« 日曜もアメトーーク ついつい甘いもの食べちゃう芸人 天海祐希 パンサー向井 千鳥 ノブ | トップページ | ボクらの時代 伊藤ふみお×佐藤隆太×塚本高史 KEMURI »

2017.04.22

サワコの朝 夏目三久 怒り新党の話、朝の顔が見せない顔

あさチャンは4年目。午前2時起床。
最初は辛かったですよ。ただ一点、朝起きるのが。
朝一番に頭の回転をフル回転させるのが、苦労しましたね。

阿川:案外ぐうたらな生活をしてたの?
夏目:ぐうたらです。基本ぐうたらです、今も。なるべくソファーで横になっていたい
阿川:なにしてるの
夏目:何もしないですね(笑)テレビついてたり音楽だったりはありますけど
    ぼーっとしてるの平気です。
阿川:あさチャン引き受けてなかったら
夏目:堕落してましたね。いや~ほんとに、お仕事頂けるってありがたいですね。

■記憶の中で今もきらめく曲
ウルフルズ/笑えれば

もともと大好きで、日テレに入社する前日、テレビをつけてたら流れてきた
新人の自分の心に響いて、帰りに口ずさみながら。
研修期間でズタボロになってたので。
大阪出身なので大阪弁が直らないんですよ。親と電話を控えてました
アナウンサーとしてやっていけるかな?って不安もありましたね 

阿川:ちょっと大阪弁でやってみなはれ
夏目:それムカつくわー(笑)その言い方。あかんよそれ

そんなに積極的な子じゃなかったんですけど、どちらかと言えば内弁慶もありましたし
人見知りもありましたね。
国語の本読みをすると先生に「夏目上手だね」言ってもらえて
嬉しくて家で何回も何回も教科書に正の字書いて練習するんですけどね。
私読むの好きだなーって思ったとこから、アナウンサーて職業があるんだって

中3の頃、茶髪の松本くんが好きだったが、ある日車両を変えられてしまう。
大学ではベトナム語を専攻。
「外国語の習得は、日本語の習熟度と比例する」というのを先生に言われ、
3年のゼミで日本文化を選んだ。

日テレでは
「アナウンサーはテレビに出られる唯一の黒子です。常に気を配りなさい」
それが今ありがたいなあと思っていますね。
結局技術って教わっても同じようにはできない。精神が大事。

1年目からおもいっきりテレビのアシスタント
なんとか覚えた言葉をプレゼンするんですが、緊張でうまくいかなくて 
みのさんからは
「あのカメラを見てごらん。今は誰もいないけど
向こうには君のおじいちゃん、おばあちゃんがいるんだよ
その一人のために伝えなさい。
大勢の人がいると思うから君はとても緊張してるんだよ」と言われて。
身近な大切な人に伝えなさい、と。今でも大切にしてます。
今は母に。毎朝ダメ出しされます。「あのコメントは不要でしたね」(笑)
言ってくれる人がいなくなってしまったので
会社にいる時が幸せだったしありがたかった。

■怒り新党
阿川:マツコさんに有吉さん。私だったらビビると思う。
   あの洞察力の深いお二人の間で
夏目:最初は緊張しました。収録の前日は寝られないぐらい。
    収録が終わると頭痛がするんですね。なんだろうこの頭痛はと思って。
    呼吸ができてないんですよ。酸素不足になって。
    毎回頭痛がしてました
阿川:じゃあそこにニコニコ座ってるけれども、緊張状態だったの
夏目:あ、聞かれた !それ以上の面白いこと言わなきゃ、ですとか
    演出の方に最初
    「二人がとにかくいろんな方向に行くので、あなたは最後戻ってこられるように」
    引き戻す役をしなきゃいけないなと
    前日の夜からああでもないこうでもないと、シュミレーションして
    どう転ぶんだろう、なんて振られるんだろう、
    色んなことを考えてたんですけど、番組が経過するにつれて
    「そんな考えなくても、こんな素晴らしい達者な二人がいらっしゃるのに
     何一人でもがいてたんだろう。 委ねるべきなんだろうな」と思った
    甘えてる部分もあるかもしれませんが
阿川:そこがいいんです。張り切ってないところがいいんです
夏目:いいえもっと張り切らなきゃいけないんですけどね
阿川:怒り新党しばらくやって、あさチャンが始まった
夏目:そうです

勢関のファン  
一つ一つの所作がとても美しく、昔の力士のような振る舞い。

■今心に響く曲
WHAT A WONDERFUL WORLD 動画

« 日曜もアメトーーク ついつい甘いもの食べちゃう芸人 天海祐希 パンサー向井 千鳥 ノブ | トップページ | ボクらの時代 伊藤ふみお×佐藤隆太×塚本高史 KEMURI »

サワコの朝」カテゴリの記事

怒り新党」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly