« ボクらの時代 永六輔×大橋巨泉×藤田潔 | トップページ | nhk プロフェッショナル仕事の流儀 栗原はるみ。 »

2011.10.23

郷ひろみ ブルーノート東京 40周年スペシャルライブ

ひとつまえのフジテレビONEで「夜ヒット」をやっており。

その時歌っていたのが「ハリウッドスキャンダル」

生放送ライブのOPナンバーも同じ曲。

「よろしく哀愁」非常に哀しげに聴こえる。

「禁猟区」「バイブレーション」アレンジが違うと歌謡曲っぽくならない。

35歳で出会った「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」もよかったし。

とにかくどの曲もこんなにかっこよく変わるとは

ワイヤレスマイクに慣れてるせいか「ヒモ・・・(コード)」気にしておられましたね。

人生のターニングポイントは40代半ばの「GOLDFINGER’99」

これが最後のチャンスだと思って

必要なものを手に入れなくてはいけない。

2002年から03年にかけてかな

僕が手に入れたものは二度となくなることはない

財産をひとつ一つ手に入れることが学ぶことなのだと。

みなさんが僕を許してくれたから、郷ひろみであり続けることができるのだと

MCはこれよりもうちょっと長いんだけど、ひとしきりしゃべったあとに

「あなたがいたから僕がいた」「GOLDFINGER’99」を。

ブルーノートのサイト見たけどすごいな(参照

一度観に行ってみたいものだ。

テレビでもJAZZYな雰囲気は十分堪能できたけど

やはり実際に行かなきゃだわ。

いくら払っても惜しくはないといいつつ金がない

録画しているので(コピーはお受けできませんすんません)

またあとで曲順など書き直す予定です。ではでは。

追記(10月24日):ラテ欄では18時30分まで放送だったんだけど、30分ぐらい早めに終わりましたね。

以下かいつまんでMC

ちょっと大人の時間を存分に楽しんでください

僕の10代って、むちゃくちゃいい加減だったんですよ。

デビューした時に 自分の歌だけじゃなくて 人の歌も覚えて行かなきゃ

いけないんですけど

覚えて行かなかったんですよ。で 生放送じゃないですか。

なにが起こったか みなさん想像できますよね

当時は僕 ドラマのレギュラーも何本かあって

台詞も覚えらんないですよね。

セットにカンペを作って貼ってた。

笑い事じゃないんですよ。ひどかった。

スタッフも分かってたんじゃない。1年や2年もすればどうせ消えて行くような

アイドルだって気持ちがあったんじゃないですか。

僕はお袋に厳しく育てられたんで なにも言ってくれないって

いうものが精神的にむなしかったんですよ。

17歳の時なんですけど「あ、こういうことしてたら本当に僕は1年もせずに

郷ひろみが消えてゆくんだ。」初めての自覚だったんですよ。

人間はそう思ってもすぐに変えてゆくってことができないし

でも僕の中で確実に何かを変えて行かなきゃいけない。

19歳の時に初めて踊りと歌でNYに行くことになるんですよ。

(略)理想の自分と現実の自分のギャップを何とか埋めようと

本当の意味での僕のチャレンジはそこからスタートしたと思ってます。

(中略)僕が手に入れたものは 永遠になくなることはない

僕のことを待っていてくれるファンの人に とてつもなく大きなお土産を持って

帰ってくるんだという意識があったんですよね。

曲順

ハリウッド・スキャンダル

悲しみの黒い瞳

僕がどんなに君を好きか 君は知らない

よろしく哀愁

哀愁のカサブランカ

禁猟区

HOW MANY いい顔

バイブレーション

あなたがいたから僕がいた

GOLDFINGER’99

マイレディー

愛してる

« ボクらの時代 永六輔×大橋巨泉×藤田潔 | トップページ | nhk プロフェッショナル仕事の流儀 栗原はるみ。 »

ひろみ郷」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。