« サワコの朝 野口健 | トップページ | ビートたけしの超訳ルーヴル 池上彰 小栗旬 桐谷健太 菅野美穂 »

2013.03.10

ボクらの時代 柴田理恵×左とん平×浜木綿子

あのふたり、おかしいんじゃないの?」って
おかしかったら相手役は出来ませんよ
気持ち悪くて笑っちゃいますよ。ねぇ、とんちゃん。(浜)
一緒に食事いく。
ドリフの加藤とねぇ
あいつほら、若いのもらっちゃったじゃない(左)
食事行くと、「魚の骨とりますか?」(浜)
介護状態じゃないw(柴田)
あたしの知ってる柴田さんは、礼儀正しくて
まじめで、そういう人(浜)
比較的まじめですね(柴田)
まじめじゃない人は、この仕事できねぇから(左)
宝塚に入ったのは、姉の影響。
一緒に観にいって、ワタシもあこがれちゃって。
姉は両親に反対された。
うちの母の兄がキヤノンの社長で。
わたしは3人姉妹の次女だから、(入っても)いいよって。
(←
※追記 姓は「御手洗」さんかしら。本名が「香川」で載ってるんすが。
社名、正確な表記は「キヤノン」、「キユーピー」ですね。父が社長、って言ってた?
動画検証したら、母の兄が正しい。「父キャノン」で入ってくる人が多い。
ここに反応するとはおもわなんだ
女役が大人じゃないといけない。男役が映えない。
あたし楽しいと思ったことは1回もないですよ。
幕を降りた時にはほっとするけど、演じてる時は違う
だからとん平さんにも気を許してませんよ(浜)
(←※「女監察医・室生亜季子」
お昼に火サスの再放送があるときたまに観る。
とんちゃんは「浜田五郎」どうも「五郎」だな「ムー」の時からw)
これしかない。他の職業考えたことないから。
ゴルファー・・・だめだろうし。ばくち打ちもダメだろうしさ
あの(謹慎)期間は、半年うちにいたよ。つらいよ~
表には出られないし。(左)
(※関連記事 徹子の部屋 左とん平 付録「ヘイ・ユウ・ブルース」

2015.11.15
遅ればせながら録画した「スタジオパークからこんにちは」見てます。
西遊記に高橋克典が子役で出てたなんて知らなかった。
歌うとん平さんが見られて良かった
「人間って何だろう?」この人が歌うと味がある。
しかしやはり「ブスな女」あたりを歌唱して欲しいもの。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●九代目 市川中車(香川照之)
 襲名披露、浜木綿子は元夫・市川猿翁と46年ぶりの再会。
「しばらくでございました」
「照之を立派に育ててくれてありがとう。」
言ったか?慰謝料を払わないのに、って?(左)
後ろの方が静寂なので「うわ、しまった」と思ったら
照之が「そんなもんだよ、これが天の啓示だよ、運命だよ」
ワタシはあんときのことはもう決別しましたから。
すっかりなし、無です。昔って感じ。
・・・冷たいんだよね(左)
浜さんは自分たちの気持ちを代弁してくれるから好きになっちゃうんですよね
(柴田)
いいじゃん、いい息子授かって。わかれようがなんしようが。
浜ちゃんとうちの息子は幼稚園の同期なんです。
照之の歌舞伎に挑戦しようってパワーはすごいね(左)
そりゃ心配ですよ。でもあの子は自説を曲げないから。
やるっていったらブレーキかからない。何年も前から
「親父を引き取りたい、治して舞台に立たせたい」と言われてた。
アタシは無理、って言ってたの。まさか(歌舞伎で)つながるとは思わず。
甘かった。初めはちょっと複雑な気持ちで怒りや無念があったけど
今はもうほめてやりたい。
平々凡々で(役者の)味が出るわけないから。
ばくちでつかまったりなんかしなきゃいけないのよ
嫁さんは結婚して50年、どこで何してた?って一度も聞かないの
ボクは女房だけですよ(左)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恋愛はしましたが
1回だけ結婚を迷ったことがある。(浜)
名前言わないけど、よくみに来るわけよ(左)
子供の父親は独りしかいないから(浜)
その人が独身の時だからね。向こうが結婚してわかれた・・(左)
うそうそ。照之が「もうそろそろ別れたほうがいいんじゃない」って
向こうに言いに行った。だからあの子には父親はひとりしかいらない
「もういいでしょ?」って言うんですよ。そういうウラがあったんですよ
照之聞いたら怒るかな、ごめん(浜)
母は厳格でした。父と見るとき、いつも決まった席で見てました。
拍手もぱらぱらで。厳しかった。
3年前、99歳で亡くなりました。明治43年生まれだから。
神経の使い方が違いますから(長生きはしない)w(浜)
母は昭和4年生まれ、小学校の教員。
昔で言う職業婦人。学校では男社会。
職員会は男の先生主導。飲みに行くのもついていってた。
母親は自分の信じる仕事をしてたら、子供は背中を見るものだと思う(柴田)
一筋でやってきたことも子供は見てるけど
恋愛でばれた時は困った(浜)
ここでとんちゃんがくしゃみ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うむ。
明日でブログ初めて丸6年が経ったが
おそらく宗教についてしっかり書いたことはないはず。
この面子、浜木綿子+とん平さんはわかるけど
「二人を尊敬する柴田理恵」ってポジションなのね。
で、こんどの土曜のサワコはマチャミ、でしょ。
学会の香りがするんだよね。
そのことについてはマチャミで触れるとしよう。
ボクらの時代 動画参照
 

« サワコの朝 野口健 | トップページ | ビートたけしの超訳ルーヴル 池上彰 小栗旬 桐谷健太 菅野美穂 »

ボクらの時代」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。