徹子の部屋

2017.03.24

徹子の部屋 河合美智子 脳出血と婚約者・峯村純一の話

稽古場で足がどんどん固まって立てなくなったんですね
救急車が来て、救急隊員の方と喋ってるうちにろれつが回らなくなって
もっと出血してたら穴を開けたりとかしなければいけない
聴いてる人も何言ってるかわからなかった。
どんどん足も手も固まって。丸太が付いてるみたいな感覚
物体になったような感覚でしたね。動かすのが辛いので
私の病気はなんですか?説明されるのが怖いので
3日ぐらいは聞かないようにしてた。覚えてないんですけど。
もともと血圧が高いとは言われていたんですけど、40代ですし。

婚約者の峯村純一さん
「そうやな、大変やけど、おもろいで」
おもしろいの?あたしはこれから先どうなるのと思ってたのに
その後のリハビリも明るい気持ちで楽しく。

峯村:最初は宇宙人かと。どっかにテロップ出てないかなと思うぐらい
    右利きなので筆談もできなくて
    一晩で「おはよう!」言えるようになってびっくりしたんですけど。
    こっからは面白く楽しく過ごしてもらおうと。足はまだ麻痺が残ってる。

発症3日後の映像出た
足は今もまだ「キュッと力が入った」状態

峯村:靴を脱ぐ作業が結構大変で。「動くな!」「動けない!」状態。
    うちの父が「壁にぶち当たったら、しめた!と思え」言ってて
    河合にもそれ言ったらノってきて。

だいぶ前の「わが心の大阪メロディー」に出てなくてどうしたんか思ってた。
オーロラ輝子もそうだけど同い年なんでデビューからの記憶がある。
「黒いドレスの女」同時上映が「恋人たちの時刻」だったし。

私、多感な頃(動画:1983)
ニベアスキンミルク 動画 CM

2017.03.01

徹子の部屋 佐藤愛子 戦いすんで日が暮れて 借金の話 

せっかちですからね
なんでもたったったったとやる。だからよく転ぶんですよ。骨だけは丈夫。

めでたくないんですよ
目は見えなくなってるし、歯も1本悪い
世の中と強調して生きていけないってのありますね。
インターネット系のこと全然わからない。
なぜ売れるのかもよくわからない。代わりに怒ってくれてるというか。

徹子:すごいんですよ36年前って。57歳でおいでになられた
佐藤:そうですかね(1981年出演時の放送を見ながら)
    税金取られるから働かないなんて浅はかなこと言ってますね
    この年になればね、それだけ収入あれば持って行って頂きましょうという
    気持ちになるんですよ。どっちにしたって後まもなく死ぬんだから
    だからどんどん税金差し上げましょう。
徹子:あたしびっくりしちゃうの。年賀状お作りになるでしょ
   みなさんびっくりなさいますよ。(孫と体操服姿で撮った写真)
   おみ足が綺麗なのね
佐藤:人に見せるというより自分で楽しむ
徹子:お声が大きくていらっしゃるので、元気だと伝わる
佐藤:元気だと思われちゃうんです。だからなるべくいろんなマスコミでの依頼もね
   体が疲れますのでお断りしたいんですけど。声が大きいと
   「ちょっと体調が悪くて」というわけにいかないんで。
   初めにちょっと弱々しい声で「もしもし佐藤ですけど」(笑)
   押し問答してるうちにだんだん大声になっちゃう(笑)
   「だからダメなんですよ!!」て感じに
   今日を最後に、明日からはもう引きこもると。引退です
徹子:ご飯なんかもご自分でお作りになる?
佐藤:娘とは二世帯住宅で、2階に娘、下はアタクシ一人なんですよ。
    生活のリズムが全然違いますからね。食事にしろなんにしろ。
    全く別々の日常になってますから
徹子:大体どんなもの召し上がるんですか
佐藤:粗末なもんですよ。上等の料理は作れないけど、お惣菜は割とよくつくる
徹子:お野菜の煮たのとか
佐藤:そう。書斎で書いてると作るのがレクリエーションになる。
    たくさん作らないと美味しくないから。そして2階の娘の所へ。
    2階まで持っていくのがめんどくさいから階段の途中に置くんです
    そしたら向こうもそれを見ておりてくるから、なくなってるとああ食べたんだなと。
徹子:ベッドと机が近いところにあるんですね。いい考えだなと
佐藤:必要に駆られましてね。眠ってからちょっといいの思いついたりね、
    さっき書いたの、あれまずいから、そういう時に起きてすぐできるように
    一緒にしたんですけどね。別々だと面倒だからすぐ寝ちゃうんです
徹子:わかります。やめようと思うとすぐやめられる
佐藤:そうです
徹子:ペンでお書きになってるんですか
佐藤:そうです。ワープロとか見たこともないし、したくない
    私やっぱりあんまり頭良くないんだと思いますけどね
    ワープロでやる人は頭ん中に文章が出来てるんだと思うんです
    私は書かないと次の言葉が出てこない
    書くことによって次の言葉を引き出す感じなもんですから。

徹子:でも自筆でお書きになる時、ホントかどうか、3回お書きになるとか
佐藤:最初は雑に書くんですよ。それから清書しながら雑に書いたものを
    ちゃんと文章に書く。最後に渡すでしょ、そうするとやっぱり丁寧に書く。
    結局3回。しつこいんですよ。だから流行作家にはなれないですね。

徹子:ご主人がものすごい借財、借金を
佐藤:会社潰れましたからね
徹子:そうですってね
    その時体を揉んでくれた人が言ってくれた言葉があったんですって?
佐藤:会社潰れて、2億からの倒産額だと。
    さすがのあたしもご飯を喉に通らないみたいになりましてね
    ちょうどその日、小学校の同窓会に行く事になってたんですけど
    とてもそんな元気がないから、整体の先生のところに行ったんです。
    あたしの背中をずっと見るなり
    「佐藤さんどうしたんですか、いつものあなたの体と違う。
     何があったんですか」と言われて
    実はかくかくしかじかだと、今日は同窓会に行くつもりだったけど
    先生のところに来ちゃったんです、と言ったら
    「佐藤さん、これから同窓会に行きなさい。
     大変な事が起きた時、そこから逃げようとするともっと苦しくなる。
     正面から受け入れて。逃げないでやったほうが楽なんですよ」と
     楽なんですよと言われたら、楽になりたいという一心で

