« 徹子の部屋 NEWS 小山慶一郎 初登場 | トップページ | 水曜日のダウンタウン 日本の有名人知名度ランキングTOP100 »

2017.10.22

ボクらの時代 田辺誠一×賀来賢人×福田雄一 斉木楠雄のΨ難

■田辺誠一と福田雄一はパパ友

福田:僕は田辺さんとはパパ友なんですよ
田辺:子供が、小・中までね、一緒なんですよ
福田:おなじ学校だったの。一時期同じクラスで(笑)学校の行事、運動会とか行く
    すごく覚えてるのは卒業式の日に、割と僕、田辺さんに
    お仕事お願いしてるんですけど、1回も、受けていただいたことがない..(笑)って
    話をしたの。そしたら田辺さんが「じゃ、仕事は全部受けますよ。」言われて
    次の仕事全部断られた(笑)オファーして初めて受けたのが今回の
    「斉木楠雄のΨ難」賀来賢人は、初舞台の演出が僕

■賀来賢人の初舞台

賀来:いやもう、恐怖でしたね。安田顕さんとか、池田成志さん、皆川猿時さん
    舞台役者さんと初めて触れ合う機会だったんですよ
田辺:あいつらづでした?
賀来:いやもう、バケモンでしたね(笑)
福田:異常に、状況としては悪い状況でしたね
田辺:すご~い、すばらしい
賀来:こんな訳わかんない人たちいるんだ、と思って、福田さんもわけわかんない演出
    してくるし、もうパニックになっちゃって。悔しくてしょうがなくて。
    僕だけウケてなくて
福田:ずっと稽古場の後ろの方で悩んでる
田辺:そのメンバー
賀来:それでだいぶ演劇の世界を
田辺:すごいところから入りましたね
賀来:最初が福田さんのお芝居で、そういう方が多かった
田辺:その間に何かありました?
賀来:ちょっとずつ、ウケる感覚みたいなのはあったと思ったら、次また笑えなくなって
    福田さんがつかつかつかって来て「あれいらねぇな」言って
    サーっとどこか行っちゃう。その連続です毎日。

■役者になったきっかけ


福田:田辺さんの舞台、僕コメディのイメージしかないんですよ
田辺:好きなんですよ。もともとそっちへ行きたかった
福田:へぇ、そうなんですか
田辺:高校の時に、コントの台本書いて、友達3人組で映像のコント。
    ネタを映像でとって、みんなで見てる(笑)
福田:みんなで見る!
田辺:映像に目覚めてしまって、勝手なミュージックビデオとか、
   架空の映画の予告編とか(笑)見たくなるような

福田:変わりもんですね
賀来:どういう流れで役者さんに?
田辺:制作会社に行って、プロモーションビデオ撮ろうと
    僕モデルやってたから、オファーをいただくようになり、俳優の
    よく考えたら自分で撮ってるから、自分が出ると手っ取り早いじゃないですか
    演出もしなくていいし。だから役者の道はあるかなって、なんとなく
    最初一本だけオーディション行って、決まって。あとは低空飛行。いまだに。

■若い頃の貧乏生活


福田:この仕事して「食えねえ」って時期、ないんですか?
田辺:ありがたいことに
福田:あらららら、賀来賢人ガス水道止められた!
田辺:一番大事なライフラインなのに、払うの忘れてた?
賀来:ほんっとに、お金が無かったんですね。それこそ福田さんの舞台の時に
福田:初舞台やってる時に、毎日飯食わしてましたもん

田辺:そんな時代があったん
賀来:それが結構長かった。帰りの電車賃ももったいなかったんで
    稽古場から歩いて。福田さんはありました?
福田:俺はもう全然
賀来:なんだよ、ないんかい!
福田:違う違う、俺はもう最低の人生送ってるから。僕30まで働いてないんですよ
賀来:え?
田辺:働いてない?
福田:大学は成城大学。1回就職するんですけど、辞める事になって
    そっから30まで働いてない
賀来:知らなかった
福田:うちの親父が変わってて、30まで働かなくていいよという人だったの
    で、30になった時に、なんとなく生計が自分で立ってればいいからって
    言われて、家賃から生活費から、劇団の劇場費まで親に払ってもらってた(笑)
    サイテーでしょ
賀来:スネかじりにかじって
福田:そう。おやじ、すね毛一本もないの(笑)お前にかじり尽くされたって

    で、何を血迷ったか、28歳で今の嫁にプロポーズしちゃってるんです

賀来:無職で(笑)
福田:無職っていうか、放送作家的な仕事かじってたんだけど
    プロポーズした当時で、月収8万円ぐらいだった
賀来:なかなかやばいですね
福田:住んでるマンションが8万5千円ぐらいだから
賀来:おっと、計算が合わない
福田:これはちょっと仕事嫌いだけども、やんねえとな、って思ってやり始めて
    結婚式挙げる頃には月収200万円ぐらいに
賀来:すごいですね。いきなり飛躍しましたね
福田:そっからいわゆるバラエティ作家としての人生が始まってくわけです
    真面目に。つらかったですねえ、なんか。むいてなかったんじゃ...

