« ボクらの時代 ビートたけし×星野仙一×松尾雄治 明治大学 | トップページ | 水曜日のダウンタウン 替え歌最強トーナメント ANZEN漫才 パーマ大佐 エハラマサヒロ 金谷ヒデユキ »

2017.09.06

徹子の部屋 鈴木登紀子 ばぁば風ちまき いちじくのワイン蒸し

前回出演時 和風ローストビーフ 記事参照

■ばぁば風ちまき


箸袋に手書きで「さヽやか 徹子さま」

 

もち米に豚肉、たけのこ、しいたけ、銀杏が入ってます。

 

もち米をといでお水につけて。

お肉と具を炒め、味を整えたスープを張るんですよ。ひと煮立ちしたら、具とスープを別々に。そしたらもち米を炒めて、スープを入れ、全部吸い込ませたところに具を混ぜて、アルミ箔で巻いて30分蒸す。輪切りにして出す。

 

具はごく手近にあるものでよろしいですよ。簡単です。だいたい子育ての時こういうのは役に立ちます。リュックに詰めて、歩きながら「お腹すいたね」って食べて。ちょっとこの辺に腰掛けたりしてね。

 

徹子:ほんとにおいしい
鈴木:よろしかったら1本お持ちください
徹子:一本ですか?(笑)
鈴木:あとはどなたか食べて下さればと思いますよ
徹子:でもほんとに全部食べたくて(笑)

■いちじくのワイン蒸し

完熟したら下の方から剥きあげて
パイレックスに6~8個並べたら、はちみつをたらたらたらとかけて、蒸し器で7~8分蒸すんですよ。柔らかいのがさらに柔らかくなって。それからレモン汁をかけて、いちじくが私だとしたら(笑)このへん(胸のあたり)までワインを入れますね。出来上がったら富士山の頂上みたいに美しい黄色が残る。
冷た~くしてお出しします。

 

徹子:おいしいでしょうね。今のお話伺っただけでも。いちじく大好きなんで。
鈴木:だっていちじく切るとおっぱいがでてくるでしょ。白いのが。これがおっぱいよってみなさんにお見せしてね。楽しく作るということです。食べることは楽しいでしょ?
徹子:作ってみます、やってみます。
鈴木:お宅様のワインは上等でしょうから
徹子:いいのがいいんですか
鈴木:そう。あたくしアルコールがダメなんですが、こないだちょっと美味しそうと思って飲んで、具合が悪くなったんだわと寝ちゃったんですよ。酔っぱらっちゃったの。酔っ払った感覚は初めて知りました。美味しいと思って油断したら死ぬかと思いました。

 

85歳で夫を亡くし、次女に同居を誘われ三つ返事で了承。

 

糖尿ですから塩分を控えなきゃいけないんですけど
増えるとぞうさんの足になるんですよ

 

(夫を亡くして)寂しいという人もいるでしょ
私も思う事があるかなと思ったけど、寂しくないわよ
思い出していることが多いから楽しいわよ
思い出っていうものを持っているから。   

 

    

« ボクらの時代 ビートたけし×星野仙一×松尾雄治 明治大学 | トップページ | 水曜日のダウンタウン 替え歌最強トーナメント ANZEN漫才 パーマ大佐 エハラマサヒロ 金谷ヒデユキ »

無料ブログはココログ