« 怒り新党 デイリースポーツのブレない一面記事。 | トップページ | サワコの朝 横山剣 »

2013.05.25

爆報!古尾谷雅人 没後10年 鹿沼絵里

洋服をかけるハンガーの鉄パイプに
胴衣の黒帯をかけ、首をつって亡くなっていた。

当時、三面記事の扱いはかなりでかかった。
しばらくたって、図書館に鹿沼絵里の本を見つけて読んだ。
「最期のキス」にはちゃんと古尾谷サンのDVの事実が書かれていた。

古尾谷サンといえば「ヒポクラテスたち」や「3年B組金八先生第1シリーズ」での
山田麗子(三原順子)の恋人役。
そして
今見るとちょっと恥ずかしい感のある「スローなブギにしてくれ」
「金田一少年の事件簿」にも「北の国から」にも出ていたのに
なんだか「にっかつのひと」の印象が強すぎる。
鹿沼えりもにっかつのひとだったからか。
ゴレンジャーのイーグル連絡員役?モモレンジャーしか覚えてない・・
鹿沼サンの父と母も自殺している。
現在は都内の介護施設で働く。介護ヘルパー1級。

子煩悩で優しいパパとDV夫の二面性。ジキルとハイド。
台本1冊全部暗記し、現場に持っていくことはしなかった完ぺき主義。
80年代後期にトレンディドラマが台頭し、仕事を選ぶように。
後輩たちに抜かれるプレッシャーに苛まれ
昼間っから酒をあおり、物にあたり、家族にわめく。
矛先は奥さんへ。
DVのきっかけは子どもの卒園式で、
鹿沼サンが他のパパと話したりしているのが気に入らなかったため
その日の夜に子どもの前で何度も何度も顔を殴る。
見かねた娘が止めに入ったが、全治5カ月の重傷。
正気に戻ると土下座して謝る。
罪悪感から逃れたい一心で許しを請う行為。
1億5千万のマンションのローンが払えず、外でも酔って暴れ
高額の請求書や住民税の滞納。
生活費の工面は友人たちから借りたが借金3億円。
働きに出る決心をしたら「俺なんかいらない人間になる」
昼は介護夜はスナック。15時間勤務。
干された状態の古尾谷サンは
「現場で血を吐いて死ねたらな、それが本望だよ」
「僕が万が一死んだら、泣く?」
「僕が死んだら僕の偉大さがわかるよ。きっとわかるよ、かあさん」
その3日後に自殺。
夫の死後1年経って、骨粗鬆症の母が農薬を飲み、首を切って自殺未遂。
その1年後死去。父も後追い自殺。
鹿沼さんも亡くなった夫の寝室で死のうと思ったが娘が
「母さんが生きてて良かったって私が思わせてあげるから
だから生きようよ」と言われ思いとどまる。

思うんだけど「丑三つの村」撮影の時お祓いしたんかな・・・
もし生きていたらアウトレイジとか出てたんかな。

« 怒り新党 デイリースポーツのブレない一面記事。 | トップページ | サワコの朝 横山剣 »

爆報」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。