« 徹子の部屋に池田理代子。 | トップページ | グレーテルのかまど くるりのジンジャーエール »

2012.09.15

nhk ユーミンのSUPER WOMAN 中村うさぎ

11月30日放送分の記事はこちら

はじめまして、だったんだ。

どっかで対談ぐらいしてると思ってた。

ユーミンがデビューした時

私たちの言葉で私たちの気持ちを歌ってる

思春期から青春 20代にかけての人格形成のベースにユーミンの歌がある

わたしをつくったひと。

夜の東京タワーのBGMに「手のひらの東京タワー」

本当は鉛筆削り、っていう歌詞が好き。

東京タワーと同い年なんですよ。

うさぎさんが書いたものを読んできたら

なんか 私とバイブレーションが近いんですよ。背景を探りたい。

女の人って恋愛にしろなんにしろ凄く複雑。

あれってところに単純。

(六本木は)謎の外国人だらけ。SFみたい。

ユーミンは映像記憶系、うさぎさんは言語系。

歌を作る時は念写。(頭の中の情景を映像として焼きつける)

うさぎさんは書いた作品を読み返すと情景描写が少ないことに

自分で驚いてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バービー志向が強く

80年代前半はバービー人形を持って入浴していたユーミン。

60年代前半の服は永遠な感じ。

700人乗りの豪華客船を貸し切って東京湾クルーズ。

バブリーやな。

恋愛は知覚の扉を開く

私はそもそもすごいめんどくさがりやで、風呂も週1しか入らない。

なし崩しに怠惰なままふけてゆくのかなぁって思った。

わたし顎が短くて顔が丸いのがコンプレックスで。

少女マンガは顎がとがっている。ああいうのに憧れてた。

顎はヒアルロン酸を注射してとがらした。

1~2週間、凄い腫れてる、人生で一番不細工な顔になるんですよ。

水死体みたいな。治らなかったらどうしようって顔に。

腫れが引くとさなぎが蝶になるようにどんどん綺麗になる。

自分が思ってたように変わっていくのが楽しくて。

(整形は)コスプレみたいな感覚。

マイケルジャクソンにはならない。なぜならドクターストップがかかる。

医者は自分の作品だから、これ以上はやらないんですよ。

日本で一番の主治医ですよ。

メスを入れたくない。恐れがある。

化け方は自分で分かっているので。

一歩を踏み出すことが、とめどなく行ってしまうようで怖い。

うさぎさんは行って帰って来られる人。その距離は長いけど。

誰よりも遠くに行って必ずゲットして帰ってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Eテレも変わったな。

ヘルタースケルターを引き合いに出してる。

ただし映画版じゃなく原作。

顎をとがらした時、ちょうどホストにハマってたんですよ。

どうですかって言われて整形後の自分を見たら

「もうハルキは要らない」って。恋心がスカーンって消えた。

男は若さと美しさ、ブランド物は自己顕示欲の象徴。

根底にある動機は一緒だけれど。

やっぱりユーミンであることが染み付いて。

実生活での悦楽を越えたものを味わってしまう。

ビジュアルだけじゃなく、メロディーラインはボディーライン。

なまくらになると曲に出る。

整形すると衰えてしまうのが怖い。

ユーミンでいられなくなることが怖い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共通点は女子校育ち。

周りの大人のセンスがよかったユーミン。

一歩間違うとどっかに売り飛ばされて、ですねw

人に囲まれてきたので孤独が怖い

唯一、老後の孤独が怖い。

死ぬこと自体はそう怖いと思わない。死を意識することで生が輝く。

子どもの頃から人に囲まれた状態で来ている。

(自分の作品は)懐かしいものを取ってくる。

自分はどこから来てどこへ行くのか知りたいし伝えたい。誰ともなく、ね。

私はそもそも欲求不満な女。

それが描く原動力になってきた。

年のせいで満たされ、あきらめも入ってね。

« 徹子の部屋に池田理代子。 | トップページ | グレーテルのかまど くるりのジンジャーエール »

テレビ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly