中森明菜

2014.11.16

【感想】NHK SONGS 中森明菜 蔵出しSP 栄光と苦悩。

なんでしょうか。

ラテ欄のワイドショー的なサブタイトル。

明菜が語る栄光と苦悩 涙で歌う・・ラブソング
まだ本調子じゃありませんよって言ってるよう。

「蔵出し」だけあって
「SONGS」じゃなく「深夜版レッツヤン」「深夜版紅白」
テレビ見ながら一人カラオケした視聴者は、きっといる。
まさにウルトライントロクイズ状態。
■曲
スローモーション~少女A~1/2の神話~北ウイング~十戒(1984)~
飾りじゃないのよ涙は~ミ・アモーレ~DESIRE~難破船



若い頃って
すぐにパンッ、とインスピレイションで 掴んだらすぐに
すごいパワーが湧いてきて
グワッと実現できるっていうか
作るアレが、すごいスピードで出来てたんですけど

(2009 SONGS より)
気分良かったんでしょうね。長嶋茂雄的な擬音使ってる。

売野雅勇:中森明菜は、僕の作り上げた詞の主人公を見事に演じ
       脚本以上の映像を作ってしまう。
       素晴らしきシンガー・アクトレスだ。

●ステージづくりの苦悩

喜んでもらえるように、やんなくちゃやんなくちゃって
プレッシャーかけますし
ましてや生のステージ、ライヴ
こういう衣装で喜んでくれる
こういう感じでいいのか
みんな満足かな?もっとこうしてほしかったんじゃないのかなとか
でもキリないわけですよね。たくさんの方がいらしてくださってるから
でもひとりでも多くの方に
ひとりでも「ええ?違う。私こうだと思って来たのに」
と思う人が、いないようにいないように
一人でも多くの人が「ああよかった、よかった」って
思ってもらえるように・・って思うと
楽しくないんですよ。もう必死で。必死すぎちゃって。
楽しくないっていうのは違うんですけど
楽しんでいられないんですよ。


2009・SONGSより

う~ん、今も気持ちは変わってないとはいえ、過去の映像なのね・・
2009年の再放送じゃん。
でもあの時書き起こししてなかったので。

●名曲カバーを歌うこと
オリジナルは、基本的に入ってますから
なるたけ聞かないように、します。
じゃないと、ただでさえ思い出も深いし
オリジナルを歌ってらっしゃる歌手の皆様の印象が
明白に残ってしまっているので
聞いてしまうと、コピーではないですけど
心まで伝わってしまって、新しい武器ではなくて
モノマネのようになってしまってはいけないので。


●I LOVE YOU(尾崎豊) 歌のみ 動画参照 ←放送されたものじゃない
彼の場合は、言葉と言葉の間が
すごく高められてる(←なんて言ったかわかんないけどそう聞こえた 
気がするので。そういうのがどうしても歌ってても
バーンと来ちゃいそうな気がするので、それを払うのがいっぱいいっぱい。

何を聞いても元彼が脳裏に浮かぶ人、多かろう。
今の明菜ちゃんはどうしているのだろうか。
結局全部再放送だったじゃんか。
中森明菜と尾崎豊は同い年。
「十戒」も「飾りじゃないのよ涙は」も30年前。
昭和40年生まれは来年50歳。
無駄に長生きしたもんだぜ。

別館にも記事有り 
中森明菜オールタイムベスト 収録されなかった曲たち

2012.10.28

マツコのDX音楽会・短い感想: 近藤真彦 松田聖子 中森明菜

●近藤真彦

いとうあさこがマッチのコンサートで

「シブがき隊に半年浮気してました」云々と紙テープに書き

2階席から投げたそうな。

ベストオブマッチは、二転三転するも結局「スニーカーぶる~す」?なわけ?

「ハイティーン・ブギ」か?

ご本人は「ギンギラギンにさりげなく」を推してたような・・・

30代の頃いつまでもこの曲を歌いたくないと思ったことがあったらしい。

しかしいとうあさこの席がマッチの隣で

これ以上はないベストポジションだった。

11月21日発売の「LET'S GO!」を歌っておられましたが

「かっとばせ」なんて歌詞があるのでなんだろと思ったら

「超速変形ジャイロゼッター」の主題歌。

マッチの身の置き所がないし、マツコの3分の1ぐらいしか顔面積がない。

彼は始終恥ずかしそうに、てか、やりにくそうだった。

なんか非常に人口密度の高い番組と言うか

あんなに女芸人がいるかしら。

馬場園なんて82年組真っ盛りに生まれたかなんだか知らないけど

いくらリアルで覚えてないからってありゃぁないだろ。

米倉涼子だってちゃんとプリプリって答えてたのに。

(ま、厳密にはプリプリは88年以降なんで、90年代の人たちだね。)