     同窓会に行ったんです。行ったら
     「夫の会社が倒産したのに同窓会に来るんだ」と言われまして。
     普通の人はノコノコ来ないんだと。来られたことが力になりまして。
徹子:それで書いたのが直木賞おとりになった
    「戦いすんで日が暮れて」
佐藤:それで旦那は逃げちゃって、どこにいるかわからない
    夫はいないというと奥さんがなんとかせいと。
    めんどくさいというよりわけがわからない。肩代わりのハンコ押せって
    それで押しちゃったわけですね。10年かかって払いました
    あたしが払ったのは3千万ぐらいに利息入れて。
    昭和42~3年ぐらいの話。
    今はマイナスでもプラスになるチャンスってあるんですよね。
    あたしが40~50代の頃って、エロ電話が多かったんですよ。
    ばあさんになるとエロ電話もかからない(笑)

「晩鐘」は作家生活の総ざらえ。売れてくれれば嬉しい。
それを書き終えて空っぽになったんですよ。
書きたいものが何もないし、どんどんうつ病みたいになって。
起きてもすることが何もない。寝てても起きててもどっちでもいいって生活に。
起きる必要のない生活っていうのはね、一人ではね。
このままではダメだって時に女性セブンから話が来て
「何がめでたい」を。
こういう時は心理学者が分析してもダメです(笑)
じっとするしかない。虫になったような気分ですよ。
気乗りはしなかったけど、書くことだけはあたしに残された唯一の生きがい。

徹子:それで50万部売れたと
佐藤:あれが売れるなんて日本はお終い。特に怒ってる感じではないです自分では。

   

2017.02.09

徹子の部屋 兼高かおる 21年ぶりのお客様

58年前、海外旅行がまだ夢だった頃に、世界を旅する番組をお作りになった方。

■兼高かおる世界の旅
初めは(番組名に)「兼高かおる」と付けてなかったんです
外国を見せるご本人が出てないとは何事だ、ってことで
番組名を「兼高かおる世界の旅」にしたいと変えられた。
そうなると責任重大で、人生の重荷を背負ったようで。
番組に捧げた我が青春ということになってしまいました。

徹子:この方はディレクター。取材交渉からナレーションから全部
兼高か:一人で全部やったわけじゃない。本職がいてそばにわたくしが。
徹子:JFKと会っていらっしゃる。随分大きな方で私びっくりした。
兼高:実際に会った時はそんな大きい方とは。
    ほがらかで、健康そうで、そして気取らない、素晴らしい男の人。

1959年には画家ダリの自宅で取材
兼高:もっと素晴らしいお話ができたと思うんですけどね
    約束時間に4時間も遅れて行ったんです。彼のおうちは岬の上にありまして
    ワインパーティーやったんです。乾杯したら、グラスの中に指を突っ込んで
徹子:おいしいかどうかって?
兼高:なんかもう、変わってましたね

31年続いた番組をやめた時、母が
「かおるの夕食を何にしようか考えなくて済む」と言った。

香蘭女学院時代は徹子さんにとって憧れの先輩だったとか。
写真に撮られるのが大嫌い
徹子さんより5歳年上。1928(昭和3)年生まれ。90歳近い。

■動画

世界の旅 エンディング 動画  
オープニング 動画  
youtubeで2017.2.9放送の動画がもう出てる 参照

2016.12.23

徹子の部屋 千葉県出身のシンガーソングライター ピコ太郎

身長は2メートルマイナス16センチ
巨人時代の松井秀喜選手と同じでございます

徹子:トランプ元....元じゃないや(笑)今度大統領になられる方の
    お孫さんがやってらっしゃいまして
ピコ太郎:びっくりしました
徹子:世界中のかわいい子供がやってるかと思うと嬉しいじゃないですか
ピコ太郎:子供にハマるとは全く思わなかった。ペンとパイナップルとアップルで
      何がっていう...みなさんホントにやっていただきまして
      プロデューサーの古坂大魔王さんが(笑)
徹子:お作りになったっていう
ピコ太郎:いやもう驚き桃の木20世紀です(笑)
徹子:5億入ったそうですよ、何がなんだかわかりませんって
ピコ太郎:朝起きたらインターネットで「ビーバーがリツイートした」
      おれホントのビーバーかなと思って(笑)ジャスティンビーバーで。
      (ツイートは9月7日)
      トランプさんはニュースで見ました。日米の前かなんかで
徹子;どういうところから「This is a pen」..
ピコ太郎:I have a pen です(笑)荒井注さんになってしまいます
 プロデューサーの古坂大魔王さんのところで曲を作ってるんですけど
      元々のメロディは15~6年前からあったんです
      あれを流しながら歌詞を書こう、じゃやろうか、って
      何も思いつかなかったんでペン持ってたんで
     「I have a pen」古坂さんがふっと笑ったんで
     飼ってる猫も笑ったんで「猫にも通じたか」(笑)
     古坂さん青森出身なんでそこにリンゴがあったんです
     リンゴがあったんで「Ihave an apple」
     古坂さんも猫も見てるんですね。「う~ん!」古坂さんも笑って猫も立ったので..

