« ミュージックポートレイト なかにし礼×由紀さおり | トップページ | ボクらの時代 太田光代×丸岡いずみ×高濱正伸 »

サワコの朝 吉川晃司 

時代劇の殺陣のシーンで 
この方がやらなくて誰がやるんだと思うほど
存在感の強い。

歌い手は肉体労働ですからね。
西郷隆盛やってるんで、体重も4~5キロ増やして。
ちょんまげで人格変われるし。へんしん!
●記憶の中できらめく1曲
ローリング・ストーンズ「Undercover Of the Night」

都会的な音楽をやってみたい、

流行りの音楽を勉強しないといけないな、と思ってた頃。

 

時代をうまく取り入れてると感動した。
ナベプロとは契約状態の頃。自分からアプローチした。
当時沢田研二さんとか山下久美子さんとかが、
ちゃんとロックスピリッツを持っていながらメジャーもやってるのが
すごいなと思ってた。
あ、デビューアルバムは肩パットの男だ ←#あまちゃん
帯のコピーが
オリンピックの道もあったけど 、生きるならよりドラマチックに。
(←水球は今で言うU-20)
「すかんぴんウォーク」はVHSだけ?DVDもブルーレイもないのかな。

ザ・ベストテン「モニカ」
「吉川さん、どうしましょうか」水のあるところではだいたい聞かれますよね。あれね、一応やりましょうよというアプローチではない「わかってますよ」期待にこたえて じゃ、行きましょうかって。自分から行くのはアホですよね。
ついこないだまで田んぼのあぜ道通って学校行ってた兄ちゃんが、きらびやかな世界に入るのは不思議だなあと
俺の思考がついていかなかったんですよ。

 

時間の流れが速すぎて。そんなに力が備わってないのに
持ちあげてもらっても見栄張るのも申し訳ないし、
走りまわることで自分を安心させてた。今は逆にアイドルと呼ばれたいと思いますけどw

 

操り人形感というのがあるじゃないですか。父親に言われたんですよ「お前は東京に出て行って、テレビに出て猿回しのサルをやるのか」そんな。猿に失礼ですよね。
「なんだ、マリオネットになって何が面白いんだ」「いや、マリオネットにはならないよ」なんかね、からかうんですよ。それで余計むきになってたのかもしれない。
いまやどうでもいいことですよ。10代ですよ。18歳~20歳までですかね。僕がテレビでそういう風な状況だったのは。
尾崎豊
デビューが一緒で同い年。仲がいいというより、巨大な何かシステムの中にポンと落とされた子供。彼も同じストレスがあったと思う。彼のほうが大人でしたね「吉川気をつけろ」
- 何を? いろいろ・・・
気をつけようぜ おうおうおう しかしお前の服装はどうなの、って
お互い言ってるみたいで。「それカッコイイと思って着てるの?」「お前こそ」
「だいたいお前の音楽説教くさくねぇか」「お前こそチャラチャラ歌ってねぇか」

 

デビュー当時は作家さん付きっきりだったんですけど、徐々に俺の作品になっていって。やっぱり書けない時期なんかはどうしようかと思いました。詞を書こうとすると手が震えて。恐怖心みたいなので。うちに帰ろうと思っても駐車場までは帰るんですけど、帰ったら作曲作業の続きをしなきゃいけない。
しめきりがあるでしょ。でもそれが強くしてくれるんじゃないですかね。

●布袋寅泰から受けた影響
デモテープも完ぺきに作る。僕らは7割作って続きはディスカッションだったけど彼は完ぺき。「吉川、7割はデモテープじゃねぇよ。100%作らないと」
彼との出会いは刺激になったし大変お世話になりました。なかなか難しい。僕はバンドをやりたい。隣の芝生はきれいに見えるじゃないですか。
(ずっとひとりでやってきて)近しい仲間にあこがれた。でも経験したらひとりのほうがいいじゃないかって。
当時はね、ロックの世界の方が純粋に感じてた。清濁併せのむと言う言葉があるなら「濁」のほうが多い気がしてた。
芸能の世界は裏側がつながってて一緒なんですよ実は。それがわかった時にずいぶん楽になりました。

 

- 肩肘張っていてもしょうがないと
まだ張ってますけどねw
これ肩パットって言われてますけど入ってないんですよww
みなさんあれですよ、攻撃ですよ。これ肩ですよ。カーディガン着てもリラックスできないw俺はリラックスしてもらおうと思ってカーディガン着てるんだけど
●筋トレは公園で
うんてい難しいですよ。スタジオに30人大人がいらっしゃいますが、5人もできないと思います。ジムとかストイックなものは苦手。

 

※阿川佐和子は酔った勢いでうんていをして落ちたことがある
●歴史上の人物を演じる時は可能な限り調べる
お芝居をどう見せるとは考えず、どういう人だったのかと。西郷隆盛は格下で島流しに遭って雨ざらしのおりだけ。南国と言えど寒いですよ。それを耐えた。彼は大きなものを手に入れられた。すごい忍耐力。
いたしかたなく、多くの方を失う決断をしなければならない。最後の最後まで悩んだ方だが、決断したら変えないみたいですね。へそ曲げるところだけは(似てる)
時代劇とかヒーローものが好きで、現代劇には興味がない。ハードボイルドが好きでね。ハードボイルドは男が歌舞ける世界。歌舞いてナンボ。隣の兄ちゃんは嫌ですね。

 

●今の日本でなすべきこと

 

次の世代に負の遺産ばかり押し付けるのは我慢ならない。こっぱみじんじゃねぇか。

 

●今心に響く曲

 

デビッド・ボウイ「Where  Are We Now?」

 

60になったら、魚好きなんですし屋やりたい。

 

ひとまわりしたら60.

 

「Where Are We Now?」

 

 

吉川晃司関連記事

 

 

 

 

 

 

« ミュージックポートレイト なかにし礼×由紀さおり | トップページ | ボクらの時代 太田光代×丸岡いずみ×高濱正伸 »

無料ブログはココログ