サッカー

2016.08.30

徹子の部屋 長谷部誠 「ハンブルグ?」「いや、僕今フランクフルトです」

徹子:常に心が整っている日本代表キャプテン。
   しっかりもので好青年。長谷部誠さんです。
   お背も高くてかっこいい方。何センチですか?

長谷部:180センチです

徹子:日本代表でいらっしゃる。筋肉やなんかも。ちゃんと着けるべきものは着けてる

長谷部:そうですね。トレーニングは普段から。ほとんどみんなそうだと思いますね

徹子:あの・・ちょっと、筋肉触ってもらえって(笑)

長谷部:腕も全然。はい。

徹子:触り方が・・でもやっぱり相当・・この辺(肩から腕)すごいですよ
    (脇横)ここすごい。わかりました?あんなところが
長谷部:いやちょっと恥ずかしいですね
徹子:それであの、サッカーなんですけど、結構知りたいのは
   始まる前にコイントスってのをやって。誰と誰がやるんですか?
長谷部:両チームのキャプテンが出て行って、審判がコインを投げて裏表。
     陣地といいますか。どっち攻めるか、そういうのを決めますね。
徹子:そんなことをごちゃごちゃなさってるの、あたし知らなかった。
   でやっぱり、陣地をどっちにするか・・
長谷部:特に自分たちを応援してくれてるサポーターの方に向かって
     後半攻めたいというのがあるので、それは結構大事です。
     監督にも結構言われますから。
徹子:キャプテンでらっしゃると、審判とかにはその国の言葉でしゃべるのですか
長谷部:国際試合であれば英語ですね
徹子:今ドイツにいらっしゃるんですね
長谷部:はい
徹子:ハンブルグ
長谷部:いや、ぼくいまフランクフルトです(笑)
徹子:ごめんなさい、結構似てるけど
長谷部:似てますね
徹子:ハンブルグ
長谷部:いやっ、今フランクフルトです(爆笑)

徹子:ごめんなさいフランクフルト。ドイツ語の時もあるけどだいたい英語。

長谷部:ふだんぼく、あんまり点を入れたりするような選手じゃないので
     こういうとこ(VTRで)取り上げていただけてありがたい。
徹子:ここにあるのは
長谷部:スパイクです
徹子:今こういうふうに半分半分の色
長谷部:はい、僕が履いてるスパイクはこういう風に色が違う
徹子:お名前が書いてあって。「誠」と
    向こう側のはインコみたいな色で(笑)横にピンクがすっと
    これは、サッカー以外には履いちゃいけないんですかね?
長谷部:いや、ランニング用の靴とかでもこれで
徹子:ランニング用に欲しい

長谷部:ホントですか
徹子:ほんとほんと。こんな素敵なものがあるって知らなかったです。
長谷部:じゃ、贈らせていただきます。履いていただけるのなら。
徹子:じゃ、ちょっと後で、サイズとか・・あ~嬉しいな

内田篤人(VTR):どっちかって言うと僕は長谷部さんを助けたい感じなんで
           僕が全部っていう感じじゃない。
           (この話は)話したことないです。
           アップとか並んでやるときも、いつも長谷部さんの後ろに居て
           そういう姿も見てますし

長谷部:僕もキャプテンやらせていただいてるんですけど
     チームメイトに恵まれて、内田はじめいろんな選手が僕をサポートしてくれて
     それで僕もやれていると思っているので。
徹子:キャプテンはこうであるべきだ、っていうのは何かあるんですか?
長谷部:キャプテンに限らず組織のリーダーは、やはりその組織に合ったリーダーだと
    思ってて、僕がたまたまサッカー日本代表チームで、上手くハマってるのか
    わからないですけど、そういうところで自分が「上手く収まった」感覚が
    やっぱりあるので。僕が違う企業に行ったらうまくやれるのかって言ったら
    そうは思わないですし。




遅刻が努力を無駄にする
遅刻は物事に対していい加減に思ってしまうのが現れる。
ギリギリで行っていいかなって時はその用事が重要ではない

30越えたあたりからあまり寝れなくなってしまって
飛行機の中でも、日本に来てからでもそうだし。
時差ボケに関しては悪戦苦闘してます。

徹子:じゃ、本番終わってからでいいんですが
    あたし1回も時差ボケしたことないんで。自分で考えた方法があるんです。
   お教えします。

日本代表みんな困ってるんで・・

外見は自分だけのものではない
徹子:20代の時はロン毛で茶髪だったんですって?
長谷部:高校の恩師の監督のところに挨拶に。
     高校の時は耳にかかってはいけないとか黒髪でとかいうのがあった。
    すごく寂しそうな顔をしたので、やってはいけないことをしてるなと。
    自分の見方は、いろんなひとのものを背負ってるんだなと。


2015.04.05

ボクらの時代:三浦知良×前園真聖×中田英寿(前後編・抜粋)

キングカズは30代の頃、テキーラを一晩で1本半あけたことがある。
「テキーラはガソリン」
前園ってぇとめちゃイケの「めっ体大」で
「良薬は口に苦し」を「エスプレッソは口に苦し」と解答。


ヒデ:今日はカラオケルームでいいんじゃないかって
前園:提案してたの?
ヒデ:たとえば試合前とかに聴く歌ってどんな歌?
カズ:ず~っと、トシちゃん(笑)なんで笑うんすか?
ヒデ:今でもずっと?
カズ:昨日も午前中ずっと流しながら歌ってた。
前園:そういう意味ではカズさんずっとキャンプから・・開幕しましたけど。
    開幕スタメンてことで
カズ:酒やめたらしっかりしてきたな(笑)
ヒデ:ちゃんと情報入れてきたね(笑)
カズ:最近なんか変わったよね
前園:なんすか、やめてくださいよ。
ヒデ:どこを目指してるのどこを?
前園:俺もわからない(笑)
カズ:いいよね、吹っ切れたものもあってさ
前園:僕も色々事件ありましたから。そのあとすぐヒデから連絡ありまして
    まだ3ヶ月も経ってない頃ですよ「外に出て来い」って。
    一緒にメシ食って

ヒデ:まだ飲んでないの?
前園:一滴も飲んでない。
ヒデ:ね、カズさん、僕が酒を飲み始めたきっかけはゾノですからね。
カズ:ゾノは、俺。
■協調性がない。
前園:サッカーの解説は、民放でほとんどやらないじゃないですか。
    ないけど見ますよ。カズさんのはスカパーで録画してて。
ヒデ:4倍速で見たでしょ。走るとこ。
   僕現役の時から、サッカー見ない。
カズ:団体行動ができなかったからね。早く辞めた理由はそれだと思う。
   みんなと一緒に動かなかったから。サッカーだけじゃないよ、ホテルでさ
ヒデ:カズさん人のことばっか言わないでくださいよ
カズ:俺は協調性あるもん
ヒデ:ホントの姿を知ってるものが見たら、協調性あるとは思えない。
   30前とか、どうでした?
カズ:嫌だったね。言われるのとか。
   自分で調整できるじゃない。しっかりできるし、コンディションの作り方もある。
   人に「何時にどうしろ」とか、「飯食え」とか
   20代の頃は言われるの嫌だった。
ヒデ:自分のペースでやるじゃないですか
カズ:自分でベストな状態に持っていけるとずっと思ってたし。
ヒデ:今だからこそ「全部わかってんだよ」って調子で言えますけど(笑)
カズ:高校生の子がキャンプに来るじゃない?
   ルールって、そういう子達に合わせるじゃん。
   こっちっていうか、出来る人に合わせないじゃん。
   キャンプ中の生活って、その子達のために合わせるから。
   「なんで俺が18歳の子と」って、たまに、ちらっと思うときある。
   今回も高校2年生の子と一緒にキャンプ参加したけど。
   自分の子供と一緒だからね。上の子17だし。

   ハードワークして盛り上げなきゃと思ったから、飛ばしましたね。 

■効果的な休み方、トレーニング、肩書

ヒデ:効果的な休み方とか
カズ:やってますよ。
ヒデ:年末とか休みってないですか?
カズ:ないね。2,3日おいてまた走る。
   年末 ハワイに家族旅行行っても、走る。
   長男が
    「ずーっとどこへも行ってないけど、なんで?」って。
   「どこもいかないの、これが最高だ」ってあいつらに言って。
   よーし行くぞ!ってランニング付き合して。
  ヒデは海外好きでしょ?海外って意識ない。
   山梨から東京に出てくるのと、東京からミラノ行くのと一緒でしょ。
ヒデ:子供はでも、そのカズさんしか知らないから。
前園:ヒデさんって、肩書きなんですかね?
カズ:「中田英寿」(笑)
ヒデ:聞く人も少ないから「またどっか旅してる」って。
   僕はいま日本をずっと勉強してやってて。
カズ:すごいよね、それを極めてやってく
前園:オタクぶり?
ヒデ:遊びも一生懸命やるから楽しい。
   中途半端なのはつまんない。遊びも仕事も一生懸命やるほうがいい。
   遊びも一生懸命やってたから仕事になる。
   だって、ボクらサッカーでプロになった理由は
   子供の頃一生懸命遊んでたからなったんでしょ。
   なんでも一生懸命やってたから仕事になるんだし。
   サッカーも一生懸命やったから仕事になった。
   先週も沖縄行って福岡行って、今週も香港・・
カズ:ショートメールで元気ですかって聞いて、返ってくるのは3週間後。
   その頃にはどうでも良くなってる。もう3週間前の状況なんか知らなくていい。
ヒデ:住んでる所が無いからね
カズ:遊牧民族じゃないんだから(笑)
前園:カズさんって、スーツかガウンの印象しかない
ヒデ:コンビニで、隣におばちゃんが来て「なんだスーツ着てないんだ」(笑)
カズ:最近、下も白くなってきて・・
前園:もうですか?
カズ:きてる。
前園:まだ来てない・・

ヒデ:サッカー協会の仕事とか頼まれることはまずないですけど
   日本でも活動したらいいと思う。首相がどっかの国に行くより、
   試合に首相が来るような。普段全然ボール触んない。
   下手すると半年サッカーやってない
   カズさん若い頃は知りすぎたでしょ?決まってんのに守らず走りすぎた
前園:脈拍もオーバーしてた
カズ:それがあるから今でも出来てる。食生活は守る。
   肉の日、野菜の日・・家族は別のところにいるけど
   僕と一緒の時は、合わせる。
ヒデ:僕はあまり食べないけど、一生の友はお菓子。
    ワールドカップ、長期で戦うときは必要。
    いま、ジャンプ、ヤンジャン・・欠かしたことない
前園:ヒデも変態だからね。キャプテン翼読んでなかったらサッカーやってない
ヒデ:僕はずーっと下手だったんですよ。最初の頃もサブだったじゃん
前園:1個したの世代で、ヒデとマツナオだけ日本代表。
カズ:小学校の時からブラジル行きたいって、ずっと思ってました。
    15でブラジル行ったけど、人の集まるところが苦手で
前園:内弁慶。よくそれでブラジル行けたね。
カズ:トレーナー、竹内っていうけど、家族いるのに15年ぐらい一緒にいる。
   家族より長くいる。
   母親が危篤状態の時も、自分についてきた。

■後編
・高校の頃~恋愛事情

ヒデ:高校、韮崎は結構厳しい。遊んだ記憶なかった。
カズ:日本の選手権に出てくるような高校は、すごいよね。
    遊ぶ時間ないよね。
前園:高校時代、女子と食事したりとか、そういう機会1回もなかったですから。
    選手権終わって最後の時に、1回集まってみんなで
    他校の女子高のメンバーと食事した。それがはじめて。
ヒデ:当然彼女なんかいなかった?
前園:そんなん作る時間ないし
カズ:そういうこともいけないと思ってたでしょ?
   それをしたら、高校サッカー勝てないし
前園:ダメになると思ってましたから。うちは男子校だったから
    カズさんブラジルではいっぱいいるじゃないですか。
カズ:・・・・・・
前園:なんですかその無言(笑)
カズ:ずーっといた。3人いた。いつも好きな子いた。小学校の頃から。
ヒデ:付き合ってる子がいたわけじゃない
カズ:うん。子供の頃からずっと3人ぐらい。今も。
前園:今も?(笑)
ヒデ:今夢の話をしてる。夢の。
前園:ブラジルの女性は、やっぱ可愛いですよね。どうですか?
ヒデ:どんな時でも男にしてくれるね。
前園・ヒデ:ちょっと俺わかんなかった。どういうことですか?
カズ:付き合ってなくてもいつも恋人気分にさしてくれるっていうかさ
ヒデ:勘違いしちゃってるタイプ
カズ:ずっと勘違いしてる、今でも
ヒデ:人生勘違い(笑)
カズ:ちゃんと付き合ったのってプロになってからだから。
    ストイックっていうか。遊びに行ってたけどさ、お金もないし
    実際そんなに行けないからね。

ヒデ:イタリア人とは付き合いました?
カズ:・・結婚してたからね、そん時。カミさんも一緒に行ってましたね。
    でも好きな子はいました。
ヒデ:僕は結局、付き合ったってのはなかったね。友達はいました。
   イタリア人は自己主張が強いんだよね。
   僕あんま求められるの好きじゃないから。
   なんかこう「やってあげたい」と思うけど「やって」って言われるのすごい嫌

前園:めんどくさいでしょカズさん。彼女だったらね。女性が大変なんじゃないかな
    りさ子さんも、自分で見つけて気に入って、ってことでしょ?
カズ:ブラジルのサントスにいた時、日本から来た人が
    機内にあった週刊現代持ってきて、JALのキャンペンガールのグラビアで
    出てたのを見て一目惚れした。
    かみさんもそれまで世に出てないからね。
    玉川学園在学って書いてて。玉川の知り合い探して。
    僕19歳。彼女18。知り合いのお姉さんが同じ学部だったの。
    「一時帰国するんで写真だけ撮らして欲しい、友達と一緒に来てください」
    東京プリンスホテルのラウンジで1枚だけ撮ってくれたの。
    それが最初。住所交換して。メールない世界だから。手紙。
    電話10分かけて30万の頃だから。お金無いから。
    それから30年経っちゃってる。
前園:ある意味ストーカーですからね、カズさん(笑)
 

ヒデ:結婚すると「お父さん」になっちゃう人多いじゃん。
   そんな中、ずっと「男」でいるってすごい。
   男としてひとりの人間としてかっこいいな、って。
カズ:ヒデに言われると嬉しいね。
   子供もソフトボールに行ったりとか、あったけど、結局サッカーだったね。
   ワールドカップ見たらサッカーやりだしたりしたね。
■監督の可能性
ヒデ:ゾノは監督とかやらないの?
カズ:S級持ってんでしょ?
ヒデ:持ってますよ
カズ:ちょうだい(笑)
ヒデ:A級とかもってないんです?
カズ:何にも持ってない。ヒデも持ってないの?
ヒデ:なんにもないです。
   監督とか、現場で直接選手と触れ合うとかが苦手じゃないですか(笑)
   チーム的なことが苦手だから、選手と触れ合うというよりも
   監督に対してとかやるのが面白そうだな。
カズ:え?GMってこと?
ヒデ:GMぽいというか、なんかそういうの
カズ:GM、ヒデにやってもらいたいね。僕ら的には。

   こんだけコネクションがあっていろんな人知ってて
ヒデ:イタリアでやってた奴が、いろんなチームで監督とかGMやってて
カズ:そのコネクション、日本のサッカーで使わないといけないね。
    もったいない。
    ヒデが協会と仲悪いから、アレですけど(笑)

ヒデ:別に仲悪くない(笑)  
カズ:ヒデが嫌い
ヒデ:語弊がある。
前園:協会もうまく利用というか、活用するべきだと思う。
ヒデ:マッチメイクとかもね。いいかもね
前園:そういうことをね、中田英寿に頼めばいいんですよ。
ヒデ:言ってくれればいいんだけど、あんまり話が来ないから。
前園:監督問題もね、ヒデに頼めば意外にスポッといったり。
ヒデ:僕全く知らなかったんだけど、すごく有名な監督が
   「いいよ、ちょっと協会に言ってくる」って人が何人もいて。
   いやぁ前園さんも待ってますよ。
前園:S級は、もしかしたら、いずれ現場でやりたいなって気持ちが出てきた時に
    持ってないとやれないですから。とってみると結構面白いんで。
カズ:日本人の監督を・・偉そうなこと言えないんですけど
   日本サッカー協会が人材を作っていかなきゃいけない時期に来てるのも確か。
   リスクはあるんですけどね。経験がないとか。
   岡田さんしか監督経験がないから。
ヒデ:他の国でも通訳がグランドにいるとこってほとんどないじゃん。
カズ:難しいよね。サッカー用語もそうなんだけど感情や 
   意味を伝えたりとか。ホントに通じてるかなって時ある。
ヒデ:5回W杯出て、ある程度毎回出るのが当たり前になってきて
   その先へ出るのがまだない中、もう1回日本人を試していくいい機会。
カズ:ずーっと「経験がない」で終わっちゃう。どっかで経験しなきゃ。
   勝てなくても我慢していかなきゃね、どっかで。
ヒデ:こっから10年間は日本人で行こう、とかね。
カズ:俺達みんなが出てかなきゃいけない
前園:KAZU JAPANもあり得るってことでしょ?
カズ:それはありえない。

前園:免許ないですもんね。やめてS級とっても4,5年ありますから
    カズさん70になっちゃう。
ヒデ:大丈夫大丈夫。現役やりながら通信とればいいんだから。
   (前園が)監督、(自分が)GM、(カズが)選手でいいじゃん。
前園:いつ辞めるんですか
カズ:いつも言ってるじゃん、わからないって。
ヒデ:体が動かなくなったら多分やめる。
カズ:今回もスロベニア人だったから、ずっとやるんですよ。

国立競技場以外での重圧は結構あったヒデ。
考えてもしょうがないことは考えないようにしてるとか。   


  

2013.09.10

徹子の部屋 内田篤人

ボール蹴りながら登場。
「ハンサムだと伺っていますが、大人気だって
みんなが
うっしー と。サッカー、私はわからないので、その方も」
ブラジル大会なんで、黄色と緑と。
年によってもボールは違う。

「スパイクにいろいろ色がついてるとは知りませんでした」
これで踏まれると痛いんです。
「踏まれることもあるんですか」
わざと踏まれることも」
「蹴ったりしない?」「します」
あなたの足、傷があるところも見ました。なんで蹴るんでしょうかね
「向こうも僕も。」
綺麗なおみ足ですが、右と左と長さがすごい違う。なんでこんなに
左足で踏み込むことが多いので、左が大きくなったんじゃない?と
医者に言われたりしたんですけど。1センチぐらい違いますね

「でも右で蹴る」
そうですね。
「思ったよりも頑丈そうじゃないので。すっきりした方。

やっぱりサッカーされてる方かっこいいんだな、こんな靴はいてらっしゃるんだ」


「ドイツ語はなかなか難しゅうございます。ドイツのお暮らしは?」

すごい日本的というか、規律はすごい守る。暮らしやすい。
ゆっくり時間が流れて、僕は好きです。
「ごちゃごちゃしてないおうちで」

僕はシンプルが好きなので。
「試合しながら、みんなで叫ぶじゃない?ああいうときはどういうドイツ語で」

敵が右から来てるとか。”レヒト”が右なんです。
「戻る」は”
zurück”、イッヒが「私」
「向こうの人はおっきいですねぇ~。ソーセージとビールで」ww
練習は1日2時間ぐらいしかできないですね。
チーム練習。ディフェンスしようかとか。個人練習は終わった後で。

母は短距離の選手だった。
姉も陸上。ヒュッと走ってた。
徹子「(小さい頃の写真に)何が嬉しくてこんなにわらってるんでしょうねぇ」

※野球からサッカーに転向したのは知らんかった。

徹子さんたら、冬は手袋ぐらいするよ。
静岡に居ると甘えちゃうから鹿島にしたって。
なのに「鹿島って静岡・・・」
まぁ、サッカー音痴だったらそう言うだろうなぁ。
徹子さん野球選手が相手の時はもっとひどいボケかますし。
「あなたは静岡お出になったけど
富士山世界遺産おめでとうございまーす」ってアアタww
ワールドカップに出たいなというのが純粋な気持ちです。
ひとつのチームになって戦うのがいいところ。
徹子「本田さんが赤ん坊抱いて
最初よその赤ちゃん借りてきて抱いてるのかと。」
(結婚は)したいですよね。
毎日練習なんで、次の試合までの1週間はそっちに目が行く。

「お願いだからよその子抱いて帰って来て。」
わかりましたがんばります。
「アタシすごく笑っちゃう。やってくださるそうです。かっかっかっww
サッカーの試合の時、回り込んで『イッヒ りーベ ディッヒ』とか。
サッカーって、一応ポジションとかあるんです?」
・・僕は一応守る。DF。
ボールが動いてる最中も、僕がマークしなきゃいけない選手と
ふたつ見ながら。普通の顔して淡々とすごいことやる
ひとりで泣くことはほとんどない。
昔はもっと「自分が自分が」だったけど、いまは一歩引いて。
表に出ることは苦手だから
(アイドルのポーズは)苦手。サッカーしてるとこを観てほしい。

2013.08.23

NHK ミュージックポートレイト 川島永嗣×内田篤人×長谷部誠


試合の前”音楽”は相棒
俺、この前イタリア戦の時オウンゴールしたの。
やらかした時にふたりは、手を、こう、ぱっとやるわけね。すぐに
自分が失敗してつらい時にそばにいてくれた。そういうのは覚えてる(内田)

愛を伝えたいし、そんな自分でもついて来てくれるような人がいいかな(川島)


関連記事
A-
studio 内田篤人  2012.8
ミュージックポートレイト 長谷部誠  2012.4

●長谷部誠

高3の初めにオファーが来て、秋に決めた。だいぶ迷った。
進学を勧める両親を説得し、浦和レッズへ。
・卒業写真 荒井由実
プロ入りした時に寂しさを紛らわすために聴いていた。
付き合ったことはあるけど短すぎて。
高校出るまでデートもしたことがない。向き合って真剣に恋愛したのは
プロに入ってから。初恋の曲は思い浮かばない。
・星になれたら Mr.Children
海外で挑戦したい気持ちがずっとあって。
家に帰ったらずっとライブビデオ見て。音楽と会話してた。

寄り添うものは音楽しかなかった。
・Any Mr.Children
「今僕のいる場所が 探してたのと違っても
間違いじゃない いつも答えは一つじゃない。」
歌詞がその時の自分にぴったり。このやろうと思った。
挫折とか、思い出したくないわけじゃない。
・終わりなき旅 Mr.Children
早く着いたら終わるまで聴く。勝負の前に聴きたい曲。
・青春の影 TULIP
自分の夢を追い続けることが仕事。
こういうのが時代を越えて大切にされている曲。
ああこれ結婚式で流したい←内田

●川島永嗣
ゴールを決めるより、止める方が楽しいと自らGKを選んだ。

・未来へ Kiroro
高校のころ毎日聴いていた
未来を思い浮かべながら、つまさきで50分チャリ漕いだ。筋トレw
ボケだからww
自分で「Jリーグの練習に参加させてくれ」と売り込んだ。
空も飛べるはず スピッツ
初恋の曲。中学生。仲良くなり始めたんだけど話すきっかけがない。
CDを「貸す」きっかけを作るために買った。
VICTORY R.ケリー

「壁をぶち破り どんな困難も乗り越える 彼を起こして 変化の訪れを感じる」

ベルギー移籍。7ヶ国語をマスターした。厳しい舞台へ奮い立たせる曲。
・WAVIN’FLAG ケイナーン
勝負の前に聴きたい曲。


・川の流れのように 美空ひばり ←渋い
うたのちから、日本人の代表。
結局心の中に響く。それぐらい印象に残るプレーヤーになりたい。
●内田篤人

・明日への扉 I WISH
高校でサイドバックに転向し、開花。
サッカーのため2時間かかる高校へ。駅まで送ってくれた母との思い出の曲。
(函南駅の)階段を俺が上っているのを外でみてんの。
1年生だからでっかいバックしょって。
それをお母さん泣きながら見てんの。毎朝4時ぐらいに起きて弁当作って。

青いベンチ サスケ
初恋の曲。高2とか。


WAKA WAKA シャキーラ

3人の曲。2010 FIFAワールドカップ公式ソング。

(曲調が)上がっていく感じがすごく好き。踊りながら歌いながら筋トレ(長谷部)
俺あの曲嫌いなんだよね。ワールドカップ出れなかったから。
聴きたくない。ここで使ってくれないか、と。外されて当然だという自分と
ここまで頑張ってきた自分。(流れたら)消すもん、自分で(内田)