徹子:ピコ太郎というお名前は、どうして?
ピコ太郎:本名です(笑)名字がすごい個性的なので、バレてしまうので
徹子:いいんです(笑)
ピコ太郎:本当のことでございます
徹子:ほんとう??本名がピコ太郎、それ本当のこと。
    であなただいたいお年は何歳ぐらい?
ピコ太郎:53に
徹子:奥様が78ってのは本当?
ピコ太郎:はい。まだ新婚ですけれども76で結婚して多い味と書いて「多味(タミ)」
       母は..きちっとして、合気道をずうっとやってました

徹子:お母様のこと、怖かったでしょう
ピコ太郎:反抗期なんかで「もうっ!」(合気道のように)小手返しとかで
徹子:あなたが徹子の部屋にお出になるのは、お母様お喜びだとか
ピコ太郎:電話かかってきまして「明日何があるの?」
      「徹子の部屋に出る」「うぅわ~~!!」言ってました。
      あれ、死ぬのかなと思いました。
      いままで色々素晴らしい番組出さして頂いて、
      「徹子の部屋って、あれ、存在するんだか」東北の方の出だから

CNNからもBBCからもメールが来たらしい
ギャグかなと思ったらホントだった。翻訳ソフトで訳した

ミヤネ屋でもしゃべった家族構成

古坂大魔王がメッセージ寄せてるの見て徹子さんが「顔の形がすごい似てる」
ピコ太郎:僕はすごい丸顔、結構球体。

ピコ:徹子さんを前にして「オニオンペン」とか
徹子:いいわよ。頭引っ張ったりしなければ

「PPAP玉ねぎバージョン」なかなか徹子さんと合わなくて
ピコさんが「楽しい~」

ロミータハシミコフもだけど赤星がミヤネ屋で爆笑した「ヒヨコ選別」が頭から離れない
来年、2017年の冬はどうなんてるんだろうピコ太郎

2016.12.12

徹子の部屋 柏原芳恵 ハローグッバイ 最愛 レースの話

■ハローグッバイ
徹子:同期生には松田聖子さんとか、みんなベストテンにお入りになられた
柏原:松田聖子さん、河合奈保子さん、トシちゃんとか岩崎良美さん
徹子:春なのには本当に名曲。ハローグッバイとどっちが先なの?
柏原:ハローグッバイ(81年)
徹子:元々はお作りになった方が南こうせつさんのお兄さまの喫茶店。
    そこにお入りになった時にソーサーと、書いてあったんですって
柏原:(作詞の喜多条忠さんと)仲良しでいらっしゃって「ハイあなたに」と
    もってった曲だよって、こうせつさんに教えていただいた。
    聴いていると感動する瞬間がぐぐっときました。
    実際にハローグッバイという名のお店があって出来た曲。
    お茶を飲んでいると(カップが皿に)行ったり来たりするじゃないですか
    今はもう店はないんですけど。「もうすぐベストテン」で呼んでいただいて
徹子:あの頃トシちゃんとかみんないたもんね
柏原:でも一人だけ中学生みたいな感じで、なかなか..
徹子:中に入れなかったの?そうなの
   
※カップ&ソーサー登場←神棚に飾ってあります

81年動画

■最愛
徹子:香港で大人気におなりになって
柏原:2011年、ビビアン・チョウさんの25周年で「どうしても芳恵に来て欲しい」って
   23~4歳の時に「大ファンの人がホテルで待ってるから会ってあげて」
   デビュー直後だったかな。私の「最愛」で大スターになったと。
ビビアン・チョウ「最愛」動画   

ハローグッバイの頃からずっとオファーいただいていて
コンサートやってほしいと。85年に単独のコンサートが。
空港からタクシーで皆さん追っかけてくださって。

徹子:ベストテンでは何か思い出あります?
柏原:「最愛」の時、ベストテンのMC席あるじゃないですか
    徹子さん久米さんいらっしゃって
    その真ん前にピアノが置いてありまして、生放送で弾くわけじゃないですか
    あれほどヘタクソな最愛のイントロはないと思うくらい手が震えていました

トップテンならあった 動画

※春なのにを歌う
■レースの話
徹子:皇太子さまがあなたのファンでバラの花束を
柏原:原色ドライフラワー。家宝でございます。
徹子:びっくりしたんですけど、あなたレーサーも。そういう風に見えないんだけど
    ずっとやりたかったんだけどいつも事務所に反対されて
柏原:そうですね。ある日「よしえちゃん運転好きだよね」言われて
   「オーストラリアサファリラリーに参加することになって。
   9日間、6500キロ。
徹子:夜なんかどうするの?
柏原:夜はひとりで寂しくテントで寝袋だったんです。
    初めての経験でドキドキ不安な感じ。レースの方たちは
    「よしえちゃんは完走を目標にしよう」と言ってくださったので心強く最後まで
    オーストラリアからシドニー、ダーウイン、どこだっけ、山
    エアーズロック。シドニーを出発するときは真冬なんですね
    ダーウィンについたときは真夏なんです
徹子:あら大変
柏原:ただ夜になると零度とかになってしまうので
    出発する時は車が凍ってる。朝サンドイッチが凍ってて昼に溶ける
徹子:あなた最初パリダカを反対されて
柏原:そりゃそうです。とんでもない。夢。
徹子:オーストラリアも大変だったわね
柏原:ワニが生息する所を通って、大雨が降って、どろんこになって
    そこにハマってる車もいっぱいいる。ワニはとりあえず無事に通った。
    虫も苦手なんですけど
    「よしえちゃんのために完走」言われたのでスイッチが入って
    一応車の中は二人なんですけど、
    サポートカーのほうが2回転半で起き上がったって
    作曲家の中村泰士さんから連絡があって「エコカーやってみいひんか」
    なんですそれ、ちっともわかんないまんま参加したら
    寝そべってアクセルもブレーキも手で動かす。
    1時間の間にどのくらい走れるか。
    止まったからってそこで降りるわけにもいかない。

関連記事
マツコの知らない世界 柏原芳恵 ロボット掃除機

2016.09.22

徹子の部屋 福山雅治 父とおばあちゃんの話

今日はせっかくの、あなたにおめでたいことがあったので
珍しいもの出しますから驚かないでくださいね・・

※なぜかタマネギ頭から扇子

お子さんがお生まれになる?いつごろなんですか?

