« 【抜粋】おはよう、たけしですみません /とんねるずへの表彰状 | トップページ | 【抜粋】ボクらの時代 広末涼子×新垣結衣×永野芽郁 映画「ミックス」  »

2017.10.08

ボクらの時代 有村架純×坂口健太郎×森川葵 #ひよっこ いつ恋

■ひよっこ いつ恋
坂口:ひよっこお疲れ様でした。大変だった?
有村:終わると、楽しかった、ってなった。二度とやりたくないじゃなくて。
坂口:ああそうなんだ
有村:ああ楽しかったなあって。それがすごいよかった。
坂口:3人でこうやって話すって
有村:ない。いつもみんながいるから
森川:ない。確かに
有村:出会いはいつ恋だもんね。未だに思い出すもん
   普通は作品が終わったら、もちろん大事にはするんだけど
   次に進んでいこうみたいな気持ちなんだけど、いつ恋の現場は未だに思い出す。
   ふとした時に。ほんとにこんな関係になるとは思わなかった。

坂口:最近6人で集まってないね
有村:そうだね、最後は3月
森川:今年の
有村:めちゃくちゃマイペースだよね。そこの空間にいても気を使わない
    好きなことやってるように見える
坂口:飲みすぎてるところあるから
有村:めっちゃ飲むよね
森川:美味しいもの食べに行くのがすごい好き
有村:楽しく美味しいものを食べる。
坂口:そのために仕事をする

■第一印象/ゲッターズ飯田の性格診断
坂口:第一印象は
有村:葵はいろんなところで見てたし、結構髪型を変えたりしてた。坊主とか
坂口:金髪坊主にしてたよね
有村:実際会うと、ふんわりしてて、どっか飛んでっちゃうんじゃない(笑)
    今となっては妹のような
森川:ありがとうございます。これからもかわいがってください。
有村:すごいかわいい(笑)
森川:うれしい。めっちゃ嬉しい。最近ゲッターズ飯田さんに占ってもらって
   「天性のバカでおっちょこちょい」って。自分で自分のことおっちょこちょいって
   思ったことなかったから

坂口:俺もゲッターズ飯田さんに会う機会があって
    「心が小2か中2で止まってる」(笑)
有村:私も言われた
森川:私も15とか
坂口:似てんのかもしれない。
有村:もしかしたらいつ恋メンバーみんなそうなのかも


どんなこどもだった?
坂口:はしゃぐし、目立ちたがり屋だった。
    保育園の学芸会、みんな桃太郎とかやりたいけど、俺は鬼がやりたくて
森川:変わりもんっぽそう。子供の頃から。私は結構ひきこもりタイプ
    今も変わらないけど、休み時間も外に出ないで教室でお絵描きしてたり
坂口:今もそうなの?そんなイメージあんまりない
森川:いやもう、超ひきこもりっすよ私
有村:気づいたら夜だったって?
森川:あるある

■休日の過ごし方
坂口:どんな過ごし方が好きですかって聞かれて。何もしないのが好き   
    ホントに何もしてないわ、嬉しいみたいな感じ
有村:その気持ちすごいわかる。久しぶりの休みだったりすると
    美容院行っとかなきゃとか、結局時間詰めちゃう。2日あると、
    1日はそうして、もう1日は何にもしない。この前あって。
    なんて贅沢な時間なんだろ(笑)すごい噛み締めたその時間を。
坂口:意外と難しいよね、なんにもしないって。
森川:そお?(笑)意外とぽや~っとしてたら一日終わっちゃう。難しくない。

■きっかけ
坂口:いつ女優になりたいと思ったの?
有村:中学校の時。
坂口:あ、もう、明確にあるんだ。
有村:ドラマとか見てて、お芝居って楽しそうだなって、漠然とした何か。
   でもテレビとか出るのは嫌だったの。目立つのが嫌いで
   クラスの発表も率先してできなかったけど、お芝居やってみたいのが
   先行して。そんな自分なのに。オーディション雑誌とか買ってきて
   自分で履歴書書いて、今の事務所に応募してた。だから全然スカウトとかじゃない

