吉川晃司

2013.04.20

サワコの朝 吉川晃司 

時代劇の殺陣のシーンで 
この方がやらなくて誰がやるんだと思うほど
存在感の強い。

歌い手は肉体労働ですからね。
西郷隆盛やってるんで、体重も4~5キロ増やして。
ちょんまげで人格変われるし。へんしん!
●記憶の中できらめく1曲
ローリング・ストーンズ「Undercover Of the Night」

都会的な音楽をやってみたい、

流行りの音楽を勉強しないといけないな、と思ってた頃。
時代をうまく取り入れてると感動した。
ナベプロとは契約状態の頃。自分からアプローチした。
当時沢田研二さんとか山下久美子さんとかが
ちゃんとロックスピリッツを持っていながらメジャーもやってるのが
すごいなと思ってた。
あ、デビューアルバムは肩パットの男だ ←#あまちゃん
帯のコピーが
オリンピックの道もあったけど 、生きるならよりドラマチックに。
(←水球は今で言うU-20)
「すかんぴんウォーク」はVHSだけ?DVDもブルーレイもないのかな。

ザ・ベストテン「モニカ」
「吉川さん、どうしましょうか」
水のあるところではだいたい聞かれますよね。
あれね、一応やりましょうよというアプローチではない
「わかってますよ」
期待にこたえて じゃ、行きましょうかって。
自分から行くのはアホですよね。
ついこないだまで田んぼのあぜ道通って学校行ってた兄ちゃんが
きらびやかな世界に入るのは不思議だなあと
俺の思考がついていかなかったんですよ。
時間の流れが速すぎて。そんなに力が備わってないのに
持ちあげてもらっても見栄張るのも申し訳ないし
走りまわることで自分を安心させてた。
今は逆にアイドルと呼ばれたいと思いますけどw
操り人形感というのがあるじゃないですか。
父親に言われたんですよ
「お前は東京に出て行って、テレビに出て猿回しのサルをやるのか」
そんな。猿に失礼ですよね。
「なんだ、マリオネットになって何が面白いんだ」
「いや、マリオネットにはならないよ」なんかね、からかうんですよ
それで余計むきになってたのかもしれない。
いまやどうでもいいことですよ。10代ですよ。18歳~20歳までですかね。
僕がテレビでそういう風な状況だったのは。
●尾崎豊
デビューが一緒で同い年。
仲がいいというより、巨大な何かシステムの中にポンと落とされた子供。
彼も同じストレスがあったと思う。
彼のほうが大人でしたね「吉川気をつけろ」
- 何を? いろいろ・・・
気をつけようぜ おうおうおう しかしお前の服装はどうなの、って
お互い言ってるみたいで。「それカッコイイと思って着てるの?」「お前こそ」
「だいたいお前の音楽説教くさくねぇか」「お前こそチャラチャラ歌ってねぇか」
デビュー当時は作家さん付きっきりだったんですけど
徐々に俺の作品になっていって
やっぱり書けない時期なんかはどうしようかと思いました。
詞を書こうとすると手が震えて。恐怖心みたいなので。
うちに帰ろうと思っても駐車場までは帰るんですけど
うちに帰ったら作曲作業の続きをしなきゃいけない。
しめきりがあるでしょ。でもそれが強くしてくれるんじゃないですかね。