一応、冬というふうに・・

いや、アタシ、夏生まれだからね。夏は平気なんですけど冬は嫌なの

(笑)僕も冬生まれなんですよ

あ、そうなの。お誕生日いつなんですか

2月6日

(写真は)小さい頃。とっても大きい子なのね。ぷくぷくしてらっしゃる

僕が3人兄弟の一番下なんですけどね

何考えてたんでしょうね。将来結婚なさった時みなさんが「福山ロス」とか
いろいろ大変で「ましゃロス」とか・・

タモリさんなんかもお肌が綺麗なんですけど、僕らお湯で、素洗い。
そのせいなんじゃないかって


肌がお綺麗でなにより

あんまり言わないでください。んふふっ

ご家族のお話とてもあなたの・・なんて言うんでしょ。
あなたのがどういうお生まれかお育ちかあたしよく知らないんですけど、
学者のおうちのお生まれかと思ってたんですよ
お父様は博打好きだって キャッキャッ(笑)お酒飲むのと博打好きだったって

そうなんですよ。うちの父親はですね、あんの~
基本、仕事はほぼしてなかったんですよ。


もともとはなにを?

一応宅建取引の免許は持ってたっぽいんですよ
一応自宅も○○不動産って、不動産屋さんだった。
物件情報4枚ぐらいは窓に貼ってたんですけど、とにかく誰もいない。
自宅兼事務所には誰もいない。人が来るの見たことがない。
父親は僕が朝小学校に行く時、向こうからグラングランに酔っ払って
でっかい牛乳瓶飲みながら歩いてくる危ない人がいるなと思ったら父親だった
「雅治、なんばしよっとや」「今から学校に行く」「ちゃんと勉強してこいよ」
この人に言われたくないなと思いながら(笑)学校に行ってた。
大概昼までは寝てるんですよね。


考えられないですよね。今のあなたのご生活から考えると

でも麻雀ばっかりやってました。雀荘に入り浸ってる人だったんですよ。
僕父親に言われてたのは
「雅治、家に電話がかかってきたらこう言え。社長はいません」(笑)


ひまわり full PV

でもお父様に言われた言葉は忘れない

そうですね、僕が子供の頃タバコを買いに行ってこいとお使いを頼まれて
それが近所のタバコ屋さんに売ってなかったんですよ。
ちょっと遠くまで行って、しばらく時間がかかったんですよ。
小学校低学年の頃だった。母親がちょっと怒って
「帰りが遅いけん心配したやろ」
父親が
「いやいや、雅治は俺が頼んだやつを探してわざわざ買いに行った。
 根性だけはある」と言ってくれたんですよ。
後にも先にも褒められた記憶がそれしかなくて、自分が東京に来てからも
特別音楽の才能があると思ったことがないですし、でも父親が
「コイツは根性だけはある」と言ってくれた、
そのことがすごく自分を支えてくれた気がする。


お父様のことがすごく好きだったんだと思いますね。
高校生ぐらいの時に亡くなった?

17の時ですね。不摂生もあったと思うんですけど、ガンで。
1年ほど闘病期間がありましたね。福山家にとって一番辛い1年間。
やんちゃというか、徹子さんがまさにおっしゃってくれましたけど、
他のお父さんとは違うやんちゃな感じが好きだったんですよ。
ちょっとどっかで自慢もあったかもしれない
「俺はいつ死んでもいいんだ」酔っ払って言ってた。
「いつ死んでも後悔はないし、好きなことをやって生きてきたから」
闘病生活の最後は抗がん剤等々で体がどんどん弱ってくるので
死にたくない、死にたくないとよく言ってた。
こんなに突っ張っててやんちゃだったオヤジでもこんなに弱っちゃうんだなって
しんどかった。
でもいい葬式だったので、いつか自分もそういう葬式して欲しいと。
自宅でやったんですけど、麻雀仲間が来るんですね。
仲間の中でも最もやんちゃっぽい人が泣きながら、
「あきらさん、あんたこれだけは役満できんかったね」
九蓮宝燈って言うんですけど、父親が麻雀好きだったんで、
自分は嫌いで出来ないんですけど、麻雀牌泣きながら並べて九蓮宝燈やってて。
いい友達のいる人生だったんだなと嬉しかったですね


おばあ様が農家で?

母方のおばあちゃんも、みかん農家だったんですね。
母もそうなんですけど、僕の手も節が太くて似てるんですね。


ばあちゃんの手はホントに働いた人の手ですよねえ
細かいことから大きなこと、力のいることから全部やれる手って感じ

ありがとうございます、そう言っていただけると

ああいうふうないい写真見ちゃうと涙が出ちゃう
記憶に留めてあっても見ると違いますもん。写真に撮るとね

入院生活するときの手も(写真が)あるんですけど
あまり使ってない手になっちゃうんですよね。
その手で僕らも母親も育ててくれて


あなた、あのおばあ様からもお金借りた(笑)

はい。人生で人からお金を借りたのは1回2回ぐらいしかないですけど
長崎いるときにバイクが欲しくて20万円借りた。
上京するときお金が欲しくて、バイク売ったお金が20万になったんですよ
高値で売る事が出来て。


後におばあ様に返した?

倍にして返しました。

ほんとぉ、おばあさま喜んだでしょうね

喜ぶかと思って倍にして返したんですけど
逆に心配しまして「雅治、東京で悪い仕事してるんじゃないか」(笑)
「あきらさんもああいう感じだったし、雅治は東京に行って悪い人と
 悪い仕事をしてるんじゃないか」と。
セカンドアルバムを出した時に入ってきた印税ほぼほぼですよね。40万。


幼少からきれいずきで、綺麗になさってたんですって?