Skinny Love パーディー

ドイツで、練習が終わるころ、ライト消してもらって、グラウンドで一人
泣きながら泣き終るまで走った。

・一番綺麗な私を 中島美嘉
勝負の前に聴きたい。好きで聴き始めたけど、ゲン担ぎ。
モチベーションって、勝手に上がってくるもの。

・外は白い雪の夜 吉田拓郎
日本人の魂を感じる歌。歌詞が、ストーリー。わびさび。



●大切な人と聴きたい曲
おれはいまいくつだっけ?
いろんなものをシェアしたい。
いろんなものをリスペクトしたいよね。
なんで結婚しないの?
タイミングとか、そういうの。

川島永嗣

・Lifetime Respect 三木道山
長谷部誠

・Simple Mr.children
内田篤人

・CAN YOU CEREBRATE? 安室奈美恵

これは録画して何度も観たい回です。
いま早起きしてでか弁を作ってるみなさん、
息子や娘が、内田選手のように思ってくれると母冥利に尽きますな。
4時半集合だったら、ワタシも3時前に起きて準備するけど
寝たふりをして意外とわかってるもんだと思うのです。
坊主たち!!食い散らかして捨てることのないように
また、高校で不祥事があって夜の保護者会がないことを
全ての保護者は切に願っています。

2013.01.31

怒り新党 悪童ペペ

いじめっ子ペペ。

youtubeでも「ペペ 暴力」「カンフーサッカー」「幼稚で極悪」などと書かれ。
●09.4.21 レアルマドリード×ヘタフェ
・ヘタフェは下位に低迷中。レアルは2位。
後半42分 2対2.
ボールのクリアより人を蹴るペペ。
手を出したらPKほしさに相手が転倒。イラッとしたペペは
スネを蹴りあげ、さらにケツを蹴る。

謝るかと思いきやさらに相手を地面にムギュ。
駆け寄るヘタフェの選手に対し
チームメイトを盾にあご狙いのパンチ。
その間相手の足を踏みっぱなし。
→10試合出場停止。
※蹴り2発で4試合+相手の顔面強打で4試合
+決定機を妨害したファウル行為1試合+審判に暴言1試合。
有吉「悪いねぇ」
マツコ「後ろにPEACE CUPって書いてあんのよ。皮肉」

対戦相手を凹したペペは心から反省していた
「リプレイを何度も見たよ。あれが自分だとはいまだに信じられない
フットボールを辞めて 何か別のことをして暮らしていくよ・・・」
一向に引退の気配なく3年が経過。

●2012.1.18 レアルマドリード×バルセロナ 

伝統の一戦。

ペペの任務はメッシ封じだった。
いったん足元を確認したうえで左足で踏み替えて踏んでるっぽい。
巧妙ないじめに見えるひとはペペ嫌いというか
自分も含めて「そういう奴」的先入観があるもんね。
でも昨年度の年間最優秀選手だかんな。
「わざとやったわけじゃなかった。相手が怒るなら反省したい。
彼は自分と同じ仕事をする仲間。傷つけようなんて考えたこともないんだ」
これらを着るとココロない反省もすらすらとできるような気がします↓


●対セルタ戦(2012.12.12)
スペイン国王杯
接触しても怒らない、抗議しても怒らない、もちろん誰の足も踏んでない。
でも足で相手のキャンタマを蹴ってしまった。
実況も「ワザとじゃないの」
偶然なのか計算済みなのか。まさにグレーゾーン。

マニフェストもだんだんネタが苦しくなってきた気がするんだけど
このふたりだから不採用も笑えるなぁ。
オーダーの前にトイレに行く、までは責める必要ないよね確かに。




2012.11.10

サワコの朝 川淵三郎 カズ&香川 ナベツネ。

もう20年来のお付き合い、メル友ってことは、文春の対談にも出たっけ?
緊張気味らしい。

あちらの監督からカズを入れてほしいと要請があって
フットサルそのものの人気を高め、関心を持ってもらいたいと。
殆ど日本のマスコミに取り上げられてないですよね。
2回もW杯に出てるのに。
カズはそれだけの能力があることを監督が知っている。

カズも人気、マスコミのためだけにOKしなかったと思う。
事実そういう役割をやっているのですごいなと。
誰かがメンバーから落ちるわけでしょ。おとされた選手が面白くないと思うか、
他の選手が「あいつの方がよかった」と思うかっちゃ、
カズの場合は入ったことで盛り上がるから、犠牲になった選手が居ても
それは納得ずくと言う感じ。やっぱりすごい。
40になる前、いい加減やめたらいいのにと思っていた。
彼の率先性、先頭に立たないと気が済まない性格は
チームに与える影響はものすごく大きい。
試合に出ないことに対して、自分には足りないところがあるという
人間としては出来過ぎのところがある。50までやれるんじゃないか。

あれだけのスターがワールドカップに出ていない
縁がないっていうか。あ、サワコさんのことじゃないですよw
人生まだわかりませんから。

関連記事: サワコの朝に三浦知良 

●記憶の中できらめく曲
赤い鳥「翼をください」
98年のフランスW杯予選、もう駄目だと思った時にサポーターが
ずっと歌い続けてくれた。
フランスに行こうというような替え唄だったと思う。
おおお~にぃっぽん!にぃっぽん!にぃっぽん!
フランス行こうぜ~必ず!♪ ですね。行ければいいな、でも難しいなって。