●布袋寅泰から受けた影響
デモテープも完ぺきに作る。
僕らは7割作って続きはディスカッションだったけど彼は完ぺき。
「吉川、7割はデモテープじゃねぇよ。100%作らないと」
彼との出会いは刺激になったし大変お世話になりました。
なかなか難しい。僕はバンドをやりたい。
隣の芝生はきれいに見えるじゃないですか。
(ずっとひとりでやってきて)近しい仲間にあこがれた。
でも経験したらひとりのほうがいいじゃないかって。
当時はね、ロックの世界の方が純粋に感じてた。
清濁併せのむと言う言葉があるなら「濁」のほうが多い気がしてた。
芸能の世界は裏側がつながってて一緒なんですよ実は。
それがわかった時にずいぶん楽になりました。
- 肩肘張っていてもしょうがないと
まだ張ってますけどねw
これ肩パットって言われてますけど入ってないんですよww
みなさんあれですよ、攻撃ですよ。これ肩ですよ。
カーディガン着てもリラックスできないw
俺はリラックスしてもらおうと思ってカーディガン着てるんだけど
●筋トレは公園で
うんてい難しいですよ。
スタジオに30人大人がいらっしゃいますが、5人もできないと思います。
ジムとかストイックなものは苦手。
※阿川佐和子は酔った勢いでうんていをして落ちたことがある
●歴史上の人物を演じる時は可能な限り調べる
お芝居をどう見せるとは考えず、どういう人だったのかと
西郷隆盛は格下で島流しに遭って
雨ざらしのおりだけ。南国と言えど寒いですよ。それを耐えた。
彼は大きなものを手に入れられた。すごい忍耐力。
いたしかたなく、多くの方を失う決断をしなければならない。
最後の最後まで悩んだ方だが、決断したら変えないみたいですね。
へそ曲げるところだけは(似てる)
時代劇とかヒーローものが好きで、現代劇には興味がない。
ハードボイルドが好きでね。
ハードボイルドは男が歌舞ける世界。歌舞いてナンボ。
隣の兄ちゃんは嫌ですね。
●今の日本でなすべきこと
次の世代に負の遺産ばかり押し付けるのは我慢ならない。
こっぱみじんじゃねぇか。
●今心に響く曲
デビッド・ボウイ「Where  Are We Now?」
60になったら、魚好きなんですし屋やりたい。
ひとまわりしたら60.


「Where Are We Now?」

div>


吉川晃司関連記事

2012.04.27

あさイチ プレミアムトーク 吉川晃司

俺って何?とか(視聴者に)聞いてみたい。

紅白の時は25年のときを経て再び国営放送に出続けるとは思わなかった。

朝からシンバルキックを拝めるとは。

好きな言葉 蘭心竹生中国の故事

嫌いな言葉 人生折り返し

亡くなる時に人生が完成するのに折り返してどーすんだよ

好きな女性のタイプ 着物のうなじに手をやるしぐさ

朝見ているテレビ番組 時代劇

タイムマシンがあったら過去へ。未来に楽しいものが待ってるとは思えない。

何でも満たされると文明ってどうなんだろね。

うちに「陽だまりの樹」全巻あるが 旦那が風呂で読んでしわしわにたわむ。

手塚治虫のひいおじいさん、良庵さんがモデル。

いまNHK「BSコンシェルジュ」には成宮寛貴が。

ミュージカル主演が1回だけだったけど

(舞台も)お客さんの前でやるエンターティメントだから。

舞台はたとえればマラソンなのかなぁ。

ずっとしゃべるのって、あご周辺の筋肉を鍛えないと

噛んじゃったりするし。

初日は緊張しましたよ。

舞台稽古のほうが嫌。

こどものころはやんちゃ。山登って間違って隣町に降りたり

いかだ作って川下ったら本当に流れたり。

小学校の卒業文集披露。「正義の味方僕ちゃん」

悪い奴をやっつける

水球の話もしていたが だって16歳で世界最年少メンバーだし。

ニックネーム「ベンジョマーク」「ベンジョ」・・・←体格のせい

・・・あっ、この続きはまたあとで。

ちょっと出かけてくる。

水球は泳いでいるふりをして当てる。反則がばれないようにやる。

先日オリンピック予選を見に行ったら 中国人選手の身長の平均が190センチ。

みんな前田日明。

デビュー直前の広島放送局の映像が。

「一応高校で水球の区切りつけて、もっとデッカイことをやりたくなったというか

マイナーじゃだめだ」

未曾有の大震災でみんな沈黙になっちゃって

自粛とかもあったけど、あれは委縮でしょう。

何の役にも立たないかもしれないけど体力だけはあるなぁと思ったし

とにかく(被災地に)行って考えよう、と。

なかなか一人で思い立っていくのは難しい。

現地では身分を伏せないと、こういう職業が一番邪魔だから。

いろんな方におしかりを受けましたが

2度目に行った時にはボランティアの体制ができていた。

何度か行くうちにやるべきことの整理を付けていった。

生涯おそらく忘れることはできない 消えることはないものを見てしまった。

俺はやれることはやったんだと自分に言い聞かせたい。

日本は岐路に立たされている。

俺はおれなりに頑張ったんだよと子どもたちの世代に言いたい。

ボクらの時代 サンドウイッチマン 記事参照

「ツッコミをやりたいらしいんですよ。なんでやねんって練習してるようだけど

僕ら使わないし。完全なボケですね。後ろからボケてもらう。天然」

2012.03.11

ボクらの時代 吉川晃司×伊達みきお×富澤たけし  ボクらの3.11。サンドウィッチマン。

とにかく小さい頃からの大ファンで

嘘でしょ?