母親がずっとパートで出てたので
自分のことは自分でやらなければいけなかったですし
洗濯とかも自分でやんなきゃいけなかったので、そのせいじゃないですか


今でもリモコンはきちっと並べてないと嫌

並べてないといつの間にかリモコンのボタンとボタンの間に
クッキーのカスみたいのついてたりするじゃないですか(笑)
ああいうのを爪楊枝とか綿棒でとるんです。


私毎回テレビのリモコンを探すんです(笑)
全然違う。決めとけばいいのにね。

一緒に生活するとちゃんと置きますから「徹子さん、ここですからね」って

何回も言われるとそこに置くようになりますよね

食生活で決めてらっしゃることは

僕お酒が好きなので、そこは父親に似てしまったんですけど
なるべく毎日飲みたい。


死ぬまで飲みたい

毎日飲みたいので、お酒以外の刺激物をなるべく取らないようにしてます

常温で飲めるようにしてある

体に刺激のあるものはお酒だけにしてます。

赤ちゃん生まれるじゃない?先のことだからわかんないけど生まれたら・・

泣くと思います。絶対泣く。泣きにかかってるところもあります(笑)
赤ん坊が泣くのと同じぐらい泣こうと思ってる。
なんでしょうね、感動の涙だと思うんですけども
悔しくて泣く、悲しくて泣くって、今までの人生でたくさんある。
きっと赤ん坊、子供と対面するときの感情には
なんとも名前が付け難く、なんともできない、する必要のない
なんとも嬉しい感情だと思います。
僕が泣いてる姿を撮っておいたほうがいい。



2016.09.07

NHK  スタジオパークからこんにちは 黒柳徹子徹底解剖

徹子さんに聞きたいこと
今の言葉で言うKYちゃんな若い頃だったのが、
どんどん人付き合いが上手になっていって、テレビでも人の話を聞くのが
どんどん上手な人になってるので、どういう風にやるのかな?
興味持ってみてます

徹子:KYって何?
清水:空気読めないを略してKY
徹子:あたしは小さい時、KYだったの?・うーん・・
    人のお話によるとねえ
真下:なんか申し訳ない
徹子:いや、いいんですけど(笑)「トットてれび」とかね
   そうかもしれませんね。お話ちゃんと聞いてないってね。
   今はもう感心しますよあたし、自分でも。昔の校長先生にお見せしたいと思う。
   世の中の話聞いてるじゃないですか。頑張って大人しく(笑)
   あのね、自分が付き合いたいって思う人とね、
   大部分と付き合わなくたっていいじゃない?あたしそう思いますよ。
   自分が好きな人、その人の話は聞きたい。その人のそばに行きたいと思ったらね、

   こちらも一生懸命ニコニコして、なんとかその人に気に入られるようにする。
   そうでもないかぎりいちいちいちいちね、アアタ、一億人も人がいるんですから。
   仲良くすることないじゃない。

清水:ありがとうございます
真下:ズバット
清水:想像以上でしたね(笑)
真下:ただ番組ではね、必ずしも、徹子さんが聞きたいという人だけが来るわけではない?
清水:苦手な人って当然ゲストにいらっしゃるわけですから
徹子:ああ、あたくしが?そんなことはないです。どうしてかっていえば
   お願いしてる番組でしょあたくしが。お願いして出て下さるとおっしゃったからには
   出て下さるおつもりなんだから、話してくださるだろうと、100%以上
   その方にお願いをするってことになってる。
   もう何にも言わなくても話して頂けるなって思っております。
   話したくないのに来るってことは、あんまり人は思わないもん。長いんですから
   心を決めて来てくださってるんだろうとは思いますから。
   それなりにあたしは敬意を払いますけど「話してくださるんですよね」っていう
   自分の中ではそういう気持ちでお話をします。信頼ないとできません。
   今1万人ゲストですけど、どの方もただの一人も当日いらっしゃらなかった方は
   いないんですよ。これ契約してるわけでも何でもないんですよ(笑)
   世の中には当日いらっしゃらなかった方があるかもしれない。1回も。
   気分がのらない方は一人もいらっしゃらなかった。それが嬉しい。
   今日だって気まぐれな人だったらわかんないですよね。

トットてれび
(満島さんは)研究してらっしゃる。テレビ見たり喋り方とか全部。
そういうものがそっくりだったですね。
人付き合いは得意も何も。NHKくると個性が邪魔だって降ろされてね。
テレビもラジオも全部。あちらがKY
あたしもいけなかったんだと思いますよ。

悩み事なんかあるのかな
夢とか目指して心が折れそうな時って。いろ。いろ人生経験してるから聞いてみたい
仕事がきついとき心を入れ替えるいい方法があれば

あたし悩まない。人間ですから悩むことはありますよ
くよくよしたりとか。ひと晩寝ればだいたい治っちゃいます。
一生涯かけて悩まなければならないことってあるかもしれません
そうかといって。一生涯かけて悩むようなことは死んじゃうまで悩まないといけないから
死んじゃったらそこで終わり。そう考えると何も悩むことはないんじゃないかな。
ひと晩寝ればだいたい治りますね。くよくよしない。
もうひとつ、若い時人と自分をどうしても比べるじゃないですか。

女優さんなんてさ、あなたお分かりだろうけど
顔の綺麗な人の勝ちみたいなところがあるでしょ?だけどそんなのいちいち
比べてたら意味ないってことがある日分かったんですよあたし。
自分は自分って思ってね。人と自分を比べない。
それからくよくよと考えない。すぐ忘れる。次の面白いことに飛びつく。
世の中って面白いことあるじゃないですか。そっちへ行くと悩みは忘れます。
自分が大したことある人間と思えば大変だけど、たいしたことない人間と思えば。

あたしなんか大したことない。どうして出世できないんだって
自分も偉くなるように頑張ればいい。
あんな若いのに心が折れそうなんて、どういうんでしょうね。
若いから折れそうなのかな。折れそうに見えない(笑)
ひとりひとりの面談で相談に乗ってあげてもいい。悩みは一人ひとり違う。
悩むより自分には何ができるだろう、と思った方がいい。
あたし嵐とか(コンサートに)行くのよ。だだだんだだだんって3時間ぐらいやってると
体中の血が煮えたぎる。世の中の悩み事は全部消える。