■斉木楠雄のΨ難/共演、憧れの人の話

福田:俺ほんと田辺さん大好きで、何回オファーしたかわかんないですよ
    もともと田辺さんのあの、淡々としたコメディー空気が大好きだし
    感慨深かったですよ。やっと田辺さん来てくれたわ~って
賀来:あと、内田有紀さんにも会えたしね
田辺:デレデレなった
福田:僕が自分の部屋にポスターを貼ったことがある女性はたった二人
    キョンキョンと、内田有紀さん
賀来:すげ~。監督になるとそういうキャスティングもできる
福田:ハハハハ、違う違う。そういう~、あ、確かに
田辺:それは多少ありますよね
福田:あるよ。ないですか
田辺:ありますよ。色っぽい話じゃないですけど、こないだ水谷豊さんとご一緒さして
    いただいて。うわっと思いました。熱中時代なので。視聴率40%ぐらいの
    ドラマの中で、小田急線の東北沢に北野先生が下宿している設定が
    チラっと見えたんです。その時永福町に住んでたから、自転車で行って
    探しました。北野先生いるんじゃないかって。実際にいると思ってた
福田:すげーファンですね。このナレーションの小林聡美さん大好きで
    最初(対談で)会ったとき、ずっと隣に座ってました
田辺:やばい人じゃないですかそれ、伝えたんですか
福田:三谷さんと結婚されてる頃だったので。「やっぱり猫が好き」
    面白いけど誰が書いてんだろう、三谷幸喜さんて人なんだなってくらいですよ
    そっからっていうもの三谷さんに究極憧れていく流れがあるわけですけど
■コメディ

福田:難しいですよ
田辺:人生の切なさを表すには、対極の笑いがあったり、ほんとに行っちゃったら
    もう笑うしかない、そのコントラストが出るから笑いってものすごく重要
   僕もそういう作品作ってたけど、まともなの、友達って見てくれないんですよ
   ちょっとシュガーコーティング、糖衣するとみんな見てくれる
福田:僕もそれは思って。最後泣けるにしても、ここの笑いがちゃんと成立してると
    反動で泣くのも大きいと信じてるから。
    どう使うにしてもちゃんとやれてたほうが絶対。
    いつまでたっても分かんない。「IWGP」で宮藤官九郎すごいって
    宮藤君かっこいいなって。二つ下なんですよ
    三谷さんは上流、宮藤君はストリート系。憧れちゃう宮藤君の笑い
    そのふたりのスキマ産業的な笑いに俺が入ってる(笑)んじゃないかな
    いつまでたっても追いつけない感じがしますね
賀来:福田さんが朝ドラを..

■意識している俳優

福田:いるでしょ。意識してる俳優
賀来:同世代で?
福田:いないわけ無いでしょ
賀来:これ、ガチで、柳樂(優弥)君。同い年で。最初福田さんの「アオイホノオ」で
   見たときにあれ?って。ちょっと匂いがプンプンするなって、いいなって
   初めて感じた役者さん
福田:柳樂くんがいい仕事すると、キーってなったりするんだ
賀来:いやいや。ないです。会ったことないから
福田:会ったことなくたってあるでしょ。おれ、三谷幸喜、宮藤官九郎の名前があったら
    もうめっちゃ見るよ
賀来:ある時期はありました。もう若手俳優全員どっか飛んでけ(笑)
   下から菅田将暉!!山﨑賢人!同じ名前のやつ!
   舞台にずっと出てたのですごい思いがあって、やっと呼んでもらって
   (主演舞台・流山ブルーバード)
福田:今回全員を食うつもりで行くんです、って
田辺:熱いよね
賀来:コメディってジャンルが好きなんでしょうね。武器を見つけたというか
    結婚してからは、なるようになれ、と
    

« 徹子の部屋 NEWS 小山慶一郎 初登場 | トップページ | 水曜日のダウンタウン 日本の有名人知名度ランキングTOP100 »

ボクらの時代」カテゴリの記事

こちらも

feedly

  • follow us in feedly
無料ブログはココログ

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。