« 徹子の部屋 佐藤愛子 戦いすんで日が暮れて 借金の話  | トップページ | サワコの朝 前川清 藤圭子と宇多田ヒカルの話 »

2017.03.05

ボクらの時代 勝村政信×池田成志×八嶋智人 蜷川幸雄さんの話

八嶋:勝村さん、異常に顔広いですよね
勝村:なんだろ..こんなに人見知りなのに
八嶋:いやいやだから、わかんないですよ。
勝村:さっきも一人だったろ?みんながメイクしてる時俺だけ。
   耐えられないんだよ俺。知らない人がたくさんいるのが(笑)
   だからお前を見てないもん
   なるしーは、昔から優しいのよ。ついついなるしーを見てしまうね。
池田:基本はこのまんまですよ。優しく。でもすごくケンカが強いとかさ、逸話が。
    だから、こいつキレさしたら怖いなっていうのはずっとあって(笑)
    俺は非暴力主義だからさ
八嶋:酔っ払ったら暴れますけど
池田:そう。酔っ払うと記憶がないので。自分では覚えてないわけ

勝村:ひどい目にあいましたよ、たくさん
池田:楽しい思い出じゃないか(笑)

■芝居を始めたきっかけ

勝村:高校出て就職しました。2年。
池田:実社会に2年出てたってすごいよ。お前ないだろ?
八嶋:1回もないです。
池田:厳しい実社会に出たことないな?
八嶋:うーん、僕バイトするとバイト長になって
池田:それは実社会じゃないから
八嶋:そっから正社員にならないかっていう、実社会の側からガチャって
池田:俺もそういうタイプ。どっちかっつったら。
    だからそこはあんま自慢しないほうがいいと思う。
    現実の世界を行った人は尊敬する。ある意味。    
勝村:部長が7メートルぐらい先に座ってんじゃん。
    そこを20年かかって進むんだと思ったら、やめなきゃダメだと思った。
池田:とりあえずやめたんだ。何かやるって決めるより先に。
八嶋:芝居の選択肢もまだなかった。
勝村:うん。体鍛えたかったのとにかく。相撲取りとかプロレスラーとか
    なれたらいいなって、こっそり思ってたりとか。
    当時のトレーニングセンターとか、ボディビルダーしかやってない
    肩から毛が生えちゃった人たちがたくさんいるんだ(笑)
    もうちょっと鍛えたかったんだけど。コーチが
    「勝村、ここんとこずっとお前の体を見てきたんだけど、筋肉の才能が有る。
     お前は肩幅も広いし筋肉もつきやすい。真剣にボディビルダーにならないか」
    言われて、次の日やめたの(笑)
八嶋:鍛えたかったんでしょ?
勝村:そこには行きたくなかったの。その流れで、ぴあとかあったじゃん。
    それ読んでる時に芝居とかあって、体鍛えられるみたいなこと書いてあったの
    そういう匂いのする仕事なのかなあって。
池田:それで蜷川さんのスタジオに行って、入って

勝村:八嶋は?
八嶋:単純に、小劇場が流行ってたからです。でも何のノウハウもない
    でも思春期。モテたい。よし、小劇場だ
池田:感覚がヤクザだよ(笑)モテないでしょそんな演劇とか
八嶋:関西だったからかな、人前に出ることがカッコイイってのはありましたよ。
池田:俺はもっと純粋というか
八嶋:俺たちが不純みたいじゃない
池田:不純じゃん
八嶋:純粋にそう思ったの
池田:高校の時、映画監督になりたいなと思ったの。中途半端で恥ずかしい時期。
    当時、日本映画が不景気でさ、松竹も東映も東宝も
    助監督の募集してませんって。これはおいそれと監督とかにはなれないと。
    短絡的に思っちゃったの。つかさんのお芝居を見に行って
    4人しか出てなくて、しかもセットないじゃん。どこでもできるなと思った。
    外でもいいし、ちっちゃなとこでもいい。脚本書いてやればいいと
    大学入った次の日に演劇部入った。演劇研究会の門叩いた時
    「ここ名前書いて。何がしたいの」「脚本書きたいと思って」
    フンって笑われてさ、うちのサークルは3ヶ月は役者してもらうからって
    次の日からテント泊って仕込みとかしてたな。

■蜷川幸雄さんの話
  
池田:蜷川さんとこ辞めて、第三舞台に入ったって形なの?
    ちょっとは裏切ってる気持ちがあるわけ?

勝村:うん。最初、客演って話だったの。そしたら鴻上さんが
    「このままやめられたらお前にエネルギーを注いだ分、俺には耐えられないから
    ウチ来い」で蜷川さんに相談したら「俺はお前も鴻上も許さない」怒って
    7年ぐらい口も聞かない目も合わさない時期があって。
    普通に芝居見に行くじゃない。俺見た瞬間いなくなるからね。
    俺憎まれてんだ、役も与えられたことないのよ。蜷川さんとこでは。
    たまたまパルコで宮本亜門さんと一緒にやってるとき
    突然見に来て楽屋来て「久しぶりにやるか」みたいなこと言われて。

池田:どんな感じだったの?嬉しいの?
勝村:嬉しいですよ
池田:どういうことで、やろうって言ったんだろうね
勝村:全くわかんない

勝村政信と池田成志は鈴木慶一のサッカーチーム。大会で優勝したが
なるしーが喜びすぎてトロフィーが粉砕し、途中から「すんませんでした!」
なるしーは2010年、公演中に右アキレス腱断裂。
断裂の1週前に古田新太とカラオケへ行って
KARAで腰振り過ぎたのが原因じゃないかと言ってた

■関連記事
ボクらの時代 勝村政信×石橋蓮司×宮沢りえ 原田芳雄さんの話(2012)

« 徹子の部屋 佐藤愛子 戦いすんで日が暮れて 借金の話  | トップページ | サワコの朝 前川清 藤圭子と宇多田ヒカルの話 »

ボクらの時代」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。