(徹子さんは日本の宝物です、というメッセージに)
そんなこと言って後悔するわよ。
演劇も不得手で素養もないのにNHK入れていただいて
1年ぐらいおろされた時も落ち込みはしませんでした。
ただ早く帰ると母が心配するので。みんなが終わるまで待って。

番組中、東京23区は震度3の地震が。
「そんなに揺れました?」

■髪型の謎
※若くして亡くなったヘアメイクさんにやってもらったのが
 玉ねぎ頭の始まりだったような。名前思い出せない。

ファミリー劇場でおさな妻やってて(1970年 麻田ルミ版)
徹子さん出てんだよね。

■関連記事
あさイチ 黒柳徹子 イノッチ画 リアル徹子の部屋 2013
金スマSP ザ・ベストテン  2013

2016.08.30

徹子の部屋 長谷部誠 「ハンブルグ?」「いや、僕今フランクフルトです」

徹子:常に心が整っている日本代表キャプテン。
   しっかりもので好青年。長谷部誠さんです。
   お背も高くてかっこいい方。何センチですか?

長谷部:180センチです

徹子:日本代表でいらっしゃる。筋肉やなんかも。ちゃんと着けるべきものは着けてる

長谷部:そうですね。トレーニングは普段から。ほとんどみんなそうだと思いますね

徹子:あの・・ちょっと、筋肉触ってもらえって(笑)

長谷部:腕も全然。はい。

徹子:触り方が・・でもやっぱり相当・・この辺(肩から腕)すごいですよ
    (脇横)ここすごい。わかりました?あんなところが
長谷部:いやちょっと恥ずかしいですね
徹子:それであの、サッカーなんですけど、結構知りたいのは
   始まる前にコイントスってのをやって。誰と誰がやるんですか?
長谷部:両チームのキャプテンが出て行って、審判がコインを投げて裏表。
     陣地といいますか。どっち攻めるか、そういうのを決めますね。
徹子:そんなことをごちゃごちゃなさってるの、あたし知らなかった。
   でやっぱり、陣地をどっちにするか・・
長谷部:特に自分たちを応援してくれてるサポーターの方に向かって
     後半攻めたいというのがあるので、それは結構大事です。
     監督にも結構言われますから。
徹子:キャプテンでらっしゃると、審判とかにはその国の言葉でしゃべるのですか
長谷部:国際試合であれば英語ですね
徹子:今ドイツにいらっしゃるんですね
長谷部:はい
徹子:ハンブルグ
長谷部:いや、ぼくいまフランクフルトです(笑)
徹子:ごめんなさい、結構似てるけど
長谷部:似てますね
徹子:ハンブルグ
長谷部:いやっ、今フランクフルトです(爆笑)

徹子:ごめんなさいフランクフルト。ドイツ語の時もあるけどだいたい英語。

長谷部:ふだんぼく、あんまり点を入れたりするような選手じゃないので
     こういうとこ(VTRで)取り上げていただけてありがたい。
徹子:ここにあるのは
長谷部:スパイクです
徹子:今こういうふうに半分半分の色
長谷部:はい、僕が履いてるスパイクはこういう風に色が違う
徹子:お名前が書いてあって。「誠」と
    向こう側のはインコみたいな色で(笑)横にピンクがすっと
    これは、サッカー以外には履いちゃいけないんですかね?
長谷部:いや、ランニング用の靴とかでもこれで
徹子:ランニング用に欲しい

長谷部:ホントですか
徹子:ほんとほんと。こんな素敵なものがあるって知らなかったです。
長谷部:じゃ、贈らせていただきます。履いていただけるのなら。
徹子:じゃ、ちょっと後で、サイズとか・・あ~嬉しいな

内田篤人(VTR):どっちかって言うと僕は長谷部さんを助けたい感じなんで
           僕が全部っていう感じじゃない。
           (この話は)話したことないです。
           アップとか並んでやるときも、いつも長谷部さんの後ろに居て
           そういう姿も見てますし

長谷部:僕もキャプテンやらせていただいてるんですけど
     チームメイトに恵まれて、内田はじめいろんな選手が僕をサポートしてくれて
     それで僕もやれていると思っているので。
徹子:キャプテンはこうであるべきだ、っていうのは何かあるんですか?
長谷部:キャプテンに限らず組織のリーダーは、やはりその組織に合ったリーダーだと
    思ってて、僕がたまたまサッカー日本代表チームで、上手くハマってるのか
    わからないですけど、そういうところで自分が「上手く収まった」感覚が
    やっぱりあるので。僕が違う企業に行ったらうまくやれるのかって言ったら
    そうは思わないですし。




遅刻が努力を無駄にする
遅刻は物事に対していい加減に思ってしまうのが現れる。
ギリギリで行っていいかなって時はその用事が重要ではない

30越えたあたりからあまり寝れなくなってしまって
飛行機の中でも、日本に来てからでもそうだし。
時差ボケに関しては悪戦苦闘してます。

徹子:じゃ、本番終わってからでいいんですが
    あたし1回も時差ボケしたことないんで。自分で考えた方法があるんです。
   お教えします。

日本代表みんな困ってるんで・・

外見は自分だけのものではない
徹子:20代の時はロン毛で茶髪だったんですって?
長谷部:高校の恩師の監督のところに挨拶に。
     高校の時は耳にかかってはいけないとか黒髪でとかいうのがあった。
    すごく寂しそうな顔をしたので、やってはいけないことをしてるなと。
    自分の見方は、いろんなひとのものを背負ってるんだなと。


