« 天海祐希 パリと女と名画たち NHK | トップページ | サワコの朝 落合博満 »

2012.03.31

爆報! 野村宏伸 遠野なぎこ自我崩壊 (+徹子の部屋2014.2.26追記)

【2014.2.26徹子の部屋 追記】
榎本!おでこが後退してるぞ

背の割には頭とか手とかちっちゃいですね。
足のサイズは25.5センチ。
今48なんですけど。ちょっと若く見られる。

今は母親と二人暮らしと担当の者が言うので
どうしたの?って聞いたら「お別れになった」と(徹子)

野村:そうですね、10年・・
子どもとは近くに住んでるので一緒にご飯食べに行ったり。
僕も小学校の時勉強できなくて、息子もそうだから
かわいいっつっか。娘は中1。小6で反抗期というか
あまりお父さんと居たくない時期もあったのですが、最近は
「ご飯食べに行こう」というと必ず来てくれる。
カッコいいお父さんに見られたいと頑張ってる。

お母様は(←75歳)おかわいらしくて
あなた全然見ようとしなかったけど。
ヨガも筋トレもしてらっしゃる。栄養士の免許も持って
さだめし裕福に違いないと。
なんか高校生の時に倒産したんですって?(徹子)

野村:父親は2代目だったんですけど、いきなり。
明日からこの家には一緒に住めないってことで、それぞれ
父と母は別々。私は従兄の家に。
なにがなんだかわからなくて。家も会社もなくなるし。
高校は都立だったんでそのまま通ったんですが。

学校に債権者が来たことがあるんですって?

野村:怖かった。何回かありましたね。
それほど落ち込まずに、なんとかなんじゃない?って感じで。
性格がのほほんとしてるんで。

それまでがかわいがられてるから、よかったんですよ(徹子)

野村:自分でやらなきゃいけないこととか見えてきたんで
タイミング的に(倒産は)よかったのかな、と。

お父様はタクシーの運転手もなさっていた。
お辛かったでしょうね。(徹子)

野村:今の自分と同じぐらいの時に倒産してるんで。
仕事って波があるし。
結婚するといろいろわかるじゃないですか。
父と母も離婚してしまうんですけど。
年をとっていくと父の大変さもわかって来て。夫婦っていろいろあるから。

「メイン・テーマ」オーディション合格
応募者の中で一番年下。
500万円は妹の大学の入学金、車に。

自分はもう1回大学入試にトライしたが落ちた。

母は反対ではなくむしろ賛成だった。

「母親が子供離れしてないんじゃないですかねぇ」
←アナタの母親じゃないのっ

「ゼウスの法廷」弁護士役で出演。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【ここから爆報】

野村宏伸、何年ぶりに見たかなぁ・・・

トシちゃんよりもフケて見えるよ。

父は薬品会社を経営する実業家だったが、高2のときに倒産。

夜逃げ。

無一文になりながら両親は借金を返済したが、父は「ごめんね」と言って蒸発。

29年間会っていない。

びんびん物語 :ロケ地 昭和第一高等学校

(トシちゃんの印象は)寄せ付けないような雰囲気があった。

お芝居をしていく中で

「徳川」と「榎本」がなじんできて役とともにほぐれていった。

互いの家を行き来するような仲に。

そしてBIG発言中にトシちゃんはこんなことも言ってた。

昨日は弟分の野村宏伸くんが、8ミリビデオを持ってきてくれて

まわしたりしたんですけど

○榎本の呪縛

役のインパクトが強すぎて、気弱な青年ばかりを求められる。

長年トシちゃんに会わなかった理由は、呪縛から吹っ切れずに

中途半端な理由で会いたくなかったから。

○2年前、10年連れ添った妻と離婚、今年2月から事務所を離れ独立。

しらんかったなぁ。

ポリシーじゃないけど、曲げないところがあって

俺もそういうところは持っていたい

人の出会い 最近強く感じてて あの出会いがあったから

今の自分があるわけだし。 当時(びんびん)がなかったら

今の自分はないし。

感謝してると言うか・・・ありがとうございました。

えっ、でも今何に出てるんだ野村宏伸。

なにもラストシーンのおんぶを再現しなくても。

トシちゃんの腰がアレだよ。大丈夫かw

「恋人たちの時刻」(←オーロラ輝子と出てたよな)みたいな役はもう無理か。

.......................................................................................................................................................................................

遠野なぎこ

○15歳で自我崩壊。

自我崩壊とは:「客観」が自分のすべてである、ということ。

自分の自己暗示が正しい自分の姿だと思い込むこと。

自分の考えが他人に知られてしまっている、と思い込むこと

自分と他人の区別がつかなくなる。

調べていくと統合失調症のカテゴリに入るようだが専門分野じゃないので

これ以上はカット。

母の期待が大きすぎた。ほめられたい一新で親の顔色を伺ってばかり。

 

私から仕事を取ったら愛してくれないんじゃないかと。

 

仕事してない自分のことは娘として意味がないんじゃないかと。

でも

いじめの過去をえぐるように母校(中の島小学校)へ行くなんて

それは拷問だろ。

「びんびん」でロケ地をたずねるとはまた別物。

学校なんて、懐かしいだけじゃなく、残酷な場所でもあるのだから。

「未成年」やったあたりから感情のコントロールができなくなり引退。

・・・病院で診てもらわなかったんだ。

このドラマは苦手だったので、彼女の記憶は復帰した「すずらん」から。

母とは絶縁とは言いながら、オンエアの情報をメールしたり

まだ揺れてるんだなぁ。

.

« 天海祐希 パリと女と名画たち NHK | トップページ | サワコの朝 落合博満 »

徹子の部屋」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

爆報」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。