M-1で優勝したときにカッコよかった。会社がでかいとこから出てる人も

たくさん居る中で、コネから出てきてないじゃない。

ホントに力もってる人たちが勝つと嬉しい。

「己の言葉足らずに嫌気がさした

声をかけられたのに言葉が返せなかった」

やり直せるものならもう一回。(吉川晃司)

目の前で僕らも自衛隊の方々を見ましたが、ホントにすげえ。

人間として生きることの根源を問われてる

ひととして何?ってことを考えるよな。

仙台も食べるものがなく暮らしてる中で 僕ら仕事で帰らなくちゃならない。

ムキになって話してるとみんな引いちゃって。

実際見たままを伝えなくちゃならない。

しゃべると熱くなるんですよ。たまに富澤がボケてくれる。ありがたい。

最初番組に出たときは二人とも怒ってて。

震災芸人と揶揄されることもあったじゃない。

マイナスは変えないとしょうがないんだよね。

戦わない奴は戦おうとする奴を叩く。

この現状を伝えてくれ、風化させないでくれって言われるわけでしょう。

すごく多いですね。

被災者の中には映像を流さないでくれと。

津波の映像を見たときにあの頃へ引き戻される。

視聴率の関係で。

当時は感動ドキュメンタリ流したり、今は復興しましたなんて

言うのが多いけど、そんなの3割しか居ないよ。

元気な人たちばかりじゃないよ。

瓦礫は5%しか片付けてないじゃない

ただ寄せてるだけだよ。この瓦礫の山どうするんだよって

東京に住む人は考えなきゃ

なぜ復興が遅いか。放射能ですよ。人災。

要は補助金を使わせてもらえない。そういう法案を作らない。

国を運転するハンドルに手をかけている人々ができない。

このままでは見殺しにされてしまう。

放射能は落し物。所有者が引き取るべきだよね。

我々が拾ったら1%もらうわけだよね。

福島県民が他県に引っ越す。いじめられる、差別がある。

駐車場お断りとか、許せない。

放射能を浴びた車だから?国が指針を示さないからだね。

なんか中途半端に煙に巻いてさ、保障したくないようにしか見えない。

核心に触れないうまい日本語は(冷温停止状態、とか)ありえない。

海外からの信用も地に落ちてる。こんな国他にありますか

イタリアから「外務省とサンドウィッチマンに」取材が来たんですよ。

なんだろ。終息宣言とか。絵に描いた餅だよね。

正しい情報を入れないと正しい意見がいえない。

今真剣にやらないとこの国はぶっつぶれる。

第2次世界大戦以来の岐路に立たされている。

3月11日はそういう日なのよ。

(このままだと)子供たちに負の遺産を背負わせるんですよ。

大きな犠牲を乗り越えた後のひとたちは強さにおいて

太刀打ちできないよね。

広島が焼け野原になったときの「ちっくしょう!」って気持ちだよね。

8月6日のように3月11日も黙祷してもいいよね。

怒るの手伝うよ。

吉川さんから漫才やろうよっていわれたけど

吉川さん完全なボケですよ。

お芝居みたいな感じで?

そのときはよろしく。

3月11日を以て、ブログは5周年を迎えた。

父の誕生日、3月10日に「どうやって、どこのサービスでブログを書こうか」と

思い、初投稿が11日。

2007年3月11日の記事は、後で読み返してつまんなかったので削除。

4年後に東日本大震災が起きるとは勿論想像だにしなかった。

自選エントリ(震災関連)

