« 徹子の部屋 片平なぎさ | トップページ | 怒り新党 スルヤ・ボナリー »

浅茅陽子 NHKスタジオパークからこんにちは 

浅茅サンといえばエバラ。家庭向け焼き肉調味料、って表現がNHK的。
ベジタリアン、と言ったばっかりにCMおろされたってほんとかしら。
美空ひばりの没後間もなく放送されたドラマの記憶も強い。似てた。



へばちゃんは62歳になったばかり。
思うんだけど「パ写ッ」てはなまるカフェのパクリなの?
すごいなあビーズ、プロはだしじゃん。
●婚活宣言
土曜ドラマ「ご縁ハンター」で観月ありさの母役だが、
浅茅サンが先に婚活をするそうな。
歳をとってくるといろいろあるじゃないですか。
ふとさびしくなったり。
注意書きが面白かった(←婚活サイト)
リアルの浅茅さんは独身なのかな。

婚活NG女
・黒い服が好き
・バリバリのキャリアウーマン
・きちんとしたすきのない性格
・自分のことを語るのが得意
・男のことをバカにしている
←きょうのあさイチで合コンやってたバカ女(別館記事参照)モロだな。
人生を謳歌し、毎日を謳歌している。
ワタシが男性で浅茅さんとつきあうなら、幸せな空気を持ってらっしゃる方。
釣りに行こうよ、とか、引っ張ってくださるような。
いろんな男性が浅茅さんに惹かれたんだなと思う(観月ありさ)


子どもの頃「雲のじゅうたん」が大好きだった。
参照

 

DVDかブルーレイ、ないのかなあ。VHSしかないのかしら。
伊藤アナは小5だったそうなが、自分も放送当時小3でした。
そうそう、志垣太郎さんじゃないですか。
足元からバーンですもんね登場シーンが。
毎日雪の中を転げる。ドサッと落ちたところからスタート。
撮影が辛いと思ったことはなく、楽しかった。
ワタシ思うんですが、ダースベイダーよろしく話の腰を折るの
なんとかならんかな。
貴重な最終カメラテストVTRが発掘され。
300人の中から演技力が絶対にある、という理由で選ばれた。
今とは違うんですね選考理由が(←嘘)
中条静夫も船越英二も戸浦六宏さんも鬼籍に入っちゃった・・・
朝ドラのイメージがつくのが重いと思ったこともあった。
時間が経つうちに 
女優と言うのは演じてなんぼの世界に生きている。
100人が思うイメージは100通りの浅茅陽子
そのうちのひとつが「雲のじゅうたん」ならいいじゃない、と思えるように。
人間として女優としてすべての面で
雲のじゅうたんは礎、基盤、財産。

 

 

 


« 徹子の部屋 片平なぎさ | トップページ | 怒り新党 スルヤ・ボナリー »

無料ブログはココログ