« HEY HEY HEY  に 太川陽介 イモ欽トリオ。 | トップページ | 永六輔 戦いの夏 »

続 働く理由~99の至言に学ぶジンセイ論 戸田智弘 を読んで。

中2~中3にかけて「職場体験」なる行事が2学期にあると思うのですが

中学校の図書室で見つけた本。

いま、中学校に勤務してますので。

表紙デザインでお分かりのように、美輪明宏、手塚修虫(「ブッダ」第9巻の中の台詞)、宇梶剛士、野村克也、太田光、阿久悠、中山雅史、夏目漱石、内田百閒・・・さまざまな方の名言、名セリフ集。

テーマは「なぜ働くのか」

自分の場合、理由は、生活のため。

だが、164ページには「生活のための仕事でなく」という文章があり

一瞬説教されているような気持ちになってしまった。

ワタシいままで「道」はアントニオ猪木作だと思っていました。

一休宗純であるとこの本には書かれていますが

別のサイトでは清沢哲夫氏の作品だと。参照

猪木氏の「座右の銘だったわけですね。

ツィッターで、野村克也botをフォローしているが、共感できるものが多い。

ただ、この本をじぃーっと読んでいくと、禅問答のような、哲学の迷路に入っちゃった気分になってしまう。

正解が多過ぎる。

北野武は、映画「キッズ・リターン」中の台詞が引用されている。

おれたち、もう終わっちゃったのかなぁ

ばかやろう、まだ始まっちゃいねーよ

殿の口癖でもある「ばかやろう」が活きた台詞に。

ところで。

中学生に進路指導をするのは難しい。

だって、我々の頃なんか、テストの成績オンリーで、先公が強制的に志望校を決めていたではないか。

なのにいまどきの坊主たちは「自分が何をしたいのか、そのためにはどこの高校がよいのか」なんてことを、総合学習で、或いは職場体験で、実に懇切丁寧に指導してくれる。おいらの時代にやってくれたら、人生がおおいに違ったかもしれない。違くないか。職場体験、いつから始まったんだろう。

あと、今の先生の方が、授業が丁寧だ。

数学、この先生に習いたかったなぁ。。。。

あ、話が反れた。

中学生が読んで進路のヒントとなるかどうかはわからないが。

4年前から時々覗いているブログ「ある広告人の告白」。

2008年8月28日の「お疲れ様です」(記事参照)中の一文が引用されていた。

「大切なのは孤立しないこと

とりあえず上司に相談したり、同僚ととことん話すことは大事。

(中略)

ひとりはさびしいよ。いいことないよ。仲間がいると心強いよ。

仲間をつくろう。そのためには、きちんと話そう。

誤解は解こう」

ご本人に許可を得ることができまして取り上げさせていただきました

ありがとうございます。

でも、いつも読んでいるブログを、紙媒体で読むと印象ががらりと変わる。

紙媒体は説得力が300倍違う(当社比)。

3年前の該当記事。リアルタイムで読んだときは、共感はしたけど考えることはしなかった。

しかし、いまこうして、なんどもなんども読んで、ウーンと考え込んでしまった。

これまであまり、ヒトの言葉でモノを考えた経験はなかった。

「理解してくれない人には、理解してもらえるまで話すこと、大事」

ワタシはずっと、誤解されたらされたっぱなしな人生を送ってきた。

孤立、大好きだ。

いいことないw

このたび再就職にあたり「ツテ、繋がりあうことは大事だ」と体感しておきながら、だ。(54歳のハローワークを読んで 参照

ウチの坊主の、中1の時の担任も「誰かと繋がりあえる人になれ」と寄せ書きに書いているにもかかわらず、だ。

ウチの坊主が義務教育を卒業したら、アドレスを変えたりして、惰性で付き合ってきた人間関係をすべて断ち切ろうと思っている。

あらたに他の誰かと関係をつなごうなんて思わない。

はずだった。

だから、mb101boldさんのを読んで、自分のやろうとしていることは、なんか、間違っているのではないかななどと思い始めたのだ。

自分を、打算的で酷いとさえ思ってしまう。

でも人間関係を整理するだけだしなぁ・・・

読み終わった後も、気持ちは千々に乱れ。

10代の頃から幼い思考のままで来たが、もうすぐ44歳になろうとする時、はじめて自分の考え方はヤバいと思った。

本に載っている人物のうち、最低でもだれかひとりの言ったフレーズが、自分にしっくりきたり、考えさせられたりするはず。

それが、働く理由であり、答え。

« HEY HEY HEY  に 太川陽介 イモ欽トリオ。 | トップページ | 永六輔 戦いの夏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« HEY HEY HEY  に 太川陽介 イモ欽トリオ。 | トップページ | 永六輔 戦いの夏 »

無料ブログはココログ