●アメトーーク 女子プロレス芸人 2011.3.11 参照

投稿時間は朝。おおよそ5時間後に震災が起きた。

当日はほとんど記事アクセスがなかったが、数日後にどどんときた。

●東北地方太平洋沖地震を受けて、すべてが自粛モード

(順次追記あり) 参照

「東日本大震災」ではなく「東北地方太平洋沖地震」という通称。

ツィッターを通してひとが見えてくる。

隠岐の相撲で「引き分け」がある、とツィートしただけなのに

「なにが悪い!」と怒られたひと。

なにかというと「不謹慎だ」と騒ぐひと。

ガセを信じ込んでリツィートしまくったひと・・・

父親にメールを送りながら死んでいった気仙沼の女の子はいなかった 参照

↑素人のストーリーテラーとしてはうまいが、丁寧に検証するとボロが出る話は

震災翌日からツィッターで拡散された。「家具の下敷きになりながらツィートした」

のも嘘だったし。

いま思い出しても怖い。

気仙沼ちゃんの動画は、現在削除となっている。市井の人だから、

著作権があるのだろう。

●東日本大震災後の「都バスで飛ばすぜぃ!」民放とtwitterから思うこと 参照

どうやらテレ東は、通常番組の再開がいちばん早かったとみえ。

これ書いたの、最初が3月16日だから、再開は前日のよう。

そしてこのへんからフジに対する攻撃がなされたようでもある。

「はねトび!」はどんな時もあんな感じだが。

地震発生から数日間の、余白の多い番組欄。いつまでも記憶に残るだろう。

本日の民放、番組タイトルに「みんな」「つながろう」「きずな」とある中

テレ東だけがいつもどおり。「イラっとくる韓国語」

ついログによれば、本日はツィッター開始から777日経った日。 

今朝の読売1面の見出し

「時は流れない 雪のように降り積もる

人は優しくなったか 賢くなったか」

浜省「悲しみは雪のように」やら

小田和正「Goodtimes&Badtimes」やらいろいろ思い出してしまいました。

そしてコボちゃん。

宿題もプリントも忘れてたコボちゃんが

「東日本大震災 あれから一年・・・」というテレビを見ながら

「だいじょうぶだよママ あの日のことはボクがいちばん長く

忘れないでいるから」と言っている。

2011.04.16

吉川晃司、キンスマでライオンキング状態?

マサイマラでの吉川晃司。

いくら「サバンナの夜」「Juicy Jungle」(動画参照)歌ってるからってねぇ。

でもなんだかんだ言いながら結構楽しんでるじゃないの。

あ、ナレーションは楽しんご&渡部陽一でしたね。

おかげで余計にでも真剣味が薄れる気がしたんですが。

ま、小田さんの「たしかなこと」も流れたし。

なんでも小田和正流せば格調高くなるってこった

でもこのコーナーのどこがライオンキングなんじゃ。

「モニカ」から27年経ったんだが、当時、今こんなことをしているとは勿論思ってなかったわけです。

高い所にねぐらを、と言って、6時間かけて木の上に作ったり、

前回のように長ぁい時間かけて火起こしをやったり(→現地のマサイ族だかガイドだかが、うまい具合にライフルや火起こしセットを渡してましたね。人間は決して一人じゃないってことですね。なんのこっちゃ)、

アフリカミツバチの巣から蜂の子(→ローヤルゼリーの3倍の栄養)を取り出して丸かぶりしたり。

リュックサックに穴をあけてマスク代わりにし、ハチの巣に手を突っ込んでみたものの当然視界が悪く、手に蜂の針が刺さりながらも蜜を取り出す姿は、ほとんど獰猛なクマのプーさんそのもの。

エビで鯛を、じゃなかったカエルでナマズを一本釣りする姿とか、いい塩梅に川があったもんですな。

彼のやってることは、35年ぐらい前の川口浩、

20年ぐらい前の藤岡弘、、

はたまた生前のいかりや長介アフリカ紀行、

野球浪人中の長嶋茂雄がサイに「ジャンボ」と言って追われそうになるのと、

あんま大差なかったりなんかするわけです。

そういえば彼らも40代後半でそんなことやってましたね。

ただ、内心からかいつつも、このコーナーだけを心待ちにしていた自分。

もちろん「ひとり農業」も見てました。

見ながら思いだしたんですが、他局なんだけどDUSH村はどぉなっちゃったんだ?無事は確認されたもののすべての作業・収録を中止してるってHPにはあったが。

話は戻るが、吉川さんの収録、いつだったんだろ。なんかね、このコーナー、構成が残念だったね、何となく思うんですが。

2009.12.05

吉川晃司と無人島完全版 by金スマ

ガタイのいい男がフィリピンの無人島へ。

子供の頃に見ていた川口浩探検隊、いかりやさんのアフリカ好き、近年なら藤岡弘、(自ブログ参照。)を思い起こさせる。

10月に放送された時は結構な視聴率だったらしい。(→14.7%)