2016.08.24

徹子の部屋 阿川佐和子 父・阿川弘之のこと、お見合いの話。

阿川:去年(2015年)、8月3日に亡くなりました。94歳ですからもう大往生で。
徹子:お父様としてはもう少し長く書き続けたかったんじゃないの
阿川:元気な頃から「もう一切書くのをやめる」と言っていて。
    筆を折るって言うんですか、そんなことを言いながら本は読んでたものですから
    親の話はなんとかだ、とかいうもので「じゃ、書いたら?」
    さり気なく「うーん・・」と言いながら入院しながらも
   、唸ってることはあったんですけど
    出版社の人には「言うなよお前!俺は書かないぞ!書かないぞ!」
    言いながらね。
徹子:阿川弘之さんはなんといっても「山本五十六」とか「雲の墓標」
    それはともかくあなたのご結婚について。
    小さい頃はお母さんになるのが夢だった?
阿川:うちに勤め人もいなかったし、父の仕事と家庭とが一体になってましたでしょ。
    視点が主婦なんだけども、母が亭主の世話をしてるのしか
    見たことがなかった。あたしも外で働くなんて、女性の活躍の場なんて
    想像もつかなかった。あたしも専業主婦になるんだけども
    父よりもうるさくない男性を見つけて、幸せに結婚したいなって夢見てました。

■お見合い話

徹子:お見合いは何回かしたことがあったの
阿川:何回かやりました。
徹子:相手の男性にお父様が難癖つけたって?
阿川:若い頃「ちょっとこの人とお付き合いしようかな」と思うと難癖つけるんです。
    学生時代にちょっとお付き合いしてた人が背が高いと、
    「なんだあのマッチ棒みたいな奴は」なんか文句ばっかり言ってた。
    それなのに大学卒業してお見合いの話をいくつもいくつもやっても
    なかなかうまくいかなかったら、27ぐらいになってから
    「お前どうすんだ今後は!」って怒り始めて
    「歌舞伎の世界は27は老婆だぞ!老婆!」って言うんですよ(笑)
    「老婆どうすんだ老婆!なんでもいいからズボン履いてりゃ誰でもいいから
    結婚しろ!」「前に付き合ってたマッチ棒はどうしたんだ!」
    もうお別れしちゃって知らないですよ
    「好きだったんだろ?ヨリ戻したらどうだ?」そんな無茶な話がありますか。

徹子:お見合いの時ってあなた内気で
    初めての人とあまり上手に口がきけないってタイプだった?
阿川:根は無口ではないけど、初対面の人って、誰も助けは受けないで
    しゃべんなきゃいけないでしょ?女の方が静かにしてなきゃいけない
    「あの..ご趣味は?」とか。初対面経験というのは数打ちました。
徹子:今インタビューやってらっしゃる、とってもいい予行演習だったんだって?
阿川:今思えばね、無駄じゃなかった。全部話はまとまりませんでしたが。
徹子:現在まとまってらっしゃればいいじゃないですか
阿川:昔黒柳さんもお見合いなさって。。
徹子:3回しました。決まりかけました。
阿川:お母様とコートをお作りになった
徹子:ええ、オーバーを4枚作りました。いくら相手がいいお家でも、
   お洋服は作っていただけないだろうから、じゃオーバー作ってあげます、
   すっごい綺麗なピンクで、グレーの柄のついたオーバー。
   でも結局なんだかんだで、最終的にやめたんですよあたし。

阿川:お見合い話を
徹子:なんていうの、結納近くまで行ったんですけど

阿川:もうお勤めしてらしたんですか、その時
徹子:NHK入ったばっかりの時。
    テレビ見てて「こいつ俺がお見合いして振った奴だぞ」言われると嫌だから
    振ったほうがいいなあと。ごめんなさいと謝りに行った。
    とても良かったんですけどやめたんです。
    あたしがオーバー着て出かけようとしたら母が「結婚詐欺!」(笑)
    毎週言われてました。成れの果てで結局行かれなかったんですけど

阿川:黒柳さんについていきます
徹子:いえいえあなたはまだ若い

※ここまででまだ5分しか経ってない

■亡くなる時の話
10年前(2006年)、父娘で徹子の部屋に出演。

阿川:息引き取る瞬間には間に合わなくて、1時間近く経って
    たどり着いた時には止まってまして
徹子:あなたお父さんの耳元ですごい大きな声で(笑)
阿川:日野原先生から昔、死にかけたと言ったらアレですけど
   「色んな体力はなくなるけど聴覚だけは残る」お話を伺って
   まだ聞こえるかなと思いまして「もしも~し!」
   「父ちゃん聞こえる?」とか言って
   そのちょっと前に父の昔書いた本の増刷が決まって
   「何部増刷」って言うと決まって父は「いくらだ」言うんですよ(笑)
徹子:お金の話から入るわけですね
阿川:それを言うと喜んで息を吹き返すんじゃないかと。
    ちょうど30万入る事がわかってたので「30万!」(笑)
    「30万だぞ!よかったな!」ピッと起きたらいいなと思ったんですけど
    起きなかったです。
徹子:でも聞こえたでしょ
阿川:どうなんでしょう。あたしが何べんも大きな声で。
    みんなしんみりと涙を流してるのにあたしが「30万!」
    看護婦さんがぷっと笑って。何をやってんだこの娘はって感じ。
徹子:世間では偉大だと思ってたお父さん。亡くなるときあなたは
    どんな気持ちでしたか?
阿川:亡くなった瞬間は、あ、そうなんだと。3年半老人病院に入って
    足も弱めて寝たきり状態だったので。頭はしっかりしてたので
    なおさらのこと、今の状況が情けないというか、自由は利かないし。
    「さっさと死んじまいたいよ」と言ったり。
    周りの仲良かった、遠藤周作さんとか北杜夫さんとか
    親しい人達みんな亡くなった。父としては早くあっち逝きたいって気持ちが
    強かったように思ったんですね。
    口では言ってても生き残りたいように思ったかもしれないけど、
    痛みもなく比較的安らかに亡くなったので、よかったなという気持ちが
    ちょっとありましたね。これ以上苦しむのも辛いだろうと。

