« 解禁!㊙ストーリー 本田美奈子. | トップページ | NHK-FM 今日は一日”90年代テレビドラマ主題歌”三昧 かいつまんで感想。 »

2010.11.12

A-Studio 樹木希林

何気につけたらムー一族のカネタさんが出ていた。樹木希林だ。昔っからフケ役が多いけど、ようやく実年齢に追いついた感がある。

やっぱし内田裕也とは離れがたいようで、ちゃっかり本の宣伝までしていた。

娘夫婦宅を訪問する時は「内田家政婦協会から来ました」などというらしいww

娘夫婦とはいうまでもなくモックン&也哉子だが。娘さんは以前購読していた「edu」で見かけたことがある。おいらの子育てとはかけ離れている感が強くてあまり本気で読まなかったような記憶がある。

交友関係の中にはハリウッドランチマーケットの社長さん(→ゲン垂水氏)もいたりした。

鶴瓶師匠は目が笑ってないときがある。同性でなくてよかった、といいつつ、「恥」を知って生きている人が好き、とも。

確か昔、石立鉄男のドラマに出る前あたり、70年代は「悠木千帆」と名乗っていたはず。「ばあちゃんの星」(→ずうとるび共演)の頃はそうじゃなかったっけ。その芸名は誰かに売却したんじゃ・・・

吉永小百合が文化功労章を取った時にお祝いのFAXしたら、「ニュース映像に使われたものは10年も前のもの」だと言われたとか。

しかしこの人の昔の作品が好きで、今もチャンネルNECOでやっている「気まぐれ天使」などはよく見ている。数年前TBSチャンネルでやってた「ムー」も見ていたけどもう一回見たいぞ。

ラストは言うことないです。ただ、内田さんの本の中で、「樹木さんの御病気の完治を願う」って書いてあったんですよ。たった3カ月の夫婦生活でも、内田裕也がわかりますね。

あれ、今日は短いな、締めの鶴瓶。

余談です(2010年11月27日)

文春12月2日号、亀和田武「テレビ健康診断」でも取り上げられておりました。亀和田さんのコラムは、言うまでもなく深い。いやほんと、最近のトーク番組がチープなのは、今や宣伝オンリーだからだし。希林さん、そういえば「ゴースト」の宣伝を兼ねてたんだっけ、とあとになって知った。田村正和が「ボクらの時代」に出たのは「球形の荒野」がらみなんだと、今頃知るのとおんなじです。宣伝がらみなんだということを忘れさせてくれるようなトーク番組がいいなぁ。あと、鶴瓶ってなんでも嫌がらず仕事引き受けそうてそうな善人顔だけど、腹の中では怒ってそうや、目が笑ってないという一連の指摘も、うなずける。でも師匠好きだけど。

« 解禁!㊙ストーリー 本田美奈子. | トップページ | NHK-FM 今日は一日”90年代テレビドラマ主題歌”三昧 かいつまんで感想。 »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