« あまちゃん・初回感想を短く。  | トップページ | あさイチ プレミアムトーク 小泉今日子 »

怒り新党 燃えろアタック 荒木由美子

仕事人に続いてテレ朝アーカイブスみたいなコーナーになっちゃってるが
小6の頃ハマっていた「燃えろアタック」登場。

※ちなみに別館.net.amigoでは一発屋芸人を書き起こしてみました 参照

●(幻の)モスクワオリンピック開催に合わせて制作された
日本がボイコットしても「燃えろアタック」は嫌いにならなかったぞ。
日曜の朝放送じゃなかったかな。うちは一部の地域なんでね。
※チコ役は三原順子だが、ゆか役は中原歩。←誰だ?
ミッチー役の三谷晃代は歌ってなかったっけ?「絶交」参照
じいちゃんは小鹿番。母は河内桃子。
父はいわずとしれたおやっさん、小林昭二。
ナレーターは先日亡くなった納谷悟朗。
●第13話「母がくれた必殺スパイク」79.4.6放送
・北海道で父の馬に追われ走り込みをする小鹿ジュン(荒木由美子)。
・ジュンは4歳から父親にくす玉を飛び上がって割るように指示されている。
 10年以上くす玉割りにチャレンジし、割った瞬間中から
 「東京」と書かれた紙がw転校、上京。
←当時は笑いもせず見ていたのに45歳の今見るとギャグだなあ。
転校先の高校でコーチとして現れた小野民は行き別れたジュンの母。
正体を伏せて必殺技の練習。よくできた話や。
「ヒグマ落とし」でエースアタッカーの座を勝ちとる。
道産子=ヒグマ

●北国に燃える闘魂 79・11・16 第41話
「ヒグマ落とし」の進化。
なんか「アタックNO1」「サインはV」の亜流だな。
転校生ユカの必殺技は「パールドリーム」分身アタック。
「ヒグマ落とし」を迎え撃つ「ヒグマがえし」
「Wヒグマおとし」に進化するまでの顛末を描いた作品。
のちに3人が「トリプルヒグマ落とし」マスター。
●80.5.23 第65話「完成!幻のスパイク」
ジュンは全日本メンバーに選抜。控え選手。
競争率8倍の中からヒグマおとしで抜け出そうと決意するも
レギュラーの壁は厚い。
母が残した必殺技ノートを手渡すおやっさんだが
記号とイラスト、っていうよりほぼ殴り書き落書き状態。
笑わず演技する荒木由美子って偉い。
「この記号は何を意味しているんです?」正座して神頼み。
天からの導きで理解w
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
テレ朝チャンネルで一挙放送できないかしら。
昔は1年以上放送してたのね。
荒木由美子っちゃこの歌だわ
なんで子どもが夜の公園でアベック見てたのかわかりませんが
そんな歌詞です。霊かもしれません。
※なおきょうの爆報じゃ壮絶な介護を告白とありますが
以前もどっかで見聞きしたような気がします。別館記事参照


« あまちゃん・初回感想を短く。  | トップページ | あさイチ プレミアムトーク 小泉今日子 »

無料ブログはココログ