SONGSスペシャル 井上陽水×玉置浩二 安全地帯

 

:悲しみにさよなら


■出会い~第一印象は?

 

陽水:北海道旭川に、アマチュアの素晴らしいバンドがいるっていうんで、金子昌平、レコーディングディレクター。彼が誘って、見に行ったんですよね。何年前かな。で、安全地帯って25周年かな?35周年。だから37年ぐらい前になるかもわからない。

(第一印象は?)よくわかんなかったですね。つまり、鉱石で言うと原石を見てね「これが素敵、素晴らしく輝くんだろうな」てわかる人と、よくわからない人がいるの。僕は後者ですね。その金子っていうのがすごく勧めて、よくわからないままバッグバンドになってた。

玉置:でかかったですね。身長高かったとかそういうことじゃなくてボーンと来てじゃじゃじゃ★■◎(←エアギターっぽい動き) 陽水さんだ!って思った。  

■ワインレッドの心

 

玉置:陽水さんの詞を、3回ダメ出ししたんですね。1個目の「愛なんて 恋なんて し飽きただけさ」これは良かったですね。Bメロは「豚のような女と」今だったら歌えるんですけど、その当時真剣ですからもう。この曲に賭けてるって。豚のような女に、ちょっとあの、優しくしてやってるだけだよって
陽水:ふざけて詞をつけてたんですね。笑っちゃうような詞で。でたらめだなっていうのがすぐわかるような 

玉置:泣きながら最後「お願いします、これじゃない感じで」

陽水:もう一回考え直してくれないか、って(笑)もう一度作り直したの覚えてます

玉置:「今以上、それ以上」、自分では(出だしの)「も~っと」のところは予想外でしたね。ほんとか~確かに、って。

曲:ワインレッドの心  
あの頃へ ←旭川から上京、夢を見ていた頃を思い出す歌。今回どうしても歌いたかった

Just Fit

■夏の終わりのハーモニーから31年


陽水:よくわかってなかったんですけど僕は。作曲っていう意味でね。この頃少し分かるようになってきた。上手く作られてるなあって。曲がね。ほかの曲なんかでも上手だなって思ったりね。相当レベル高い人なんだ玉置浩二は、と思ったり。

玉置:一番近くて、一番遠い。いつまでたっても距離が変わらない。

曲:しあわせのランプ
  最後のニュース

陽水:なんて言うんでしょうかね、本来の形、安心できるっていうか。一緒に歌うんですからね、上手くハモるっていうか、 目立たないけど上手く引き立ててくれる歌い方をせざるを得ないんですけど、彼はそれができる。そういう意味ではこちらが自由に歌って、多少僕のほうが先輩なんで、甘えられる位置を与えていただけるんですけどね。ほんとにあの、なかなか才能がないとできませんし。玉置浩二ご苦労様でした

玉置:好きに歌うにしても、自分の流れてる感じでやるんですけど、自分の中では歴史的瞬間が来たなと思って。いい意味で僕も年をとったので受け入れて。感動するっていうよりも、ああ、がんばってきてよかった、と。

曲:夏の終わりのハーモニー

■関連記事
こちらもどうぞ ザ・カセットテープ・ミュージック 井上陽水 記事参照

ヨルタモリ 井上陽水 & 有吉反省会の鶴久政治はバナナ男。

■ヨルタモリ

陽水:あたくし鳥取で漁師をやってるイトウです。
    境港。そろそろカニがいい。
    それがちょっと、しけでダメだと。
    それでちょっと東京で遊ぼうかと。
りえ:能町さんご存知?
陽水:みねちゃんでしょ?
能町:呼んでくださる方もなかなかいないんですけど。
    陽水さんとママは?
陽水:ねえ。もう20年とか30年とか。
    飲み屋で一緒になったり、コンサートにも来てくださる。
りえ:大好きなんです。あたし前にもお話したんですけどミュージシャンになりたいって。
陽水:でもミュージシャンだったこともあるでしょ?
りえ:それは時効じゃないですか(笑)

ここで「実際の話が・・」とタモさん登場。
坂口工務店、新聞に載ったって設定なのね

陽水:境港の漁師だってことで入ってきたんですけど
    「複雑になるからやめてほしい」
※夜なのに二人共サングラス
陽水:不正があったんじゃないの?手抜き障子工事
タモリ:漫才コンビみたい。「てぬきしょうじ・こうじ」
     「今するよ・やるよ」
陽水:結局ママ目当てなんですか
タモリ:いやいやいや

陽水:アナタ奥方とか吉永小百合さんの時 「いやいやいや」が多いですね。

能町:お着物の話から
りえ:脱がせたあとの紐の跡がお好きなの
   あの夜、脱いだ時に、あった。紐の跡。「これだわ」
陽水:そういうことは経験ありませんと言っておきながら
    「うそです、実は一度あります」とか言って・・
    有名なバーですから。
タモリ:情報がまた漏れまんなあ。このバーは。
     エェ?どこから漏れまんのやろ。ネットかなこれ。
能町:陽水さんはすごい見てるってことですよね。
りえ:奥様以外の方とお会いする時はケータイ気をつけないといけない。
タモリ:ないです。実際の話。還暦ですよ
能町:陽水さんもセクシーですよね
タモリ:実際の話、違う。あかんのどすわ。
能町:京都弁が出ましたよね
タモリ:京都の女と付きおうたことがある。
    大阪の男は京都の女に憧れる。一旦付き合うがかならず別れる。
    神戸の女は「関西ですか?」と聞くと 「神戸です」と答える。
陽水:大阪の女は「上がっていいですか」と聞かずに上がってくる。

※はれ?
ここで歌ったのはリップスライム。
乱入してきたのはタモリ扮するDr.WANG。
「比不吠不」ってセットだから中国語風なんだけど
陽水さん歌わへんのか。これ6カ国後麻雀知ってると面白いけどな。
百人一首のくだりも「中洲産業大学」で笑った人は楽しめるかと。
んん~何週もつかなあ・・・

私は死ぬまでに1万2000人と対話をしたことがあるが
自分と対話したことは一度もない ミソクラテヌス


有吉反省会 鶴久政治
わ~ほんまやバナナ中毒や。
博多大吉から「今日はどの引き出しを?」と突っ込まれるほどいろいろあるもんなぁ。
まっ有村昆の変態癖よりずっとずっとマシだけど。
バナナどんぐらい消費するんやろ。
でもそんなに食ったら、便通良さそう。
「チェッカーズ解散以降、燃え尽きてしまい曲作り以外することがない」
今年185日間のうちバナナ掲載116回。
大吉:あのツイッターに関してはバナナ業者が乗っ取ってるのかと・・

印税に関してはちょっとした国産車が買えるぐらい入ってくるとよ。
バナナをマイクにギザギザハートの子守唄(泣)
やったほうがおいしいんでしょ?はなかろう・・
            
                      













   

【抜粋】BS朝日 ザ・インタビュー 井上陽水×吉永みち子

●曲作り、
吉永:「傘がない」前半は社会性が出てて、後半は「ん?こういうこと?」
    すっと違う方向に行ってしまってるような。
陽水:そういうのあるかもしれない。そういう風に思っていただけるなら
    そうしとこうかと。社会性が出てきたんですね(笑)
    しゃべってることとか、昔書いたこと、楽曲もそうだけど
    「曲を聴いてください、そこに本当の僕がいますから」
    ・・・そういう風に言える状態じゃないですよ。
   締め切りに迫られてあることないこと書いてる。
   こうやって夜丘に登って、君の髪が少し・・とか
   そんなことあるわけないじゃん。
   明日レコーディングだってのにね、曲ができてない、
   何も浮かばない時があるんですよ。いやどうすんのかねぇって(笑)
   行かないってことはできない。
   スタジオで「陽水さん今日はどんな曲を?」
   「うん、ビートルズの曲のカバーを」(笑)
   書けないと落ち込むような鋭敏な精神状態じゃないんですよ。
   もっとぼわ~んとしてて。
  「ちゃんとやってんのぉ?」「やってない」
  言葉は出ないね。苦し紛れが多い。そうやって見ていただけると
  分かっていただけるかと。