YOUと島崎和歌子とマツコで事足りるw

●松田聖子

マツコ「30過ぎたら聖子のよさが分かる。明菜派だから聖子大っきらいだった」

ああ~わかるわかる。

ベストオブ聖子は「チェリーブラッサム」

意外ねえ、なんだか。

大体自分と対極のキャラにいる女子が

聖子だチェッカーズだマッチだって言ってたんだ。

「前髪(の長さ)、3年生はフミヤまでいいけど1年は(高)杢までね」

それ光浦が言ってたのかな。渥美半島の半透明女。

ワタシも明菜派だしヨッちゃんだし。

ありとあらゆる歌番組の映像を寄せ集めてきた感じがする。

秘蔵じゃないよね全然。

そういえば80年代アイドルのうち

斉藤由貴、吉川晃司、松田聖子、中森明菜は12インチシングル出してたっけ。

(←あくまでもこの番組に出てきた人たち)

12インチシングルはやたら曲が長くて、アレンジに凝りすぎた作品が多かった。

●中森明菜

かえすがえすも友近の「上の歯と下の歯を合わせた」モノマネでしか

明菜を振り返れないのが残念さ。

曲は自殺未遂以前の「LIAR」までを紹介。

「マツコは、マッチに明菜のことを訊けばよかった」的な意見が

ネットで散見されるけど

あのメンバーであの流れでそんなおかしなことやるわけない。

マツコが好きな曲は「BLONDE」だった。

ベストオブ明菜は「ミ・アモーレ」

まさかのちに片瀬那奈がリメークすると思わなかった。参照

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうもマツコはキョンキョンがあまり好きでないのか

「小生意気」を連発し、小泉今日子のベストソングも定石の

「なんてったってアイドル」ですんなり決めていた。

流れた映像は歌謡大賞だったりトップテンだったり

ベストオブ80年代が薬師丸ひろ子「Woman~Wの悲劇より」だったり

ベストオブジャニーズが「忍者」だなんて変化球もいいところで

非常にツボだったわけですが

その映像の上で昔の水泳大会じゃあるまいし

アブちゃんや光浦靖子や大久保佳代子が

一緒に口ずさんでる表情を見るにつけ

ああ~また見てしまった

今は君らが見たいんじゃないんだ~~!!と

思ってしまうのでありました。

忍者って13枚もシングル出してんのに

なんで「お祭りマンボ」しか記憶にないのかしら。

2011.01.31

HEY HEY HEY 中森明菜に冠徹弥は誰でしょう?

明菜ご本人の現在に関しては諸説ありますよね・・・帯状疱疹だの重病だの難病だの。もう心配ったらない。もう友近のものまねやミッツの似ていないエア明菜で我慢するしかないなんて悲しすぎ。

しかし今日のメンバーはすごいな。ミッツマングローブにマツコデラックスにクリス松村、芳村真理。もうオカマバー全開だが。こういうときははるな愛ってお休みなのね。マツコが「SOLITUDE」の時にファンが離れて行った、みたいなことを言っておられましたが、なんか聞いたことあるようなないような話だ。曲調が違うから?それいうならアルバム「不思議」の時じゃないかな・・・なにぶん84~85年当時の話だし、みんな記憶があやふや。

昨今はこんなのも出てますが、高級ブティックでの大当たり「スターどっきり」は収録されてるんだろうか?↓それにしても昔の歌唱は短いな。2分半ないんじゃないかってぐらい「少女A」に巻きが入ってる。

バブル期は歌番組のセットもCMもほんっとに金かけてますわな。もろゴージャス。見ごたえあるよやっぱ。番組中で流れた「TANG NOIR」なんかもまじかっこいい。このまま引っ込んでしまうのが惜しい。

84年1月と言えば、おいら盲腸で入院してたんだが、どうやら石川秀美「スターダスト・トレイン」がランクインしていたようだ。1位は「北ウィング」で、あの衣装も秀逸だが。杏里「悲しみがとまらない」というとどうしてもザ・ベストテンの犬事件を思い出す。

ところで。

冠徹弥?

