« 金スマ 松岡ゆみこ なにゆえテツandトモ | トップページ | ボクらの時代 柴田理恵×左とん平×浜木綿子 »

2013.03.09

サワコの朝 野口健

●記憶の中できらめく曲

さだまさし「風に立つライオン」動画
・中3の道徳の教科書にも載っている。
(中学生の道徳3 自分を伸ばす 暁教育図書)

高校1年か2年の頃

学校でいろいろあって停学になって。
ぷらぷらしてるときに偶然植村直己さんの本を読んだ。
歌詞に「キリマンジャロ」が出てきて「これだっ」って。
半年後には登頂していた。
親元に帰れと言うことで近親後にイギリスから日本へ帰る。
オヤジ(外務省)が「これからお前がどういきようと 俺には関係ない。
一人旅をしてどういう生き方をするのか自分で決めろ
勉強が出来ないお前が俺にはわからない。
俺はしなかったのに東大に行けた」
嫌味でしょ?
「東大~外務省ははたからみるとエリートだが
大使は100人以上いる。
どうせ生きていくなら「野口健」という名前がひとつの肩書きに
なるようにすればいいじゃないか」
家系は、どうもフランスとかエジプトの血が混じっているらしい。
小学生の頃母は浮気をしていたらしく。
別の男と腕を組んで歩き「健ちゃ~ん」と手を振ってきた。
山の専門誌には山岳会の住所が載ってあり
まずは富士山登山の募集があった。
長靴を履いたら簡単に登れると思っていた。
冬の富士山は雪が凍る。
アイゼンご覧になったことあります?
あれでガチガチ登るんですけど、氷が硬すぎて。
ストーンって5合目まで落ちていく。
いつロープを出すんだろうって聞いたら
「落ちるだろうね、死ぬだろうね。
落ちる時は一人で落ちるんだよ」
失敗したら死につながるって、そうないじゃないですか。
初めて人生を本気で考えた。
僕39歳なんですけど、1年間で仲間を何人も失ったことがあるんですね。
20代前半は毎年葬式。疲れるんですよ。
ある時から驚くってことがなくなる。
職業的に、遭難したって聞くと「なぜか」と思うようになる。
どういう状況で落ちたのかってことに先に入る。
大学の頃同級生と話がかみ合わなくなった。
凍傷の話とか。
しばらく山から離れようと思ったこともある。
自分が大きくずれている
生き死に慣れて大事なことを失ってないかと
いろんなことを1年ぐらいやったけど、また山に戻った。
●年末年始はヒマラヤに毎年。
●繊細な人は高山病になりやすい
サワコさんと壇ふみさんは雲南省4000m登山。

野口健オフ 大好きな八ヶ岳 動画

●富士山の清掃


環境問題にはまったく興味なかった。高校時代にぐれた人間が
環境とか変でしょ。
エベレストのベースキャンプには、至るところゴミが。
登ったら1分1秒でも早く降りたいんですよ。
荷揚げしたものをまたおろすのが大変だから。
登る時と違って。
氷河だからバクテリアが凍って、りんごとか腐らない。
清掃で最もひどかったのは、1950年代のサラミやチーズ。
氷河に埋まってたものが解けて出てくる。
エベレストには漢字ひらがなカタカナのごみが多い。
「お前ら日本人はヒマラヤをマウント富士にするのか
富士山の如く汚すのか」と。
人のごみもおろそう。
最後に片付けたのも日本だと嬉しいでしょ。
ごみの現場といったのに樹海に行かされ、不法投棄ばかりだった。
注射器とか。
「世の中にはA面とB面がある。ぱっと見える視界はA。
自分から行かなきゃ見えてこないのはBだ。Bに世の中のテーマがある」
樹海の不法投棄を見たときBだと思った。
●今、元気になれる曲
「光をあつめて」藤巻亮太 MV 動画
 

« 金スマ 松岡ゆみこ なにゆえテツandトモ | トップページ | ボクらの時代 柴田理恵×左とん平×浜木綿子 »

サワコの朝」カテゴリの記事

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

こちらも

無料ブログはココログ