« ナンシー関7回忌 仕事のはなし・渋谷陽一 文春2008 | トップページ | 幸せのものさし的人生案内 »

私の好きな菅井きん/スタジオパーク

菅井きんといえば自分の中では「ムコ殿!」「お葬式」「藤商店の辛子酢味噌のCM」だ。

 

脇役老け役いびり役・・・とご本人もおっしゃるように。

82歳か。じゃ必殺シリーズの時は60代~70代。

 

「瞳」の中に見つけた時は感動した。

 

ちょうど「バッテリー」に草笛光子を見つけた瞬間のような気持ち。

 

この頃のトーク番組は露骨な番宣がらみが多くて(→裏の「徹子の部屋」は宮沢和史だから番宣とは違うのかも。「島唄」のエピソードを語ってます)今日もそうなのかな。「瞳」明日のみどころより、も~ちょっときんさんのトークを・・・。ただでさえニュース解説も挿入されますしねぇ。。

 

実生活でも娘夫婦と暮らしてるそうで。ひ孫さんもお生まれの予定。ムコ殿と仲良くする秘訣は「遠慮すること」「お互いに少しだけ気を遣い合うこと」だそうで、奥が深いねぇ。

 

70年代から80年代のドラマが面白かったのはこういう方々が支えてたからなんだよね。

 

出るわ出るわ出演作品(→参照)「ダイヤモンド・アイ」の役名は「雷勝子」・・・そうでしたね。

多趣味だな。マージャン、パソコンに水上スキー、ヘリコプター、パラグライダー??じゃ、ブログやればいいのに。スケートに射撃とはすんごいな木村キン(→刑事ヨロシクにも出てたし)。

 

「菅井流呼吸法」は、タイピングの合間にやってみたが、一瞬頭の中がフラットになるみたい。よくわかんないが太極拳の影響も受けてるそうだ。でもちょっとだけ首突っ込んでやめたものもあるみたい。

 

実はこの人を好きなのは、20年前に亡くなった叔母にそっくりだから。

※追記 2018.8.10死去。享年92歳

« ナンシー関7回忌 仕事のはなし・渋谷陽一 文春2008 | トップページ | 幸せのものさし的人生案内 »

無料ブログはココログ