« ジャンクスポーツ~清原スペシャル | トップページ | 大胆MAP・最終回 あばれはっちゃく同窓会。 »

がきデカとすすめ!!パイレーツ・ギャグは爆発する。 

マンガ50年 ギャグは爆発する 

昨日(2月17日)、読売新聞の文化欄で始まった連載だが、早朝から坊主と吹いてしまった。

二人の眼に飛び込んできたのは、こまわり君の「死刑!!」だった。

真面目な記事のなかで、例のポーズが浮いている。

このポーズを、麻生太郎や中川昭一に捧げたい。捧げてどうする。麻生さんが悪乗りしたらどうする。しそうだ。

連載第2章、らしい。

「がきデカ」は1974年にチャンピオンでスタートしたが、おいらが初めて読んだのは76年頃。叔父が電車内に落ちていた単行本をくれた。当時は「キャンディ・キャンディ」が全盛だったが、自分は女子なのに、小3にしてもう飽き始めていた。だから一気に「がきデカ」にハマってしまったのだ。

連載開始からひと月後、駅の売店で10分で売り切れた「チャンピオン」

さっきアニメ版を初めて観た。なんか声がちが~う!!これってほんまに三ツ矢雄二かい。(youtube参照

自分の欲しいのは「中春こまわり君」坊主は「がきデカ THE BEST」

Book 中春こまわり君 (ビッグコミックススペシャル)

著者:山上 たつひこ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

がきデカTHE BEST 1 (1) がきデカTHE BEST 1 (1)

著者:山上 たつひこ
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日(18日)の本欄は、江口寿史「すすめ!!パイレーツ」

当時小学6年だったが、卒業文集や寄せ書きのイラストは、これと「マカロニほうれん荘」を描く子がちらほらいた。

009 ←95年にこんなんが出たので、5巻全巻買いそろえた。小学生の頃は人に借りたりしていたから、全部持っていなかった。

野球がここまでギャグになるのが新鮮だし(そりゃ過去にもあったかもしれないが)、なにより出てくる女の子たちが綺麗でおしゃれだった。

でも「毎週テンションを上げ続けてへとへとになり、次々新しいものをという強迫観念で自家中毒みたいに疲弊していくよう」だったとは。

それってギャグ漫画家のみならず今のお笑い芸人さんもそういうのが多いかも。

犬井なんか好きだったな。あと粳寅満次。

今夜のおかずはフジっ子煮・・・

記事を読んで30年ぶりに鴨川つばめのその後を知った。一時、対人恐怖症になり職を転々・・とある。

いまやこんなのもでてるのね。んじゃあたしの持ってるのは完全版じゃないかも↓

すすめ!!パイレーツ 完全版 (1) Book すすめ!!パイレーツ 完全版 (1)

著者:江口 寿史
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ジャンクスポーツ~清原スペシャル | トップページ | 大胆MAP・最終回 あばれはっちゃく同窓会。 »

無料ブログはココログ