« 徹子の部屋 大竹まこと 5月22日は誕生日。  | トップページ | ボクらの時代 石橋貴明×武豊×伊集院静/木梨憲武×武豊×遠藤保仁(抜粋) »

2014.05.24

サワコの朝 山中伸弥 iPS細胞、ES細胞。

番組始まって以来のノーベル賞受賞者。

佐和子:身の潔白は
山中:問題ないと。回答いただきました。
    ネットで書き込みがあって。立場上無視するわけにいかないので
佐和子:謝る必要はなかったのに
山中:ノーベル賞も頂いて、模範となるべき立場ですので。

記憶の中できらめく曲

「A Whole New World」ビーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

家族で留学していた92年頃、アメリカでよく流れていた。
研究環境も暮らしも違う、自分の気持ちとこの曲の歌詞がぴったり。
車の中でよく聴いていた。
医者も全てやめていたので。
「手術も下手で」とは謙遜で言ったのですが
この前テレビで当時の助手が出てきて「本当に下手でした」・・
膝がガクッとなった。
「医者になれ」父の勧め。
物心ついた頃から父は病気でした。糖尿で90キロにもなって。
死ぬ前いろいろ苦しかったと思うんですね。僕が点滴とかやって。
すごく嬉しそうでした「練習台にして何度もやれ」
医者になったけど父親が亡くなったあと研究者になったので
父親に対する後ろめたさはありました。

iPS細胞の研究は日本に帰ってからの仕事。
アメリカではノーベル賞クラスの人がいっぱいいて
「君の才能は素晴らしい」と言われたので意気揚々と帰ってきた。
帰国するとまた環境が変わって。
当時は僕、ネズミの万能細胞の研究をやってたんですね。

※万能細胞:心臓や胃など様々な器官になる可能性を持つ細胞。
        iPS細胞もそのひとつ
。 

すると周りから
「ネズミの細胞の研究をしても、人間は治せないでしょ?

 もっと大切な細胞の研究をしたほうがいいよ」と言われまして。
例えばネズミをたくさん使うんですが、アメリカは用意してくれても
日本は世話から全て自分。
「ねずみ算」って言葉があるんですが
2匹だけアメリカから連れて帰ってきたんですよ。
1年後には200匹以上にもなって。
その世話で研究者なのかねずみの世話係なのかわからなくなり。
評価されないし、研究から逃げてしまって。
でも言い訳があったんですね。
「いつか、この研究が10年20年もっとかかるかもしれないけど
花開く時が来る」
医者の仕事は一人ひとりを診るんですが
僕らの仕事はあるとき一気に何人あるいは10万人の人を治せる。
そんな仕事なんだと。だから許してね。
手術は上手じゃなかったけどまた臨床者になろうと。
でもまた逃げるのかって踏ん切りがつかなかった。
散歩していましたら、いい土地がありまして「買って家を建てよう」
研究者の給料ではローンが返せない
でもこれを踏ん切りにして人生大転換しようと。
そう思ってたら母親から電話がかかってきまして
「昨日お父さんが夢枕に立って『伸弥にもうちょっと考えるように言え』」
年老いた母親の言うことですから明日まで待ってみようと。
次の日に行ったらその土地はほかの人に売れていた。
どうしようと思ってたら、奈良で独立しませんかという話が。
若手の研究者が切磋琢磨して頑張ってるから。
だからもう一度研究者としてやる気持ちになった。
ES細胞、iPS細胞
僕が生きてる間には無理だろうと思ったが、若い研究者に言わなかった。
ES細胞が出来ていた。(受精卵から作られるもの)
最初は何になるか決まっていない。
ES細胞はお母さんの子宮から無理やり取り出して作った細胞。
将来生命になる細胞を医学のために作っていいのかと
反対されている。他人の細胞を移植すると拒絶反応が起こってしまうし。

iPS細胞:生命倫理に反することはない。
      誰の体からも作成可能で拒絶反応が起こらない。
      可能性として、心臓移植すれば助かる場合
      移植は勘弁して欲しいが血液なら採取できる。
      (臓器の代わりに細胞移植)カテーテルなどを用いることもある。

・研究1 傷んだ臓器を再生
    2 病気の進行を止めるような新薬を開発する
      (動物では効くのに人間では効かない場合が多いが
       人間の細胞だと治癒の可能性が広がる)

iPS細胞から精子から卵子もできるので
知らない間に自分の体に入る場合がありますね。
悪用の可能性もありますが、不妊治療にはいい。
生きるか死ぬか究極の状態の患者さんを救えるかもしれない研究でもある。
これは譲れない目標があり
父親の病気も治せない医者だったけど
患者さんの役に立ってから死にたいという気持ちがある。
iPSだけで研究は終わりたくない気持ちもある。

●今元気になれる曲
フランクシナトラ「MY WAY」
昔よく行ったスナックの名前。よく歌っていた。
今はカラオケにも行きにくい。
あるとき恩師と行って歌ったら
「この曲はヤマチューにぴったりだ」と。
これからも頑張れよって意味だと僕は信じてるんですが。

追記
2017.10.11放送 ファミリーヒストリー 山中伸弥 記事参照





« 徹子の部屋 大竹まこと 5月22日は誕生日。  | トップページ | ボクらの時代 石橋貴明×武豊×伊集院静/木梨憲武×武豊×遠藤保仁(抜粋) »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