« 爆報!THEフライデー 爆笑問題 田原俊彦 | トップページ | 郷ひろみ ブルーノート東京 40周年スペシャルライブ »

2011.10.23

ボクらの時代 永六輔×大橋巨泉×藤田潔

2016.7.12追記

※訃報 過去記事で振り返る永六輔、CMと言えば浅田飴、菊正宗

2016.7.20
追記したその日(2016.7.12)に亡くなっていた巨泉さん。
永さんが連れてったか。
年寄りは腸閉塞やるとキツいんだよね。亡くなった時は体重40キロ台。
最後は「ありがとう」しか言わなかったそう

金スマ 大橋巨泉 一夜限りのクイズダービー復活 2014年

【ここからボクらの時代】

来週の後編は忘れず録画・・・っと。
じいさんたちの昔話かと思いきや、これがなかなか面白かった。
巨泉さんは相変わらず尊大なジジイだな。うちの父親にそっくりだ。

出演者に敬称をつけないスタイルは、小島正雄氏から影響を受けたもの。
小島氏はワタシが生まれた68年1月に、54歳の若さで亡くなっている。
ギャラもらってるのに”こちら側”の人たちにさんづけする必要はないってことなんですね。

今朝も巨泉節がさく裂。

ピンクレディーから始まって、キャンディーズ、モーニング娘。、マイケルジャクソン、AKB48は、認めない。ひとりで歌えずに、ユニゾンで踊って、ちゃんと歌えるはずがない。ビリー・ホリディ、美空ひばり、井上陽水は認める。

ところで藤田潔さんとはこのような作品を手がけた人↓

視聴率よりも「視聴質」(←これ一発変換できた)が大事なのではないか、と藤田さん。
巨泉さんは反論していましたが。

「いまのひとたちはテレビよりもモバゲーだからさ」
11PMが長く続いたのは、スポットCMだったから。
提供スポンサーは要らない、という考え方は、
当時朝日新聞の社員だった筑紫哲也氏も同じだった。

永六輔さんはラジオのほうがよいと言ってましたね。
等身大でしゃべれるし、いまも手の震えをカメラが映さないように隠している。

おばさんなんで、突然番組降板を言う。ラジオ番組「きのうの続き」の時もそうだったとか。熱海のホテルで原稿書いてるから、明日の番組には出ないなどと言い出し、
慌てた藤田氏がアマンドのシュークリームを持って、まだ高速道路のない時代に
車を走らせた話を披露。

永さんの作品に影響を受けたのが、小室等、井上陽水らのフォーク。

巨泉さんのCMといえば「はっぱふみふみ」(参照

椙山三太さんも先日78歳で亡くなりました。マッドネスの「CITY」も手掛けてたんだ。(参照

うちの父親世代の人たちは、いつのまにか80歳近くなっててさ、先週の宇津井健氏もそうだろ?あの人が言ってた「嫌いな俳優が居たんだけど死んじゃった」って誰だ?あの回も面白かったな。「舞台の上で死ねば本望なんてこんな迷惑なことはない」ってね。さっきウチの母が遊びに来て「宇津井健が嫌ってたのは絶対藤岡琢也だよ」っつってたが、そうかもしれないwバアさん元気だな(毒蝮三太夫調でどうぞ)。

追記(10月30日12時45分)

やはり7時台に記事へのアクセスが集中していたようですね。どうもです。
先週のおさらいがいささか長かった。

「永ちゃんは完全主義者。自意識が強いから反省するのね。
俺はしないけど。局より偉いのは(辞めないでと言った)聴取者。」

藤田さんが企画した「11PM」も「マスターズ」も
当初は「そんな時間帯に誰が見るんだ」って言われ、「世界遺産」の時は
「それ、なんですか」って反応だった。

永六輔
手が震えるんですね。足も震えるの。
パーキンソン病って言うのは、つんのめって歩く歩き方があるんですね。
前傾歩行。

そのままだとぶつかっちゃうから、
姿勢をよくして上を向いてゆっくり歩きなさいってリハビリがある。

インドネシアの青年が
『そうだ永さん、日本にはいい歌があります。”上を向いて歩こう”を歌いながら歩きましょう。知ってますか?』

って言うから、おれ、『知らない』って言っちゃった。

次の日、「あれはウソです。あの歌は自分が作りました」って言ったら
「またウソを言う」って言われちゃった。

巨泉さんはフリートークの編集が嫌い。
マエタケさんいわく

「テレビってのはさびしい時に見るものだと思う。
幸せな時、『家出した息子が久しぶりに帰って来た、さあテレビを見よう』
とは言わないよ。そんな時テレビなんかいらないよ。
テレビなんかちっともみんなが見なくなるような生活が理想だね。」

前田武彦さんは昨年この番組にご出演。(参照)それがテレビに出た最後に。
巨泉さんが立ち上がって歩く後ろ姿に老いを感じ。

何度も言うようだがうちの父にそっくり。

« 爆報!THEフライデー 爆笑問題 田原俊彦 | トップページ | 郷ひろみ ブルーノート東京 40周年スペシャルライブ »

ボクらの時代」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。