すまん、40過ぎると「冠」の続きは「二郎」だと思うのだが、こういう方々だったんですね。デトロイト・メタル・シティ。お笑いという形じゃない方がいいと思う。確かに回り道だな。こういう番組に出たら(^^ゞ

なにはともあれ、明菜ちゃんがこれで終わったら勿体ない。オカマの方たちだって断末魔の叫びみたいにラブコールしてたじゃないか。彼女たちが曲が流れてる間何しゃべってたか、ニコ動状態で字幕流してくれたらおもろかったのに。

2010.11.23

解禁!㊙ストーリー 山口百恵「秋桜」 中森明菜「DESIRE」 海援隊「母に捧げるバラード」

山口百恵の「秋桜」エピソードが出るとのこと。

だから、SONGS 山口百恵 秋桜 いい日旅立ち へのアクセスが増えてるんですね。

ううむ、1回他局で使ったエピソードを2次使用するのかな。そらぁ、ちょっとは話が違おうけど。さださんも気前よくしゃべるなぁどこででもセイ!ヤングさだまさし。

もとは「小春日和」というタイトルだったんですね。

明菜ちゃんのエピソードじゃオカマバー、もとい、藤倉さんという方が登場。

彼女のわがままは 理にかなったわがまま。「自分が選んだものをファンの方がダサイというならしょうがないけど、人が選んだものをダサいといわれるのがいやだ」

レコ大の2連覇のかかった「DESIRE」は、周囲の反対を押し切ってこだわりを通す。

ジャケットの衣装決めで思いもよらないことを口にした「着物で歌いたい」スタッフは猛反対だが譲ろうとしない。歌詞に描かれた女の情念に「やまとなでしこ」を連想したのか。

着物では歌いづらい曲だしな確かに。

おおなつかしい「ザ・ベストテン」の映像。

やりやがったな かっこいいな

オーダーメイドで作ったんだあの衣装。目でも楽しませるために。

野球のピッチャーの振り付け!おお。高校の謝恩会でやったな。サウスポーに似てるピンクレディーのw

で、この番組、今本人は病室で観てる・・・わけないか。

ナイナイの岡村みたいに中森明菜も重病説があるし。「帯状疱疹」に始まり「白血病」説まであったぞ。岡村だってガン説読んだ時はぶっとんだぜ。どっちもガセであってほしい。

キター腐ったミカン

鈴木Q太郎・・・じゃなかった武田鉄矢、海援隊ですね。

なみなみとコップ酒ついで「お前には貧乏神がついとる。こういうときこそ乾杯じゃ」と言った母イクさん。

それからひらめいた「母に捧げるバラード」

なのに8000人を集めたチューリップとの福岡合同ライブじゃ「帰れ!ひっこめ」コールの中で

僕にふるさとなんて なくなってしまったんじゃないか、という、あの一節。

・・・とここまで書いて

百恵と明菜と武田鉄矢の共通点って、言うまでもなくTBS系のドラマや歌番組に出続けてる、出たことがあるってことなんだよね。

休みたいとか 遊びたいとか 一片でも思うてみろ鉄矢

そんときゃ そんときゃ 死ね

初めて聞いたときは、子供心に恐ろしやと思った「死ね」のフレーズ。ここだけピックアップすると今でもなんか怖い。例えば授業をさぼった生徒に先生が言ったら、今だったら大問題になろうかと。ならんか。だって今は疲れたら休んでもよい時代・・母親が子供に行ったら虐待かな。そこまでないか。自分より上の世代には「母に捧げるバラード」名曲なんだろうけど、ちょっと違和感か自分たちには。

福岡繋がりの話なんだけど、無理やり感あって悪いけど、今日RKBラジオで「博多熱風塾ホリデースペシャル」最初から最後まで聞いてました。その中で富永倫子さんが「この世代にはこの曲っていうの、ないと思うんですよね」みたいなこと言ってて、すんごい共感した。そうだよ。最近アラサーにはこの曲、アラフォーにはこれが想い出の曲みたいなコンピレーションアルバムやらラジオ番組が多すぎる。今日のローカルは幅広い選曲といいしゃべりで11時間半があっというまでした。この場を借りて短い感想。

2009.08.20

SONGS~中森明菜歌姫スペシャル その2

曲目

異邦人

なごり雪

恋の予感

「異邦人」は、誰のバージョンが一番好きですか。

本家本元久保田早紀

Zard(正確にはTAK MATSUMOTO feat. Zard)

徳永英明(参照

長山洋子

30年前に久保田早紀を初めて聴いた。6年生だった。世の中にこんな美しい旋律の歌があるんだと感動した覚えがあり、その後彼女のヒット曲がなくなってもLPを買い集めた。だから個人的には彼女のバージョンが一番だと思うし、ギター部分のカッコよさと憂いのあるボーカル、というのならTAK MATSUMOTO feat. Zardだろう。長山洋子だと、無理やり着物を着せられた異人さんが、ひらひら踊りながらどこかへ飛んで行ってしまうようなイメージがある。のは自分だけか。明菜ちゃんのこれは「SAND BAIGE~砂漠へ」を思い出す。はかないねぇ。