森川:セブンティーンて雑誌に、オーディションがあるから応募して
    でもお芝居がやりたいとか明確な何かがあったわけじゃなくて
    お小遣いをもらってなかったから、友達が学校帰りに
    コンビニで肉まん買ってるとかってのができなかったから
    それをしたいと思ったのが中学生の時。
    バイトがまだできないから、今自分で働いて出来ることってなんだろうと
    考えたときに芸能界って世界を知って
    それをやれば自分でちゃんと働いて稼いで肉まんを食べれるかもしれないって
有村:かわいすぎる(笑)

坂口:何歳から家出たn?
有村:17
坂口:で、こっち来て一人暮らし
森川:19かな
坂口:そうかあ
有村:東京になれたの、ほんとに最近て感じ。好きな場所とかもなかったし。
    ただただ仕事のためにいる感じだったけど、なんかここ二年ぐらいようやく
    ああ、住んでるなあって感じがした

■演じないことの難しさ
坂口:架純ちゃん、去年か、年末紅白、見てました
有村:ありがとうございます
坂口:大変そうだなあと
有村:てんやわんやしてたけどね舞台裏では
坂口:仕切ることってないもんね。ふだん仕事しててもね
有村:普段お芝居で発信するけど、バラエティ、舞台挨拶の時って
    自分自身で喋らないといけないのって難しいなと
森川:難しいよね
坂口:意外と最近少し思ったのが、役でいるときの方が楽だなと
   坂口健太郎でいることって大変だな
森川:感じる。その人の役の感情が、台本の中に書いてあるから
   自分が今どんな感情なのかわかる。それってすごい楽だなって
   自分で生活してて、今どういう感情かってそんなに
有村:考えていけないもんね
森川:気づいたらすごい落ち込んでたり、知らず知らずストレスを溜めてたり
   気づけない
有村:それ以外何も考えなくて済むもんね
森川:生きていくためにどうしてこんな考えなきゃいけないんだろう
   悩まなきゃいけないんだろうって、すごい思う。自分自身が。
   もっと何にも考えないで楽しく生きていければいいって
有村:役の気持ちを私生活に引きずるか
森川:引きずってないつもりだけど、たぶん引きずってる
有村:私もそのタイプ。
坂口:ハッピーな役もネガティブな役も
有村:ネガティブな役の方が引きずられやすい。内に入っちゃうしね
坂口:ナラタージュの時とか
有村:なかった。地方にいるときはずっとホテルだし、作品の空間にいるから
    余計にオンオフがないというか。それもあったかも。

■鶴瓶さん

坂口:やっぱりこのスピードでやってかなきゃいけない
    作るペースも半年に1本とか。それが正解かわからないけど
    時々ついていけない、ついて行けなくなっちゃってんだろうなって。
    昨日、鶴瓶さんの番組にださしてもらって
    「二人によろしくって言っといて」って
    「みんな俺の娘みたいなもんだから変なことするなよ」って
森川:鶴瓶さんは月一で会ってるかも。今も
    鶴瓶さんが電話かけてきてくれて「お前今何してんの」「家にいます」
    「じゃ今からご飯に行こうか」て電話が月一ぐらい。

■電車内で
坂口:最近びっくりしたことがあって、電車乗った時に女子高生がふたりいて
   坂口健太郎って名前が聞こえてきた。
   「坂口健太郎っていつも、報われないか最終的に恋にあぶれる役しか
    やらない
」ってのを熱弁しててね、ちょっと衝撃的だったんだ。
   

■異性に求めるポイント

森川葵はちゃんと仕事してる人
有村架純はやさしさ。なんでもいいよはいや。私の中の基準。
怒ってくれる人もいい。一目惚れはしない
坂口健太郎は、ずれてる部分、自分とマッチしてない部分も好きになれたら 
憎しみも愛みたいなもの。 
   

« 【抜粋】おはよう、たけしですみません /とんねるずへの表彰状 | トップページ | 【抜粋】ボクらの時代 広末涼子×新垣結衣×永野芽郁 映画「ミックス」  »

ボクらの時代」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。