ならばということで完全版を放送したが、今回裏の日テレは「カーズ」(→うちの坊主はこれを見て「どっきり」を録画)だしな。

飛行機が2時間遅れてしまい、夕刻に到着したのがケチのつきはじめ、というか、予定調和なのか。ちょっとキレかかってたね。シンバルキック一瞬期待した。

水球をやっていたのはよく知られているが、ボーイスカウト出身なのは知らなかった。まぁ最低限その程度の知識がないと無人島に行くのは無謀だ。でもイザという時はスタッフもいるし、完全に「ひとり」だったわけじゃないからな。ってそれをいっちゃあおしまいよ。

普通ボーイスカウト5人ぐらいで作るねぐらを2時間かけてひとりで作り、オオコオモリの恐怖に耐えながら漆黒の一夜を過ごす。でもあれってねぐらと呼べるのか。

賛否両論(→ブログ検索してみると「賛」が多い)を読んでいたら結構楽しめた。

無人島生活するにしては確かにこじゃれた服装だな、とか、シャコ貝喰っててよく腹壊さなかったな、とか、普通あれだけ水飲まなかったら脱水症状どころの騒ぎじゃないぜ、身体能力が高いからったって怪しいだろだの、吉川ファンのおいらでも突っ込みどころ満載だった。

そんなに文句あんならお前同じ生活してみろ!と思うかもしれない。でも2億の保険かけたんだったら保険証書見たかったw

ほらみろ!完全版なんか放送するから前回の感動が薄れたじゃないかっ!てかおいら前回見てないけど、見てなくても、初めて見てなんか変だな、と思うのにさ。

芸人どっきりってさ、泣かせる必要があんのかね。ナイツ。泣きといえばちょっと前の別番組のまえだまえだ、みたいなもんか。あれもそこまでしなくても・・・いや、世間一般で言われてるほどまえだまえだ好きじゃないし。半月テレビブログ更新しなかったけど、忙しいのもあるけど、見たいものもなかったのさ。

そういえばスマスマ打ち切り説って根強いね。同僚と昔のBCRについて話してたら「ベイシティローラーズってさ、今でいうSMAP・・・いや、嵐ぐらいの人気があったねぇ」って言われた。なんで言い直すのよ(笑)

2009.07.23

SONGS/吉川晃司・山下洋輔

もう「RAIN DANCEがきこえる」だけで満足だっ。

24年前おいら高3だったんだけど、当時この曲は12インチシングル。(→同じ年には明菜の「赤い鳥逃げた」なども12インチで発売)

確かFMでエアチェック(死語)して聴いたときは重低音バズーカ状態で、耳にズコズコベース音が残る曲って印象が強かった。

でも昨日のSONGSのバージョンは昔より聴きやすかった。どちらかというと、以前のバージョンの方がかっこいい気もして好き。(→85年当時のPVはこちら

山下洋輔とコラボするなんてことは、想像もつかなかったし、ましてや「終わらないSun Set」がジャズバージョンになるってのも思いつかなかった。山下さんの好きな曲なのね。

「すかんぴんウォーク」(→つみきみほはどこ行っちゃったんだろう)から「天地人」信長に至るまで映画もテレビも結構見てるし楽しんできたなぁ吉川晃司に関しては。なんつか、80年代のアイドルの枠に入れたらいけないと思わせる、水球やってたあのガタイのよさ。→方言か?スケールのでかさと風貌て、おいらの同年代の男の子たちにもウケが良かった記憶がある。しかしまさか「BE MY BABY」があんなCMに使われようとは。別にいいんだが。

NHKも過去を許せるようになったのか、ギターに火をつける紅白の映像を、彼の「若気の至り」というコメントとともに流してたな。

「曲ができず、5ヶ月間、誰にも会わなかったこともある」

「土とか水とか木とか、そういうものに触れたくなった」

なんだろ、全く同じことを言ってるわけじゃないのに、同番組に布袋さんが出た時を思い出した。あとは「天地人」の乗馬シーンでお世話になったシグロと触れ合ってる時かな。うん、ありふれた表現だが少年みたいな穏やかな顔つきだった。でもこのひとは毛利元就の子孫だから敵対関係だね実際は。

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly