« 徹子の部屋にジュンスカ。+金スマ 長友佑都 感想+夫の収入不安定な人生案内。 | トップページ | ボクらの時代 勝村政信×宮沢りえ×石橋蓮司 »

2012.07.28

ユーミンの SUPER WOMAN アイルランド 鶴岡真弓

鶴岡さんは 多摩美術大学 芸術人類学研究所所長。

専門分野は、世界中の装飾美術の歴史。

ケルト文化が生んだ文様の世界を研究する第一人者。

深い祈りの音楽、日本との意外な共通点を探る。

ダブリンは日本から約1万キロ。

2700年前、ケルト人という民族が暮らしていたがケルト文化は徐々に衰退。

ローマ人の影響が比較的少なかったアイルランドには

ケルト文化が色濃く残り、大地や太陽を神々と崇め

独自の自然信仰を持っていた。

5世紀にはキリスト教が広まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・聖パトリック大聖堂

432年、聖パトリックは力づくで改宗させようとするのではなく

あるものを使ってキリスト教と自然信仰を融合しようとした。

「三つ葉のクローバーを野辺から摘んできて

ケルトの人たちにとっては『生と死と再生』という3つのトリニティを

キリスト教の三位一体『父と子と精霊』、

なだらかな改宗へ教え諭していった。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番組タイトルからして、昔のananのような対談特集やら

フルコーラスでユーミンがなにかしら毎回違う曲を歌うことを

想像していたら、全然違う。

高尚で難解な番組です。

ケルト十字の説明など、興味ある人にとっては非常に

心惹かれるものがありますが、

ないひとにはさっぱりわからないものかもしれません。

しかも番組冒頭5分ぐらいの巻き戻し感がちょっとイラッとくる。

昔あった「兼高かおる世界の旅」テイストも少々あり

「松任谷由実世界直感の旅」てとこかな。

前回古書店を訪ねたように、今回もトリニティカレッジの図書館へ。

「この本は私を待っていた。そういうぞわ~っとした

不思議さがある」

30分×3回でこまぎれに見せるのではなく

45分×2夜とか、90分で一気にみたい番組じゃあります。

 

« 徹子の部屋にジュンスカ。+金スマ 長友佑都 感想+夫の収入不安定な人生案内。 | トップページ | ボクらの時代 勝村政信×宮沢りえ×石橋蓮司 »

テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly