« 藤井フミヤの「SONGS」 | トップページ | バッテリー7話「キャッチャー失格」  »

ムーミンだにのすいせい。

うちにある一番古い絵本は「ムーミンだにのすいせい」

表紙の写真をよくよく見ると「カラーテレビ版 ムーミン名作絵ばなし」とある。カバーもついて、1970年5月12日初版、440円

Moomin

すんません。そのカバーにはあちこちにシールが貼ってあります。「ひょっこりひょうたん島」とかオバQとか。

大彗星(→おそらくハレー彗星)が、夜8時40分に地球にぶつかるかもしれないので、ニョロニョロが集団で逃げ出したり、ムーミン谷の住人に動揺が走るのですが。

おさびしやまのヘムレンさんだけは天文台に残ろうとするのですね。

ムーミンパパとママは、この日が銀婚式なのに・・・。

パパが「だいじょうぶだよ、ムーミン。じしんがきても、つなみがきても、すいせいがきても、あわてちゃだめだ。いちばんこわいのは、こういうときに、やさしいこころをうしなってしまうことさ。おちついていなさい。それに きょうは わたしと ママの ぎんこんしきのひじゃないか、ムーミン」と話しかける。

幼稚園の時に「よみきかせ」という形ではなく、たぶんひとりで読んだんだと思うし、アニメ版も見たような記憶があるのだが、当時はひたすら怖かった。

今改めて読んでみると、四川大地震の後だけに複雑な気分になる。

で、彗星が近付くまえに、パーティと紙芝居が始まるんだけど、パパのプロポーズの言葉がまたいいんですね。それをムーミンが読む。「きみは まんげつ、いざ。きみは、たいよう、いざ。とくにすばらしきは、きみが えくぼ。」

午後8時40分に彗星が近付く瞬間、スナフキンの弾き語りが始まって、なぜか彗星は地球にぶつからずに、物語は終わってしまう。

大人になって改めて読んでみたら、怖いだけじゃなくって考えさせられた。

追記:この記事を送信して約1時間後に、震度3の地震が来た。地震保険加入マンションだけあって前の家よりさほど揺れを感じなかったが、やはり落ち着かなかった。

« 藤井フミヤの「SONGS」 | トップページ | バッテリー7話「キャッチャー失格」  »

コメント

わざわざありがとうございます。
たぶん、近い世代だと思います。
また長七さんのブログにおじゃましますね。

訪問ありがとう、
世代がおなじかな?
またきます。ありがとう、
あなたがはじめてのコメントでした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムーミンだにのすいせい。:

« 藤井フミヤの「SONGS」 | トップページ | バッテリー7話「キャッチャー失格」  »

無料ブログはココログ