■すき焼きと最期の言葉
阿川:病院は本当に美味しかったんですよ。でも長く入院を続けると
    飽きてきちゃうんで。
徹子:大体細かく刻んであるでしょ?
阿川:噛む力も少なくなってくるから、まずいって言い出したんで
    どうしようかなと思って。とにかく食べることが好きだったもんですからね、
    なんとかうまいって言わせてやろうと思いまして、はたと気づいて
    病室に電磁調理器を置いて。そこにすき焼き鍋をおいて。
    材料持ってってジャーっとそこですき焼きを・・
    他の病室からクレーム来るんじゃないかと思ったんですが、
    病院の方々が本当に親切で、大丈夫大丈夫って言って。すごく協力的に。
    さすがにやわらかいものしか食べないようになりましたけどね
    牛肉とお豆腐なんかを焼いて、熱々が食べられるんですね。
    わりに頻繁にすき焼きをやってました。
    亡くなる直前だったんですけど、とうもろこしの天ぷら好きだったと思って
    うちでチャッチャッといい加減に揚げて、持ってって
    「作ってきたんですけど食べますか?」「あぁ」
    口に入れてしばらくしたらべぇっ・・ティッシュに取ったら「まずい」(笑)
    これが父の私に対する最期の言葉となりました。
    最後まで家に帰りたがってましたし
    「母さんと別々に俺はここで死ぬのかな」なんて呟くように言うんですよ。
    かわいそうだな、なんとか家に連れて帰ろうと思うんですけど
    そうするとあたし、仕事全部やめなきゃいけないし
    それは大英断だなと思って、結局連れ帰らなかったのは親不孝したなと。
徹子:いろんなことからするとね、清潔でいられるしね。
阿川:入院してから母に対する発声ぶりは凄かったんですよ。
    周りに聞こえるよに怒鳴り散らす、しょっちゅう泣いてるし、
    娘から見てもあまりにひどいから「離婚したら?」小さい声で。
    それぐらい母にガンガンガンガン言ってて。

    私が母を連れて行くと「お前は大丈夫か?」(母の)手を握って。
    うわ握ってるぞ、と思って(笑)母は照れくさくなって
    「佐和子の手も握ってあげてくださいよ」別に興味ないって感じらしいの。
    佐和子の手は興味ないの。
    帰ってから「母さん嬉しかった?手を握られて」聞くと「今更ね」(笑)


うわここは身につまされる。うちも入院が長いんだ父の。

追記:2016.11.16 ついに結婚へ
Yahoo! Newsより

       
   
      

2016.06.08

徹子の部屋 酒井若菜 膠原病、向田邦子の話など

●板尾創路さんの一言
徹子:だいたい芸能人ってそうなんですよ。
    元気な時は別だけど、疾患の時はなんとなく皆に言わないで済めば
    言わないでいようってするじゃありませんか。
    お母様にお電話なすったって?
酒井:そうですね。私2回休業してるんですけど、その時にも母に全然言えなかった
    いかんせんリューマチで動きができない。
    ちょっとこれはさすがに実家に帰るかも知れない。頼るかも知れないと
    黙ってられなくなって。どうしようかな、でも心配かけちゃうとなった時に
    板尾創路さんが
    「親に心配かけてしまうかもしれないけど、話すことも親孝行だと思うよ
    それが結構目からウロコだったんです。
    心配かけちゃいけないって気持ちだったけど、
    確かにこのことをずっと親が知らなかったら、さらに傷つけてしまう日が来てしまう。
    って考えて、板尾さんの言葉を受けて、ちょっと母に話してみようと電話しました。
徹子:すぐお話できました?
酒井:もうどういう風に話そうかなって思ってたんですけど、電話がつながった途端に
    泣けてきちゃって
徹子:今までの我慢がね
酒井:母はなにか悟ったんでしょうね。母も何も話す前から泣き始めちゃって。
    ひとしきり泣いてから「実は今体調がちょっと」
徹子:離れてるとお母様心配なさるでしょうね
酒井:そうですね、いつでも帰ってらっしゃいと言っていましたし。
    「お母さんだって貯金あるんだよ。明日仕事やめてくるから、あなたのそばに
     ずっと一緒にいるから」って。
徹子:ありがたいわね。そういう風に言ってくださる人いないもんね。
酒井:だから心配かけたって気持ちももちろんあるけど、そういう本音の会話を
    交わせたことが何よりも大きかったですね。
徹子:徐々によくおなりになったんなら、一旦はお帰りになったの?
酒井:会いには行きました。

●膠原病
徹子:徐々に医学が発達してるわね。
酒井:初めてかかった19歳の頃は、膠原病は不治の病、治療法はないと
    当時言われていて、先生に
    「治療薬が見つかるとしたら20年後かね」と言われて
    ズキンと来ることもあったんですけど、今年36になるので
    まもなく20年になるので、 全然希望はあると思ってます。
    周りの方は板尾さんに限らず「全然希望がないわけじゃない」
    最初抵抗があったんですけど、公表したら
    「公表してくれてよかった」今となっては良かったと。

向田邦子流魔法のインスタントラーメン
徹子:手早くておいしいの。向田さんのお料理。
酒井:真似しやすくて、料理の苦手な方にも簡単に作れる
徹子:向田さんね、魔法のインスタントラーメンっていうの考えたのある日。
    サラダオイルをフライパンにいっぱい入れるの。
    プチプチってなるじゃない。生姜とニンニクをいっぱいすりおろしておいて
    火を弱めて入れるの。表面がニンニクと生姜のプチプチでいっぱいになって
    茶色くなってきたら止めて、油は冷めたら瓶に入れて冷蔵庫に。
    インスタントラーメンを食べるとき、スプーンでちょっとしゃくって入れるの。
    すっごい美味しいの。ちょっと匂いがして。
酒井:のり弁もよく真似をして。最初ちょっと炙って上に鰹節とお醤油を混ぜて
    乗っけて、ミルフィーユみたいに重ねて。
    「向田魂」爆笑問題の太田さんにはかないませんけど、女では多分一番だと
    思ってますね。

    

※トットてれびの第5話は、向田さんが飛行機事故で亡くなるまでの話。
 ずっとみてるけどあれがいちばん悲しくなった。
そういえば菊地直子の役やったよね。
1000年後に残したい報道映像2012 菊地直子

    

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly