« 感動!バッテリー物語 | トップページ | サウンド・ミュージアム / 杉真理 »

2008.03.30

とことん!最終夜!V3!

V3を約34年ぶりに観られた安堵感で、つい眠ってしまい、気がついたら午前3時20分だった・・・。

それもこれも「オールスター大感謝祭」がいけない。いつ見てもかけっこばかりをしている、あの映像が悪い。同じ日に5時間半もやるなよ~。東国原知事に勝たしてやれよ森脇健児。

この日の松村邦洋はどっちに出てたんだろう。感謝祭にいたのかな。だとしたら断腸の思いでBSの仕事断ったんかな。だって宮内洋さんと飲んだって言ってたじゃん。いてほしかったよね。やっぱり同じ山口県内でもテレビ事情が違うってことは「星の子チョビン」ではっきり分かった。あれは県西部ではちゃんと夜7時台(7時半だったかな)にやってて、ドッグフードのCMとともにちゃんと覚えてるけど、田布施のあたりは早朝の再放送だったらしい。

前ふりが長くなったが、仮面ライダーV3。

我々の年代(昭和40~43年生まれ)にとって、「仮面ライダー」ごっこというとV3まで。じゃなかろうか。OPの記憶はなぜか2号ではなく1号、そしてぶいすりゃ~。自分は人質役。

赤い赤い 赤い仮面のV3 ダブルタイフーン 命のベルト(→当時「命をかけて」だと思ってた)力と技の風車が回る 父よ 母よ 妹よ (中略)敵は地獄のデストロン 闘え 正義の仮面ライダーV3…♪(歌唱 宮内洋氏)

49話と51話を完全放送し、なおかつ当時読んだことのなかったぼくらマガジンを画面上で読めたのは収穫だった。「ぼくら」は買ったことがなかった。小さな街の本屋に置いてあったかどうかもわからない。お恥ずかしながら2号がショッカーだとはこの年になるまで知らなかったのよ。いかに戦うシーンしか覚えてないかってことだ。旦那はスカイライダー(村上弘明、必殺の花屋の政)まではストーリーを把握していたのでゲストの女の人以上にうざい解説を隣でぶつぶつ言っていた。そう、彼は感謝祭の途中でチャンネルを替えたことに対して激怒していたのだ。

49話で宮内洋がギターをつまびき、改造人間ゆえに弦が切れるシーンがある。この悔しさがのちのズバットへの伏線か、といっては深読みか。

で、51話はざっと見ライダーマンって自爆したの?49年ごろといえば小学1年生で、どうもこのあたりの記憶がないのだ。OPに対しエンディングの歌の記憶も全くと言っていいほど欠如してるし・・・。

アシスタントはこの日の時東ぁみがいちばんうまかった。

旦那が子供のころ、アマゾンに激似の同級生が住んでいたらしい。ってどこの国の人?

宮内洋さんがお元気そうで何よりでした。「ヒーロー番組は教育番組」そうですね。それから、半田くんもよかった。欲を言うならこの場に佐々木剛氏がいればなぁ。

松井秀喜はV3放送当時に生まれたんですね・・・。

この番組感想を書き始めて、読み応えのあるトラックバックを送ってくださった皆様、ありがとうございました。この場を借りて感謝いたします。トラバと言うといまいちスパムなイメージがぬぐえず、またそのしくみもよくわからなかったのですが、お陰様でブログの醍醐味を知りつつあります。

« 感動!バッテリー物語 | トップページ | サウンド・ミュージアム / 杉真理 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とことん!最終夜!V3!:

» 仮面ライダーの大幹部達の今 Part1 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
通算600番目の記事では、朝日新聞の「ジャーナリスト宣言」宜しく、「”不条理な出来事に吼える記事を書くぞ!”宣言」をしたばかりだというのに、又しても個人的な趣味に走ってしまい、懐かしネタの記事を書く事となった。まあ、そもそも大したブログでは無いので、その辺は「悪りーね、悪りーね、ワリーネ・デイートリッヒ!」という事で御容赦戴ければと思う。{/face_suki/} 先日書いた「『放送禁止映像大全』 Part1」という記事で、放送中の「ウルトラマンマックス」なる番組内に、ウルトラ・シリーズに嘗て出演... [続きを読む]

« 感動!バッテリー物語 | トップページ | サウンド・ミュージアム / 杉真理 »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