ »

徹子の部屋」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。