中学までは野球バカだったんですよ。高校からサッカーを始めた。
サッカーって泥だらけになってきたならしいじゃないですか。
ユニホーム臭いし。

お前、サッカーは行ったら大阪代表で四国に行けるぞって
友達に誘われて。
四国に行きたいだけで始めたけど、ルール知らなくて
大阪代表で出れたって、当時レベルがどんだけ低いかって話。
ともかく足が速ければ、昔は下手なゴールキーパーが多いから
ドンと蹴ってたーっと走れば点が入るわけですよ。
面白くなって本格的にやりだした。

●古川電工ではサッカーしながら営業マン。

細かい仕事はできないけどひとと話したりするのは好きだから
相手に気に入られるような、要領がいいんですね。
営業部長としては成績が良かった。取締役になるかもしれないと
周りからも言われていた。
そしたら休暇中に重要な話があるから来てくれと電話がかかってきた。
電話で済むならすぐ言えと答えたら関連会社に出向の話だった。
そんな大事なことを電話で言うな、と言いそうになった(笑)

54歳でサッカーへ戻る。
当時の日本サッカーリーグは現在よりも観客が少なく
試合会場や設備も充実していなかった。
チーム名から企業名をはずすあたりでものすごくもめた。
ナベツネさんは外すことに猛反対して
「川淵は独裁者だヒットラーだムッソリーニだ!」って。
だから僕も「独裁者から独裁者と言われて光栄だ」

ナベツネさんがJリーグを批判するたびに
マスコミは取り上げてくれるわけでしょ。
スポーツ紙の1面を飾る。ナベツネさんはJリーグの恩人。
今ならそう思える。当時は絶対そんなこと思ってないですよ。

あいつ、あのジジイとか思っていたよw

●世界で日本人が活躍できる理由

本人は足技が器用なんですよ。
ボールリフティングで1位になったのも日本人(大学生)。
ぼくらの時代は10回しかできなかった。
3~4歳から慣れ親しんでくると、香川みたいな選手が出てくる。
ドイツには日本選手が9人ぐらい行ってるから。
チームプレーに対する理解度が高い。
香川なんかは 夜付き合うのが大好きなんだって。合コン。
日本人は真面目だけど、選手の中に入っていけない。
香川や長友、本田は、誘った選手が帰っても残っている。
順応力。サッカーは、嫌いな選手にはパスしない。
言葉がしゃべれなくてもすごいですね。
国内だけでプレーするより、海外の一流とやって初めて国際経験、
闘い方を覚える。だから日本代表が強くなる。

今の監督はいいっすね。ザッケローニ。

イタリア人とは思えない。女好きとかサワコさんにも危ないとか。

ザッケローニは真面目。ごはんにチューブ入りのワサビをかけて食べる。

練習の最中に選手呼んで、

俺はこうしたいんだけどお前はどう思う?って必ず言うんだって。

意見を聞くような監督いないね。全部命令なのよ!

トルシエなんかはその最たるものなんだけど。

ジーコですら「どう思う?」なんて訊いていない。

今度のW杯は相当面白いと思うけど、みんなこの話笑わないのね。

サワコの朝見てるとみんな面白いなーと思うけど

笑いが起こらないから心配してるんですけど。

・・・どこでも一番になりたいのね・・・

●今心に響くテーマ

「私を野球に連れてって」アメリカで7回裏に流れる曲を

サッカーで作れないかといったら、春畑道哉さんが作ってくれた。

「J’S THEME」胸にじんとくる。

2012.08.04

A-studio  内田篤人

東日本大震災の翌日

翌日の試合で日本に向けてのメッセージを発信。

状況がよくわからなかったのでしない方がいいんじゃないかとも思ったが

心配だったので。

ノイアーは男の中の男。

コーチに怒られるたび

「こいつにはまだ早いから勘弁してやってくれ」と

言ってくれた。

いろいろ助けてもらいました。

ドイツ語は難しい。覚える気もない。

なんちゅう大胆発言。

川島さんは6カ国語しゃべれるて。

女の子としゃべりたいから。絶対そうですよ。

全然性欲ないねんてなぁ

ほんまやねんて。彼女もおらんし女の子に全然興味ないて。

追記: ↑鶴瓶師匠のこの一言が気になったのか

「内田 性欲」で検索して入ってくる人がいちばん多いw

ふだんもっとくしゃくしゃや!とか

めんどくさがりなのにサプライズ好きなどと言ってた情報源は

吉田麻也選手。

「こいつ(吉田)は12歳からプロになるって

長崎から愛知に出てきたんです」

彼に取材してる間に内田本人から電話w

ふだんからうっちーの自宅でお手伝いさんが作った料理を

一緒に食べたり大親友。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・サッカー選手は基本バカですから

岡崎さん長友さん・・・

マジメなのは長谷部さん。

このまえ、きゃりーぱみゅぱみゅの話をしたら

ずっとインターネットで調べて「この人か」って。

サッカーができるのと勉強ができるのは違うから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼稚園の時から

