« 藤岡弘、な生き方。 | トップページ | 「おしりかじり虫」現象。 »

野球食Jr.と、親の期待

坊主が珍しく「野球食Jr.」を読んでいる。

昨年「野球食」を買ったのだが、小4にはあてはまらない部分も多かった。

「Jr.」は子供にも読みやすかったようだ。

学校へ行く時、菓子パンだけで済ませようとしていた日もあったが、きちんとおにぎり、サラダ等も食べるようになった。

巻末カラーのレシピ集や、「延長8回裏」までに分けた構成は、親子で読める。特に「親の期待を託された球児は、食べられなくなった」というエピソードは、これから先が長いのだから、時々は読み返したいページだ。

「親の期待」・・・時々ネットで少年野球のブログやサイトを見ていて思うこと。

低学年のうちから野球を始めた子が大半であろう。

その中に「レギュラーになれなかったらどうしよう」というプレッシャーを、先に親が感じて、却って子どもの負担になっている話が、結構ある。

せっかくもらった背番号を「宿題(勉強)やらないんなら返せ!」などと言って、野球そのものをやめさせる話とか。

なんか胸が痛いです。

家訓というか、方針なんでしょうから、あまり言いたくないんですが、低学年から4年生くらいまでは、子ども自身が野球を楽しむ、野球にようやく慣れる頃ではないかなと思います。

もちろんレギュラーは全選手の夢であり、あこがれですが、実際に練習の厳しさとか、野球の楽しさを体で感じているのは、親ではなく、子供本人なのです。親の責任でレギュラーになれないわけではない、と思うのですが。

もう少しのびのびと、子供の気持ち重視で野球ができないかな。

« 藤岡弘、な生き方。 | トップページ | 「おしりかじり虫」現象。 »

無料ブログはココログ