« SONGS 鈴木雅之(2010.4.28)+大瀧詠一 | トップページ | 徹子の部屋に阿木燿子。2014.3.5追記 »

2010.05.05

芸能界の告白:高田みづえ・アンルイス・コロッケ・IKKO。 

25年ぶりの高田みづえ

昭和60年ぐらいの紅白最後以来か。

実家にはパープル・シャドウのEP盤があったはずだ

松ケ根よりは若嶋津といったほうが耳馴染みがいいなぁ。

本当に好きな歌を辞められるのかなぁという葛藤はあったのですが、

結局は愛が勝ったってことですね・・・すみません、はい。

松谷が関取誕生になったので(→なんかピラミッドが出てたね)

高田みづえも松谷も本当の親子関係のように苦しみぬいた。

幕下全勝優勝をかけて戦った相手のしこ名が「保志光」・・・

あれは「保志」っちあゃ、北勝海の部屋の人?モンゴルだねこの人も。

みづえちゃんは顔は変わらないけど痩せて小さくなった。

負けて泣いてるんだから声はかけなくてもカメラマン。

このところ朝青龍とか白鵬以外がクローズアップされる機会がないんで、

いいドキュメンタリ見せてもらったな。

人が味わえない幸せ、あ~いい言葉だっ

IKKO。うちの旦那と同い年か。すっぴんはそんな風だな。しかしいちど生で見てみたい。

あの、売上急上昇は本当かな。テレビじゃ伝えきれない部分の葛藤に悩むのね韓国観光名誉広報大使。

ゴージャス、という香水ができるまでの生みの苦しみ。

舞台裏のブチキレ具合。

ストイックな部分というけれど、打ち合わせ通りにできていなかった時の緊張感がすごいよね。

福岡PALKOのPink By IKKO行きたいねぇ。

美学の原点はJALの制服か。アテンションプリーズ、といえば能勢慶子でも上戸彩でもなく、当時は紀比呂子。

だから体調急変の場面の続きがCM長く バナナオダギリジョーなわけ?

過呼吸か。

2年前にパニック障害が再発したのか。知らんかった。

アン・ルイスは1年ぶりに出たなこの番組(ブログ参照

美勇が親子3人でステージに立ちたい、

というので説得に研ナオコを使うことに。

フットサルをやっている息子を見るためにアンが来日。

20年ぶりに研ナオコと再会。

子供の気持ちと母親の気持ちは違うよな・・・。

そう、アンもパニック障害だとか言ってるけど、

ひとが嫌いになったんじゃないかな、とナオコ婆ちゃん。

半分当たってる。その言い分。

引退のもう一つの理由がつきあっていた元彼の影響。

(桑名正博じゃないらしい)

いつ美勇士の夢はかなうのかな。

アンもいいって言ってるようだ。

コロッケは中耳炎がこじれた。

貧乏で病院に行くことを切り出せなかった。

膿の臭いでいじめに遭い、聴力も落ちた。

7年経過すると聴こえなくなり、痛みに耐えきれず病院へ。

右耳が聞こえにくい話は何かで知ったような気がするんだ。

修学旅行のバスの中で

椅子に隠れて歌った「よろしく哀愁」(→ひろみ郷じゃなかね)が、

ものまねの第一歩。

しかし今でも耳が聞こえないの?まぁ初カミングアウトは昨年の様だけど。

追記 2012.5.29

火曜サプライズに出ていましたね。高田みづえサン。

夜のヒットスタジオ(だったかな)最後の出演記念のマイクを持って。

どうせなら歌えばよかったのに。

みごとな髪の染めっぷり。

ぼんやりみていたので分からないのですが、

彼女が出来て間もない力士は息子さんだったのかしら

髪染めてましたね。昔のピンクレディーみたいな色。

« SONGS 鈴木雅之(2010.4.28)+大瀧詠一 | トップページ | 徹子の部屋に阿木燿子。2014.3.5追記 »

コメント

コメントありがとうございます。

記事に貼ってあるみづえさんの動画は、御覧のようにyoutubeで見つけたものです。80年代に引退・結婚された方なので、ほとんどがVHSなのではないかと思いますが、以前日テレプラスでも「カックラキン大放送」、ファミリー劇場「ドリフ大爆笑」などでみづえさん出演のものが放送されていましたね。

初めまして。
突然にすみません。

高田みづえさんのファンです。

みづえの記事を書いてる全ての人に連絡しております。

みづえさんの動画などございましたら、連絡お待ちしております。

この記事へのコメントは終了しました。

« SONGS 鈴木雅之(2010.4.28)+大瀧詠一 | トップページ | 徹子の部屋に阿木燿子。2014.3.5追記 »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