リレーで負けると泣いていた。

自分が抜いて女の子にバトン渡しても抜かれたりしたら

今は酷いことしたなって思いますけど

「お前が抜かれたから負けたんだ!」って。

お父さんは在学中の同じ中学に赴任する体育教師。

母親は厳しかったが父親は優しかった。

ヨーロッパに行く時も親に何も言わず

新聞記事で気がついた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高校は違うのに固いきずなで結ばれた5人の幼なじみ

僕がいつ捨てられるか、ですね

王子キャラをいつ捨てられるか。

日本企業のヨーロッパ駐在員だった中野功司さんは

ドイツで内田選手に会い交流。

「大切な人のためならとことんやるいい男」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オフに腹筋とか全然してない

オフはサッカーからとことん離れたい。

だから僕失敗が多いんですよ

わかってるんですけど僕の体ができるまで時間がかかる

その間にレギュラー取られちゃったり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の鶴瓶噺

今日人間ドックやってん

歯ぁ外して、って入れ歯ちゃうねん!

僕面白い人間に憧れてるんです

中野さんいうてた

あの人は適応能力が凄いんです

はじめあかん思ても、自分が合わせていく。

「柔よく剛を制す」しなやかにどんどん変わることができる

僕らこの年になってようやく

できるようになったけど、24でピッチの中で

たぶんもうひとりの自分が見えてる。

ヨーロッパでどんどん活躍してくれる内田を観たいですね。

追記 2015.5.26
3年ぶりによう読まれてると思ったら
一般女性と入籍なさったんですね。元同級生。
20年越しの恋を実らせたとも言われておりますが
誰や、性欲ない言うたん?

2012.01.14

サワコの朝に三浦知良。

やおら「ゴッドファーザー 愛のテーマ」で目が覚めた。

そうだ。このひとも、今年45歳になるんだ。

長友とか香川ぐらいの歳の息子がいてもおかしくないよなぁ。

6年前より顔が引き締まったような(阿川佐和子)

いえ、体重も体脂肪も変わってないです。

毎日チェックして。体のケアに時間を費やして。

そんなにストイックじゃないと思います。(カズ)

記憶の中で今もきらめく曲は

宇崎竜童「横浜ホンキートンク・ブルース」(参照

この10年で最も聴いて最も歌ってる。

松田優作も原田芳雄も歌っているけど

優作バージョンが好きかなぁ。

いろんな不安もありましたが、今いるところが一番求められる場所。

自分の中では辞める理由が見当たらないので。

サッカーへの情熱、プロとしてのプレー、技術、経験

まだまだいけると思ってます。

今僕は、身体的にもある意味で未知の領域を歩いているのだと思う。

「やめないよ」より。

ベテランだからと言って、楽させてもらったり特別扱いしてほしくない。

22.3歳のやつのパワーには勝てないけれど、ついていこう。

「疲れているけど大丈夫」

「なんで怪我しないんですか」

「気持ちだよ、気持ち」

監督とかコーチ業には興味がない。

本当に足が立たなくなったらやめるけど、それは80、90歳?!

2試合、3試合、公式戦でれないと

出れないメンバーで大学生とかから試合が来るけれど

公式戦と同じ気持ちで立つ。

クロアチアとか、ヴェルディ辞めた後に

「サッカーをバカにしたらやられる、サッカーに失礼なことをしちゃいけない」

と思った。

シーズンオフにブラジルに行ったら

サントスのロッカールーム、ペレの写真の隣に自分のが貼ってあった。

「練習で納得がいかないときにファンのゾーンを通ったら、にこやかになれなくて。」

「もうペレペレって」

「(岡ちゃんを恨んだりは)してないです。グループとして戦うのに

行かないより行った方がよかったんじゃないかと思うことはありました。

ワールドカップに立つ権利はあったんじゃないかなと。

恨むのは自分のサッカーを否定することになるから、してないです。」

で、最後に選んだのが

田原俊彦「グッドラックLOVE」

中3の時からいまも聴いてるけど

俊さんの歌を聴くと元気になれる。

23.4年の付き合いなんですよね。

ブラジルに居る頃から可愛がってもらって。

・・・微妙に音程が危ない所があるじゃないですか

子どもながらに「こんな歌い方する人いない」って思ったんですよね。

音程外れてるとこがいいんですよね。

んわわわ~~ってw 魅力的な歌い方をする人だなあって。

今もっと全然うまいですよ。

俊さんふだんは僕としかカラオケ行かないですよ。

僕がこの歌歌うと「安定感抜群だなお前.俺よりいいじゃないか」ってw

12月24日はいなきゃいけないんですよ。ディナーショーがあるから。

今回もブラジルに居たんですけど 夜ディナーショーに行きました。

キレはいいですよ。本人39歳って言ってるけどほんとは50歳ですから。

話はめっちゃうまくて笑ったけど

武田みたいに解説者とか逃走中は永遠にしないかも。

眼鏡のフレームが80年代ぽかったなぁ。老眼じゃないよね。

こちらも

feedly

  • follow us in feedly

ほしい物リスト。

無料ブログはココログ