« ボクらの時代 椿鬼奴×清水ミチコ×光浦靖子(抜粋) | トップページ | A-studio  back number  バクナン »

徹子の部屋 柏原芳恵 ハローグッバイ 最愛 レースの話

ハローグッバイ

徹子:同期生には松田聖子さんとか、みんなベストテンにお入りになられた
柏原:松田聖子さん、河合奈保子さん、トシちゃんとか岩崎良美さん
徹子:春なのには本当に名曲。ハローグッバイとどっちが先なの?
柏原:ハローグッバイ(81年)
徹子:元々はお作りになった方が南こうせつさんのお兄さまの喫茶店。そこにお入りになった時にソーサーと、書いてあったんですって
柏原:(作詞の喜多条忠さんと)仲良しでいらっしゃって「ハイあなたに」ともってった曲だよって、こうせつさんに教えていただいた。聴いていると感動する瞬間がぐぐっときました。実際にハローグッバイという名のお店があって出来た曲。お茶を飲んでいると(カップが皿に)行ったり来たりするじゃないですか。今はもう店はないんですけど。「もうすぐベストテン」で呼んでいただいて
徹子:あの頃トシちゃんとかみんないたもんね
柏原:でも一人だけ中学生みたいな感じで、なかなか..
徹子:中に入れなかったの?そうなの
   
※カップ&ソーサー登場←神棚に飾ってあります


最愛

徹子:香港で大人気におなりになって
柏原:2011年、ビビアン・チョウさんの25周年で「どうしても芳恵に来て欲しい」23~4歳の時に「大ファンの人がホテルで待ってるから会ってあげて」デビュー直後だったかな。私の「最愛」で大スターになった。


ハローグッバイの頃からずっとオファーいただいていて
コンサートやってほしいと。85年に単独のコンサートが。
空港からタクシーで皆さん追っかけてくださって。

徹子:ベストテンでは何か思い出あります?
柏原:「最愛」の時、ベストテンのMC席あるじゃないですか。徹子さん久米さんいらっしゃって、その真ん前にピアノが置いてありまして、生放送で弾くわけじゃないですか。あれほどヘタクソな最愛のイントロはないと思うくらい手が震えていました

トップテンならあった 動画

※春なのにを歌う

レースの話

徹子:皇太子さまがあなたのファンでバラの花束を
柏原:原色ドライフラワー。家宝でございます。
徹子:びっくりしたんですけど、あなたレーサーも。そういう風に見えないんだけど。ずっとやりたかったんだけどいつも事務所に反対されて
柏原:そうですね。ある日「よしえちゃん運転好きだよね」言われて「オーストラリアサファリラリーに参加することになって。9日間、6500キロ。

徹子:夜なんかどうするの?
柏原:夜はひとりで寂しくテントで寝袋だったんです。初めての経験でドキドキ不安な感じ。レースの方たちは「よしえちゃんは完走を目標にしよう」と言ってくださったので心強く最後まで。オーストラリアからシドニー、ダーウイン、どこだっけ、山。エアーズロック。シドニーを出発するときは真冬なんですね。ダーウィンについたときは真夏なんです

徹子:あら大変
柏原:ただ夜になると零度とかになってしまうので、出発する時は車が凍ってる。朝サンドイッチが凍ってて昼に溶ける
徹子:あなた最初パリダカを反対されて
柏原:そりゃそうです。とんでもない。夢。
徹子:オーストラリアも大変だったわね
柏原:ワニが生息する所を通って、大雨が降って、どろんこになって。そこにハマってる車もいっぱいいる。ワニはとりあえず無事に通った。虫も苦手なんですけど「よしえちゃんのために完走」言われたのでスイッチが入って。一応車の中は二人なんですけど、サポートカーのほうが2回転半で起き上がったって。作曲家の中村泰士さんから連絡があって「エコカーやってみいひんか」なんですそれ?ちっともわかんないまんま参加したら、寝そべってアクセルもブレーキも手で動かす。1時間の間にどのくらい走れるか。止まったからってそこで降りるわけにもいかない。

 

関連記事


マツコの知らない世界 柏原芳恵 ロボット掃除機

追記

2020.11.20 22歳年上の人と事実婚してたなんて、記事読むまで知らなかった。お相手77歳なのね。

« ボクらの時代 椿鬼奴×清水ミチコ×光浦靖子(抜粋) | トップページ | A-studio  back number  バクナン »

無料ブログはココログ