2夜楽しみにして待っていたんだけど、昔の持ち歌をなぜこの番組で歌いなおさないのかな。音域がきついのか。いやニューアルバムのプロモーションのために出てるから。

「BLOND」「難破船」「水に挿した花」「LIAR」「ジプシークイーン」「FIN」・・・・ディナーショーやライブでは歌ってるんだと思うけど。昔のレッツヤンから「スローモーション」「セカンドラブ」多分紅白あたりからのもので「DESIRE」「ミ・アモーレ」最近の「落下流水」(順不同)が流れたが。このところyoutubeあたりで80年代のものをさんざん見てるからなぁ。キャッチフレーズ、たとえば岩崎宏美だと「天まで響け 岩崎宏美」百恵ちゃんだと「人に目覚める14歳」なのに明菜は「ちょっとエッチなミルキーっ娘」・・・なんなんだこの80年代ぷんぷんなフレーズ。

日常から切り離すための海外レコーディング、とか言ってた。なにか目新しいコメントでも言うかと思ったが、ようく聞いたけどそんなんじゃなかった。友近がやってた明菜のものまねを思い出しちゃって困った。

カバーは選曲にもよりけりなんだが、イメージってつくづく恐ろしい。もろ東京スカパラダイスオーケストラな「経験」(辺見マリ)か、「他人の関係」稲垣潤一のアルバムに入ってるご本人とのコラボ「ドラマティックレイン」あたりが明菜ちゃんらしいというか、うまいなぁと思ったんだけど、「異邦人」んんんん・・・・。あ、「恋の予感」は色っぽくてよかった。「恋」はもう随分前だが映画「早春物語」で知世ちゃんが歌うシーンがあったかと・・・あれはあれで拙くて幼くて味があった。

こういうブログって、アンチ明菜とか「昔は好きだったが自殺未遂以後はいまいち」ってひとが書くと絶対ぼろくそな記事になるんだ。でもそれはそれでたまに面白い表現があって、歳のせいかそれも楽しんで読めるようになった。

明菜ちゃんは、ファンのことを大切に思いすぎるあまり自分を追い詰めてるんだよね。

2009.08.12

SONGS~中森明菜 歌姫スペシャルその1

雨の音で目が覚めて眠れなくなったので、テレビをつけたら明菜ちゃんが出ていた。

昔の宇崎竜堂のような白いつなぎを着て歌っていたのは

悪女

ダンスはうまく踊れない

I LOVE YOU (尾崎豊)

ベルベット・イースター

彼女も随分とカバーを歌ってきた。確か一番最初の「歌姫」に入っていると思うけど、中尾ミエの「片想い」や奥村チヨ「終着駅」なんかはぞくぞくするほどいい。百恵ちゃんの「愛染橋」もよかった。スタ誕で歌ったのが「夢先案内人」だから何となく納得するなぁ。

番組の最初で歌った中島みゆきの「悪女」は、一瞬「少女A」みたくガンを飛ばすんだけど(→まなざしが強い、と申しましょうか)かっこよかった。

尾崎豊は明菜ちゃんと同い年。今生きていたらどんな歌を歌っていたのかそれとももう歌はやめていたのか。うむ。レコーディング風景に密着したのはデビュー当時もそんな番組なかったっけ?

レコーディングの際、オリジナルはなるべく聴かないようにしている。ものまねになるから、などと言っていた。

カバーは聴いている側の好き嫌いがはっきり分かれるような気がする。だから「I LOVE YOU」だけは申し訳ないけど彼女の思い入れが強すぎるのか、あんまししっくりこなかった。ごめん。これと聖子ちゃんの「瑠璃色の地球」だけは本家本元がいちばんよいと思う。

2年ぐらい前、どこかのサイトで「歌姫」に収録してほしい歌をアンケート募集していた。んん、演歌も含めて歌ってほしい曲はいっぱいある。

明菜ちゃんはおいらの3歳上だが、いつまでもポニーテールなイメージがこびりついて離れない。あなたにとっての「アイドル」は誰かと問われたら、やっぱし明菜ちゃんだ。好きだけどライブに行ったことがない。CDやレコードをかなり持っていても、なぜか自ブログに登場した回数があまりない。あんまし書いた覚えがない。なぜだろう。一番好きな歌が決められない。1曲だけに絞れない

来週の「SONGS」が待ち遠しい。

コネタマ参加中: あなたにとっての“アイドル”は誰?

無料ブログはココログ

こちらも

ほしい物リスト。

feedly

  • follow us in feedly