« 俺たちはプロ野球選手だった 宮下昌己 清水清人 西岡良洋 西崎幸広 丈武 高橋智 | トップページ | 【ちょっと感想書いてみた】東京バンドワゴン »

2013.10.10

怒り新党 前衛音楽家 ジョン・ケージ

●ジョン・ケージとは。
20世紀が生んだ、既成の音楽にとらわれない「実験音楽の父」
発表した楽曲は250曲以上。
ハーバード大学教授就任、89年「京都賞」受賞。動画(←黒澤明監督も)
92年没。
特徴は図面楽譜。
実際に演奏すると「シャボン玉ホリデー」の効果音ぽい。

前衛=ヘンテコリン、アバンギャルド。(マツコ)
「4分33秒」


 

youtube、,高評価が1000超えだけど、低評価も500以上ある。


「無音」に関心を持っていたケージは
日本の仏教哲学者・鈴木大拙に弟子入り。
※テレビではお寺の釣り鐘の下にケージがいる写真が。被ったのか?
番組で流れたものはBBC交響楽団。指揮はローレンス・フォスター。
タクトを振りあげても、楽団人全員が微動だにしないものだった。
「生きている人間にとって、完全なる無音は存在しない。
自然に聞こえるもの、全てが音楽」と再確認。
盟友のために作られた曲でもある。タイトルは後からつけられた。
「そのひとが沈黙に耐えられた時間が4分33秒」有吉
FMで選曲したら放送事故と間違えそう。

水の音楽(1952年)
動画なし。理解不能。
3つの異なる音の世界の融合。
(←人工的なピアノ+自然の水の音+電子的なラジオの音)
※ラジオの周波数は102・5、水の入ったボウルの中でアヒル笛を吹けなどの
指示があり、シュライヤー・マッハは忠実に演奏。
ピアノのふたを閉め、できるだけ早くカードを並べろ、とか
ある容器から後ろに置いた別容器に水を注げ、なんて指示も。

坂本龍一はジョン・ケージに影響を受け「音楽」を作った。

ピアノと管弦楽のためのコンサート(1957~58)



演奏結果が不確定になる音楽。
ご本人も予測できない。
パート譜はあるもののまったく自由。複数の楽器を自由に演奏してよい。
偶然性の音楽を作り出した。
笑わない観客に感動した。

« 俺たちはプロ野球選手だった 宮下昌己 清水清人 西岡良洋 西崎幸広 丈武 高橋智 | トップページ | 【ちょっと感想書いてみた】東京バンドワゴン »

怒り新党」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。