« ボクらの時代 勝村政信×宮沢りえ×石橋蓮司 | トップページ | テベ・コンヒーロ あるあるネタは本当にレアケースか? RG »

2012.07.29

nhk bs  桂三枝のすべて 六代桂文枝襲名

30年前、大阪の民放(「国盗りゲーム」)でアルバイトをしていた。

履歴書整理やプレゼント発送、観客誘導など。

このような番組をやるとは思っていませんでした(生瀬勝久)

鶴瓶登場

お兄さんと出れるのは非常に嬉しい。

三枝時代はお兄さんと呼んでいたけど、これからはそうは行かない。

テレビに出て長いですね。

もう・・・100年・・・

長いといわれたらそれぐらいいわな。」

ボク松竹なんです。それをおもろい言うて呼んでくれた。

さんまちゃんの娘さんと銀座行こうかって、店行ったら

アフロにセーラー服で(鶴瓶が)座ってた。」

談志師匠はお兄さんのこと好きでしたね。

桂三枝兄さんの世間の評価が低すぎる。

「湯煙」「悲しみ」を僕もらったんですけど

生きてる間に創作落語をくれる人は珍しいです。

自分のを他人がやってるのは、嬉しいけど腹たちます。

そういうやり方があるのかって。

古典に手が回らなくなってきた。ボクは稽古のときに声出さない。

本番でエエ声だしたいから。人間の出す声は長くいい声で。

なるたけ使わんように普段はしゃべらない。

・テレビとの両立 ちょっと出てなかったらすぐ言われる。

よううまいこといきましたな。

意思みたいなものがあって。噺家で名前が出て、高座あがって。

枕が吉本の舞台でやってるから自分も笑わそうとするけど

落語があるから最初はうまく行かなかった。

意地みたいなものはありましたね。

さんまちゃんが落語に戻ってくれたら。

来年、ボク古希なんですよ。

可朝師匠と一緒に、米朝師匠のところに行ったら、

銃みたいなものがあるんですよ

もってかえって、えらい怒られた。

「三枝君、売れてるのは誰のおかげや。

文枝師匠にテレビに出してもろたんやろ。恩返しせな」

と米朝師匠に言われた。

イタリアに老人施設がある。舞台に出られへんようになったら

集まれる保養施設があったらええと思いまへん?

昔はよかったなぁ、みたいな。

噺家なんて仕事ないときは家にずーっとおるし、酒のむし。

細かいいうか、家で疎んじられてるんが多いやないですか。

落語家を職業と思うと面白くない。

文枝を継ぐとおっしゃったのはすごい。

三枝は俺にくれなはれ。

三枝という名前は僕自身。本名は河村静也で落研までやって。

初代三枝の作品として残したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシはいちばん怒られた人間です。

小染さんとか誰かがミスしても「さんま、ちょっと来い」と。

ワタシを市中引き回しで。

コレは全部6代目文枝さんの責任。

「夏の暑いところに冷房が利いてなくて

おっさんに殴られて”ダンボウすな”」いう小話。はじめて覚えました。

こぶ平を三平と呼ぶよりも嫌です・・・ 明石家さんま

人間どっかでほっとしたいツボがあって

三枝師匠はそこへ入っていくお笑いなんですよ。

居酒屋って落語のネタ帳見ると、昔はあったのに今はない。

ぼやきならあるけれど。

師匠は古典に対して三歩下がって頭(こうべ)をたれながら、

もっとすごいのを創る。・・・春風亭小朝

新婚さんいらっしゃいを夫婦で欠かさず見てるんですよ。

創作落語のDVDやCDを寝る前に聴く。

あの人ほど努力する人はいない

間の様子、情景描写。真剣に生きておられる。

ウチも結婚42年経つわけで。

「妻の旅行」には共感する・・・・加山雄三

↑ゆうゆう散歩見てないんで久々に声聞いたら

うちの父親とトシ近いせいかめっちゃジジむさいしゃべりになってて

どっか悪いんかと思った。

仁鶴さん、やすきよと切磋琢磨していた頃。

僕らを袖からずっと見てるんですね。

戦友やな、同志やな。小さなことからこつこつとがんばります。

・・・西川きよし

ダンディーでかっこいい、テレビで見てた通りの方

小さなことを嬉しそうに笑いながらおっしゃる。

創作落語の世界は身近なことで面白いことを探していこうと

勉強させてもらってる。

本当にスマートなんですよ。落語のことは考えてませんよ、って。

・・・・立川志の輔

「吉本でもないのに前説をしてくれた。

たいへんありがたい

来年、1975年はウサギ年だ。君の芸名はラビット関根だ。」

師匠ありがたく使わせていただきます、と。

「花嫁御寮」が好きですね・・・ 関根勤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学時代は絵画部、高校は放送部にいて

それが全部後になって活かされた。

入門10ヶ月で「ヤングタウン」レギュラーに。

「お前は素人口調だ」と言われた。

視聴者参加型の番組が多かったので、どんどん古典と離れていく。

しゃべり方が全然違うんですよ。古典に入ると違うなあと

その辺は苦労しましたね。

円丈師匠の落語が人生を変えた。エッセイのようだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パンチDEデート」「国盗りゲーム」「愛ラブ爆笑クリニック」・・・

もう一回どっかで放送してくれないかな。

ちょっとだけやけど「あたかも読書」やっとったな。

八方、きん枝、染丸、文珍・・・

「キリンのキンちゃんの冒険」ワタシは好きだ。

「宮本武蔵 死闘巌流島」ちょっとキツいな笑うには。

文枝の突っ込みがなかったら笑えない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五代目文枝師匠を語る

文枝:生まれてはじめての海外は師匠と一緒だった。

やはり女性と行きたかった。

気ぃ使うどころか、おなじ部屋やねん。

「パスポートがない」言い出して。

師匠のために強制労働というか、将来のある身でしょ

この人のために将来が閉ざされたのかと悲しくなり

ベッドの下からかばんの後ろまで探したら

「腹巻の後ろに立ってたわ~」

師匠と奥さんが一緒に寝てはるところを通って

トイレ行くんですよ。そろそろ階段下りたら

「やかましいわ~!寝てられへんわ!」て。

大阪弁のよさ、古さをそのまま落語でやる。

文珍 :ハーレーの後ろに乗って隣のセトさんちへ。

歩いたほうが早いって。

三枝のムラムラ日記 音声のみ参照

新婚さんいらっしゃい!でわかった幸せの法則 2008 記事参照

歴代文枝師匠の映像も見られ、贅沢な番組。

気が向いたらおいおい追記。(15時40分現在)

« ボクらの時代 勝村政信×宮沢りえ×石橋蓮司 | トップページ | テベ・コンヒーロ あるあるネタは本当にレアケースか? RG »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