« スタジオパークからこんにちは 林真理子 | トップページ | A-Studio  仲村トオル »

2013.05.11

サワコの朝 栗原はるみ

ちょっと友達です。
これだけたくさんの本を売って、これだけファンを持っているのにいつまでも主婦根性が抜けない 栗原はるみさんです。

 

だいたい5時半に起きます。子育て終わったら早起きする理由がなんにもないのに。

プロフェッショナル仕事の流儀 栗原はるみ 記事参照

 

番組にはお手製のシフォンケーキを持って登場。シナモンとオールスパイス、クローブ入り。ワインとも合う。現場に持って行く時のお守り代わり。
「ごちそうさまが、ききたくて」急に売れたわけではないんですね。発売されて21年になりますから。
専業主婦の時に書きためたものが「ごちそうさま」なの。料理家になりたくて作ったものではないんですね。
書いてある文章は私が言ったそのまんま。「千切りは丁寧にやると楽しいよ」とか。

揚げ鶏のネギソースは、鶏が苦手な父のために作ったんですけど。
まず家族においしいと言ってもらわないと、雑誌には出さない。
テレビに料理が出ますよね。緊張してドキドキする。
緊張を出さないためには何回も練習しとかないと。
・・・スポーツ選手みたいですね。
そう、十回も同じメニューを家族が食べる。

記憶の中できらめく1曲 
BREAD「IF」
恥ずかしいんですけど、両親があまり音楽を聴かなかった。だから知識もなく。結婚して、彼(=栗原玲児さん)に初めて買った曲。
こんなきれいな曲があるんだって。いやなことあったりするじゃない?そういう時これ聴こうって。

 

21で知り合って、26で結婚しました。結婚したらいい主婦になるって決めてました。主人に料理番組の裏方をやってもらえないかと言われて、3年ぐらいやってました。最高ですね。お金を振り込むために通帳作るのがうれしくて。結構大変でしたけど。
名前を名乗らず、自分を紹介しない裏の仕事は、結構きついものだと。3年終わったころは、仕事をするには認められなきゃ駄目だと思い、やめました。誰かに評価されないとはりあいも出ないし、伸びないものなのかな。

初めて自覚してみました。女性誌から電話がかかって来て、フリーの方で。私が出した料理がすごくおいしかったからと。いつか是非ご一緒したいと思っていた、って。好きなことが仕事になってるのが一番幸せだって。
嫌な時あるでしょ、ってすごい聞かれるけど、嫌な時にならないように頑張っちゃう。そういう自分が嫌いですね。
食材を余らせないルール
たとえば、ひややっこ。
たまには上に薬味を乗せるんじゃなく、くりぬいて中に入れてみましょうか。じゃ、そのくりぬいた部分はどうするの?(笑)
作ってる人間の都合が頭から離れない。--残った後どうするかまで考えないといけない。
一応冷蔵庫の中にはいろいろ入ってるんですね。
阿川:でも一人暮らしだから、食べきれないものがたまるの。たとえば瓶詰めのつくだ煮。辛いからなかなか減らないの。例えば塩昆布とか?
栗原:私、ポテトサラダに入れます。しば漬けも薄くスライスして、ちょっと入れてみる。それはホントにおいしいです。らっきょうは・・・
らっきょうは小口にしたものをいっぱいのっけて。牛丼に。酸味あるけどしゃりしゃりしてておいしいです。

--この材料とこの材料を組み合わせるってのが、料理家のすごいところ。
どうして気づくのかね?って思う。

たとえば「カレー」って言われたら5通りも10通りも知らないと。簡単なのから難しいの、レンジでできるのとか、まんべんなく使えるのがお仕事。レンコンいれたりハーブチキン入れたり。
最初は失敗します。頭で考えるので。材料から考えます。いつも思い出して。アイデアで追いつめられることはないです。切り方とか、ちょっとしたこと。
主婦が「そう思ってたんだ」と思うようなこと。シェフとは違います。資格がないので宣言すればいい。競争が厳しいけど。
「今日は違ったなあ」と思うこともありますよ。
お稲荷さんだって何度も同じものを出すわけじゃない。
目分量なんだけどこのおいしさじゃないとか。数字だと出ない。感覚じゃないと。
先週もタイで食べてて。たとえばちょっとこれをセロリに替えてやってみるとか、自分だったらこうするってのを帰ってすぐ練習する。じっとしてられない。もう止まれないの。回遊魚。
ゆっくりしなさいと、うちの旦那に怒られる。母が留守の時に父にトンポーロー作ってあげたことがあって。一口食べて「おい、明日はうまいもん食いに行くぞ」もう泣いたんだけど。結婚するなら食べ物にうるさくない人がいいと。

阿川 でも料理っておいしいとか何か足りないとか言ってくれる人がいないとどんどんダメになる。
栗原 そう、旦那は気難しいぐらいが上手になるよ、たまには厳しいこと言ってくれて、それを素直に聞く姿勢がないとうまくならない

 

今元気を与えてくれる曲

 

「Can you feel the  Love tonight?」 エルトン・ジョン
英会話の勉強を始めて。
エルトン・ジョンと私は同い年で同じ月の生まれなの。
同じ世代で頑張ってる彼に共感する。

追記 2019.8.3 栗原玲児さん死去。85歳

« スタジオパークからこんにちは 林真理子 | トップページ | A-Studio  仲村トオル »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