« #あさイチ プレミアムトーク 池上彰 有働アナとのやりとり 紅白 | トップページ | 【まとめと感想】サワコの朝 三田寛子 »

2017.01.12

ファミリーヒストリー 宮本和知 祖父は漁師 佐賀県唐津市名護屋

■片岡福太夫
母方の曽祖父 漁師(鯨漁)一頭で七浦潤うと言われた時代。
羽刺(はざし)屈強な漁師の花形。大名と同じように優遇された。
10キロのモリを遠くに投げて正確に命中させなければいけない。
川尻捕鯨。

4代前の高祖父は福蔵。

宮本:投手には棒を投げるトレーニングがある。
今田:ホエールズに割と勝っている?
宮本:結構勝たせてもらってますね

■祖母フク
女相撲の横綱。昭和19年、夫重太郎と死別。

■明智

三男。和知の父。昭和8年生まれ。
※10年前に亡くなってたとは知らなんだ

李承晩ライン - Wikipedia 李承晩ライン - Wikipedia

20才の頃、漁師を諦め、三井金属彦島製錬所に臨時工として採用。(昭和28年)
最も過酷な現場。

■同僚の話、他
三井金属って言うからさ、どんないいとこかと思ったら、高熱作業。
亜鉛製造で1200℃の中8時間働いた。
塩をガバっと飲んで水を飲んで。作業着が真っ白。
誰か一人休むと3交代が2交代になる。そんなの率先してやる。
作業道具も自ら作るほど。
辞めていく人は多かったが、仕事ぶりが認められ正社員に。

昭和35年結婚。和知は次男。
亜鉛製造はコストの削減を求められ、データをメモし、上司に報告。
残渣を効率的に処理できる方法を見つけ表彰される。
44歳で作業副長に推薦されるが、高学歴でないために迷った末引き受ける。
高等小学校からどれだけ努力したか
昭和63年、55歳で退職。
「イカ漁をしたい、もともと漁師やったんや」36年ぶりに海へ。

平成19年、74歳で死去。

■宮本和知
昭和59年ドラフト 巨人
※1位上田和明(2017年現在査定室長)、2位藤岡寛生(2016.10月より照願寺住職)

1位指名ではなかったため入団をためらったが
父から「何を迷っている」と言われ決断。
※階段からずっ転んで落ちて骨折し、入団会見欠席したんじゃなかったっけ?
母校の野球部が映ったな。
平成9年引退。
「人に好かれるようなお仕事をせにゃの」と父に言われた。
へなちょこサダ登場(定岡)
「ハイハイハイ」って。ああいうとこは見習わな。だって。
番組オープニングでちょっとズムサタの熱ケツ情報出たよね

宮本和知 引退試合 97.9 動画

 

« #あさイチ プレミアムトーク 池上彰 有働アナとのやりとり 紅白 | トップページ | 【まとめと感想】サワコの朝 三田寛子 »

えとせとら

  • .net.amigoは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
無料ブログはココログ