« 徹子の部屋にサンドウィッチマン | トップページ | 徹子の部屋に服部真湖 »

あさイチでベニシア・スタンリー・スミス。/大貫妙子 懐かしい未来 感想 少々。

Life begins at forty.

 

人生は40歳から始まる。

 

京都大原に住むベニシアさんは、簡易温室を作って

 

その中にトイレットペーパーの芯をいれ ハーブを育てていた。

 

ベニシアさんは貴族の出身。母親は結婚と離婚を繰り返す奔放なひと。

 

19歳のときインドへ。

 

 

最初の結婚も日本人だったが、13年で破綻。

 

子供にあげられるものは教育だからと 学費を稼ぐために働きずめ。

 

日本人と再婚。

 

親と一緒の時間は子供にとって最大のギフト。

 

とはいえ、娘ジュリィさんが12年前に統合失調症に。44歳で4人目を出産。
五十肩になり、更年期の症状も出始める。

 

2013.9.2 あさイチ ベニシア流人生のヒント 記事参照

ベニシアさんがハーブの話をしている。

 

カモミールティーは吐き気(つわり)を楽にする。

 

4人目のお名前は悠仁。4200グラムもあったのね。

 

 

 

セイヨウオトギリソウのオイルは血液の循環をよくし

 

リラックスさせる効果が。肩に塗ると痛みが和らぐ。

 

セントジョーンズ(聖ヨハネ)はイエス様の兄弟の名前。

 

イギリス製の湯たんぽを愛用。

 

ガーゼにラベンダーのエッセンシャルオイルを入れると

 

心地よく眠れるそうな。

 

山岳写真家のだんなさんは仕事中に転落して大怪我をし

 

うつや味覚障害などの症状が出始めた。

 

ゆず茶(ゆず+はちみつ+湯)を飲ませると、事故後初めて

 

おいしいと言った。3ヵ月後に味覚が戻り始める。

 

あっ、もしかして悠仁て名前は「ゆず」からとったのかしらん。

 

肉体疲労にはウインターセイボリーが効くが 香りよりも味がいい。

 

うつや不安にはローズマリーも効く。

 

 

ベニシアさんはお正月に風邪を引き テレビを見ていて「カーネーション」にハマった。

 

来月からコシノさんと親しい夏木マリに交代する。
賛否両論あって。本日のスタパに尾野真千子が出てくる。
よもやスタパと同時間帯にやってるのは「鈴子の恋」!!
尾野さんは戦後の泣きの演技の時は下手だと思わなかったが
酷評している人もいるし老け役は無理だとも言われている。
しかしどんなドラマでも年を取れば違う女優さんがやる。
事前に尾野さんに報告はなされていなかったのか。

 

話が横道にそれた。

 

嵐が去るのを待つのではなく 雨の中でダンスしよう

 

今を生きるという意味は なぜ 最期の1週間まで延ばすんですか?

 

人生は不公平と思えば苦しい。だから受け入れる。

 

困難によって人は宝石のように輝く。

 

そういえば同系列にターシャ・テューダーさんがいたんだけどなぁ。

 

●ここからは28日放送NHKFM「大貫妙子 懐かしい未来 竹中直人」

 

・・・布団の中で聴く深夜ラジオは途中から記憶がなくなる。

 

 

 

前回なぜター坊の放送が細野晴臣氏の再放送になったかというと

 

収録当日にター坊のお母様が倒れて入院なさったからなんですね。

 

前日まではお元気で、とんかつも食べてらしたとのこと。

 

竹中直人サンといえば秀吉以上のインパクトは「笑いながら怒る人」

 

お正月を娘さん(21歳)の居るニューヨークでお過ごしに。

 

長男は中学2年生なのね。

 

映画「東京日和」の音楽を担当されたことが縁。

 

「光と影」も流れていました♪

 

大貫さんは古本屋まで出向いてつげ義春を買いあさるとか。

 

再放送をらじるで聴きたいんだけど仕事があるなぁ。無理だなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 徹子の部屋にサンドウィッチマン | トップページ | 徹子の部屋に服部真湖 »

無料ブログはココログ