« ボクらの時代 渡辺美奈代×西村知美×浅香唯 不妊治療、子育ての話 | トップページ | ボクらの時代 中井貴一×時任三郎×柳沢慎吾 ふぞろいの林檎たち »

2016.10.09

サワコの朝 本木雅弘 シブがき隊解散の理由

2012年以降はロンドン在住。
雅多くん(長男)はバスケ修行でアメリカ留学中。現在190センチ。
来年夏には帰国予定。

今日は番宣で来てます(笑)
■記憶の中で今もきらめく曲
湖の決心 山口百恵

身投げをしに行く話だと思っていたら、自分の身をこの人に託すという意味だった。
10歳の時、初めて自分でレコードを買った。
「もしかしたら貴方に対して好意以上のものを抱いているかもしれません」
色々と妄想が(笑)

元々は武士の代なんですけどグチャグチャになってしまって。
土地は多いし広がってる空は大きいけど、ここではないどこかに憧れた。

阿川:ネオンですか(笑)

大変なアイドルでしたね。7年半やりましたけど
学校でも注目されるタイプではありませんでしたし
ホントは目立ちたがり屋でもありましたよ。
いわゆる学芸会みたいなもので華やかな役があったりすると
先生が「誰かやりたい人!」と言いますよね。立候補がなかったりすると
自分で手は上げられないけれども立候補の人がいなかったらラッキー、思いながら
推薦の時間になったら「誰か自分のこと推薦してくれないかな」(笑)
そういう変な期待を。せこいでしょ。
今でもそうなんですけど、誰かに突き落として欲しいんですね。
飛び落ちる覚悟というか、それを味わえる度胸はあると思う。
でも自分では行きたくないんです。
ちょっと人のせいにできるところを残しておきたい(笑)
こんないいところを残しておいてありがとうございますと感謝する側でいたい。
50超えても自信がないんですよ。自意識過剰ですけど
自分の弱さもずっと見続けて。顔も声も嫌だし。ネガティブが前に進む糧。
「調子に乗って」と思われるのが怖い。

■シブがき隊解散の理由
最初のデビューイベントで、デパートの屋上とかで歌ったりすんですよ。
3ヶ月に1枚シングル出して。出すためにキャンペーン回ったり。
一番最初が北海道の丸井今井デパートってとこで雪も残り、だったかな。
そこでいきなりおそろしい数の女の子がいて
ジャガイモも白い恋人も紙テープも飛び(笑)嘘じゃないんですよ。
「なんで自分みたいな若造にこんな熱狂するんだろ」っていうふうに
どっかで一気に引いてしまった自分が実はいるんですよ。
物事を俯瞰して見てしまうことはありますね。

もともとお芝居に興味はあった。苦節苦節で舞台に立てることに憧れがあった。
○○劇団みたいなところで良かった。
終えて、というか、終えさせてしまったの私なんですけどね(笑)
グループ解散する前、早々に業界そのものをやめて
パリでもどっかでも行って皿洗いでもなんでもいいからそういうものをしたいから
やめていいか、って二人に言ったことがあって
布川さんは「まぁいいよ」
薬丸さんはやっぱりグループをほんとに愛していたし
続けたい気持ちはあったんだと思いますね

でもまぁ、私が暴走したのでこういう結果になった。
業界をお休みしたいと思ったけど。

今までは3分の1の愛情だったわけじゃないですか。
なので、どこかから一心に自分が愛情を受けたらどれだけ頑張れるかを
試してみたくなった。それでダメだったら業界そのものをやめちゃえばいい。
それで納得して辞めたかった。結果続いてしまったということなんですね。

■永い言い訳
女性監督も初めて。
前にニアミスがあって、
蓋開けてみたら西川さんが私を所望してなかったことがわかって。
今度も「ホントですか?」を2時間ぐらい。いや~な言い方して。
「この自意識のねじれ方がまさに幸夫という役です」と(笑)

似てますよやっぱり。冒頭から20年連れ添った深津さんにネチネチ言うんですよ。

実生活でも「自分に苛立ってるんだけど」と言いながらぶちまける
彼女が抱えきれなくなって飛び出してしまう。
うちの夫婦喧嘩の場合は私が居座ってます。
こういう変われない自分を選んだあなたがいる。
変われないからあなたが変わればいいでしょ?って。
内心バクバクに心配してるけど、どこかで「絶対帰ってくる」と。
何事もなかったように寝たふりして、ドキドキしながら。
ガチャガチャって音がすると熟睡してるふりをする。
出てったあとに間を置きながら
「今頃どこどこの店にいるだろう、そろそろWi-Fiが使えるだろう」と(笑)
また無様な姿を見せてごめんなさい、と。

■いま心に響く曲
竹原ピストル 不覚にも宇宙だと思った

考え始めたらキリがないことの答えが
実は日常の中にあるかもしれないという曲です。



デビューイベントには行った。撮影会があった。

雅多くんが生まれたのは平成9年10月1日。
記者会見は10月3日。
毛利元就の格好して手のひらに「雅多」と書いていた。
その頃自分は出産予定日が1週間遅れており
モッくんの手のひらに向かって「早く生ましてくだされ」と手を合わせて祈ったら
その日の晩に陣痛が始まり夜中に坊主が生まれた。感謝。
あれから19年(2016年現在)。

見逃し配信もあるしどうしようかなと思ったけど
1週間経つと見られなくなるので、これからも記録として残すことに
(YouTubeでは見られるものもある)
迷った分だけ更新が遅くなった。

■関連記事
ナイナイアンサー 布川敏和(2014)
フッくんとうつ そばくいねぇ(2007)
サワコの朝 薬丸裕英(2012)

SWITCH インタビュー 西川美和×水野良樹



« ボクらの時代 渡辺美奈代×西村知美×浅香唯 不妊治療、子育ての話 | トップページ | ボクらの時代 中井貴一×時任三郎×柳沢慎吾 ふぞろいの林檎たち »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