孫のこと、夢。
吉永:お孫さんとかに関心ありません?
陽水:時々卓球しに行こうよって。なかなかですよ。エネルギーが・・
   あんまりおつきあいしてると。
吉永:65歳でしょ。これから先のことって、考えません?
陽水:叶わぬ夢ですがね。映画に、参加したい。
吉永:映画作りたい?
陽水:参加っていうか。そういうこともやりたいなあと。
吉永:ほんとに久しぶり(15年ぶり)こんな形でお目にかかるとは。
   妙なところで妙な形で。お断りされるんじゃないかと。
陽水:なにをおっしゃいますやら(笑)
吉永:今も階段の足音を聴きながらドキドキ・・
   今年はデビュー・・65周年ってことはないか。ごめんなさい。
   生誕66周年。
陽水:45周年でもありますし。多少話題になったアルバムが。
   何か頼みましょうかね。椅子とかお茶は大事です(笑)
   世界は広い。広い中でも日本はちっちゃい。
   ちっちゃい中に政治経済文化いろいろありまして
   その中に芸能ってちっちゃいのがありまして、その中の出来事なんで
   わいわいわいわい言うのも・・お気遣いありがとうございます。
   もちろんあれでしょ?吉永さんは僕より若年ですよね。
吉永:多少。
陽水:失礼しました。
吉永:1学年上なんですよ。郷土愛ってあります?
陽水:うん。一般論として、僕もあ、そうだなと思えるところがあって。
    福岡県人は、なんかね、郷土を自慢する傾向があるなってのは
    確かにあるなあ。
吉永:博多ってのと、北九州は、違う?
陽水:違いますよ。北九州は炭鉱、八幡製鉄が以前あって「花と竜」
    言葉が強い。「なしか、きさん、どげんしよったか!」とか。
    ドイツ系なんですね。
    博多は商人の町、朝鮮半島と交流があって、ある種洗練がある。
    「まぁあんた、なんしよんしゃったと?」と。幾分フランス語になるんですね。
    ドイツ系とフランス系がフランスにはあってね。
    きたないんですよドイツ系は
●憂いを帯びた少年時代
陽水:にぎやかで明るい少年だったと自分では思ってるんです。
    その証拠に、近所に顔見知りの八百屋さんがありまして。
    家族に「挨拶は笑顔でしないとね」って言われてたから
    そこ通るときに「おはようございま~す、行ってきまぁす」
    「まぁ陽水(あきみ)ちゃんほんとにご挨拶が明るくいいわね」
   じゃ、暗い少年じゃなかったんやって。
   でも16,7,8になると、翳ってるものが美しいんじゃないかって。
   高校時代に新しい価値観になったんで「愁いの年表」を作った。
   現状に満足してるわけじゃありません。
●生まれた時から英才教育?
陽水:本とかに書かれてること、全て真実だと思わないでいただきたい。
   口から出まかせだから気をつけないと。
   読み書きそろばん、時々英語・・勘弁してよって。
吉永:あの田川でよ、読み書きそろばんとか書道に行くってのは
    そんなにないよね?
陽水:そうかなあ・・八百屋とか大工の子とかいましたけど。
   僕が3つだから多かったかも。特別なことじゃなかった。

●井上陽水の原点
吉永:町内会のバス旅行で歌って、オバさんたちに褒められたって。
陽水:当時はカラオケなどありませんから。バスの中のマイク回し て   
    これこれ石の~地蔵さん♪西へいくのはこっちかえ♪
   (←美空ひばり「花笠道中」)この歌歌ったような気がして。
   喝采を浴びたんですね。他に褒められることはないから。

   音楽の授業で騒いでたら、つきもりとみこ先生が
   「何騒いでんの?罰として歌いなさい」って。
   「今は山中今は浜・・」って歌ってたら、つきもりとみこ先生が
   「井上君うまいわね」って。コンクールに出たかどうか定かじゃないけど。
   歌を歌うことは、辱めを受けることなんだと。
   心の中では「そんな恥ずかしいことはできません」
   今でも辱めを受けながら歌ってる。
   恥ずかしいことはできません。
吉永:それでサングラスをかけちゃう?
陽水:そうですね。40年間で2.3回、かけずに歌ったことはあるけど。
    サングラスなしでギター持って出ると「んん?まじ?」
    なしで記念写真撮ると、誰と撮ってるのか分かんない。




●曲「リバーサイドホテル」
吉永:「誰も知らない夜明けが明ける」夜明けが明けるってどうよ?
陽水:そこは気付かなかったな。
    リバーサイドって川沿いに決まってるじゃんって、
    漫才のツッコミみたいなことを言われたりしますが。
吉永:あたしが書いたら編集者に絶対言われる。
陽水:助詞的に考えてダブってるからNGだって言うけど
   そこに人間の愚かさがあるわけ。つるんとしたひっかかりのない
  間抜けなもので満ち溢れてるわけよ。
  こういうものをダメだっていうために給料払ってんのにって。
  大きな文化発展の芽を摘み取られてるわけですね。
  「窓の外の林檎売り 」は「ミネソタの卵売り」から来てんのかなと。
  自分の思ってるように展開してくれない
  エンターティメントに対しては腑に落ちないと言うか
  そこが我儘だって。あんまよくないんじゃないかな。



日曜の18時から1時間だったんで録画した。
茶風林の波平さん見てたし。
あれはあれでいい感じだと思うよ波平。

   

 
   
   

火曜曲!小田和正 中島みゆき  坂崎幸之助 ・・編集の味気なさがいい。

升田尚宏アナウンサーより 冒頭お詫び

10月23日 火曜日に放送されました火曜曲におきまして

放送データの不具合が原因による放送事故が発生しました。

大変見苦しい放送になりましたことを深くお詫びします。
m(_ _)m(一礼)

(ここで升田アナの横顔アングルに切り替わり)


今夜は当初放送を予定しておりました内容に

さらに貴重な音楽映像を加えてお送りします。

・・・・この物々しさは何でしょう。

追悼番組か出演者の不祥事にしか使われないトーンですね。

いつもこの切り口でやっていただけたら、ロンハー振ってでも見るのになぁ。

ひと月にいちどは音楽に造詣の深い坂崎サンを出していただきたい。

以前BSでやっていた音楽番組のようなクオリティには、近づくと思う。

放送事故の動画は見ました。いまは完ぺきなバージョンはアップされてないが

2012年を代表する放送事故だと思う。

AKBに対する悪意ともとれる(違)。わざとぢゃないよね。

●小田さんと中居正広、極端な、いや奇跡のコラボ

ツイッター眺めてたら、小田さん派と中居君擁護派に分かれてた。

中居君は歌が下手なんぢゃないんだ、音痴特有の言い訳に見られる


単なる選曲ミスだったんだ今まで。

あの開幕戦の君が代だって、エコー効かせまくってカバーしたら

まるで浴室できれいなジャイアンがうなっていたような歌声になったじゃん。

これは小田さんのギターのたまもの。

小田さんは、いまだにあの声ですからね。それに比べ中居君は・・・

敢えて言いませんけれども(笑)

でもね、歌によって感情が伝わる」坂崎幸之助

あ、で、我々がこれを再び聴き入っているとき、当選された方は

舞浜アンフィシアターにいらっしゃったわけですね。いいなぁ。

放送日は25日23時50分~。よし、チェックだ!

それまでは「どーもどーも」ブルーレイ見て待っとく。

ご当地紀行の毒蝮ぶりがたまりません。博多駅も通ったんですね。


中居君との共演からはや7年。

「君を ああ、それで呼んだんだなぁということは

たぶん半年とか1年ぐらいしたらわかるな。はしょろう。」

「ボク半年間寝付けないってことですか。『眠れぬ夜』ですよ」

リアルタイムで見ていたのにデッキがぶっ壊れたので昨日再び再録画。

だからイントロ間違えたとこもしっかり覚えてる。

「恥ずかしいんですよ、まじめに歌うことがないので

ちゃんとやっちゃうとバラエティができなくなる。」

ここまで来ると自虐もいいとこ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「弊社の音楽番組というと、どういうのが」

「家庭用VTRのない時代から、弊社にお付き合いいただいて

ありがとうございます」

うむ、どっかのプレゼン?升田アナのこの堅いフリおもろい。

国営放送よりも謙虚な感じがするぞ。ミスター弊社。

井上陽水「最後のニュース」これはお気に入り。参照

六本木心中をうたう明菜は20歳でいちばんノッていた頃。

「だぅもありがと!」なんて20年以上忘れていた文化財的番組。

週刊現代11月17日号で「中森明菜が最も輝いていた季節」特集があり

ミッツ、来生えつこ、小田洋雄の対談が非常によくてとってある。

来生さんが「あなたのポートレイト」を挙げていたのが印象的。

「セカンドラブ」は前奏から歌に入るところが難しかったが

きちんと歌えてほっとした、とか

そしてきっちりマッチのことについても触れて

「相手がいることですから(自殺未遂事件は)残念」と。

「もう私たちの歌を歌うこともないだろう」とも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

火曜曲に話を戻して

フォークル再結成は10年前。なつかしい。

「感謝」は、きたやまおさむが泣きながら書いた曲。参照

ワタシにもしものことがあったら出棺の時に流してね。

「世情」って、27年ぶりに解禁ていうけど

TBSチャンネルとか再放送で何度も何度も見たぞ

あ、中島みゆきがライブで歌ったのが27年ぶりか。

直江喜一と沖田浩之が護送車に乗って

後ろから千之赫子が追いかけるシーンなど今見ても泣ける。

27年たってリアル坊主も中3になったが

荒れることなく卒業して無事に高校に行ってほしいと切に願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌番組は時々こういう形式でやってくれると

視聴者もしみじみ飲めていいですね。













【改訂版】 ap bank fes  12’ つま恋 小林武史 桜井和寿 小田和正 

放送曲目(10.6放送 BSプレミアム改訂版)

 

Bank Band よく来たね

 

salyu  青空

 

Crystal Kay  Boyfriend partⅡ

 

tokyo hotaru 持田香織

 

ただいま JUJU

 

I’m Yours ジェイソン・ムラーズ

 

(←音楽活動と並行して農園経営。木更津農場を訪れた。

 

「人間として何と言っても大切なのは食べ物です。空気と水も。

 

だから自然と手を取り合って生きたいと思うんです」)

 

告白 

 

瞳をとじて 平井堅

 

It's Alright 君といるだけで 

 

永遠に ゴスペラーズ

 

シンクロ 

 

Melodic  Storm  ストレイテナー

 

Headlight  MONKEY MAJIK

 

涙がキラリ☆ Spitz

 

 

 

※どーもありがとう!予想していたよりもずっと暑くてびっくりしましたね。

 

まだこんなにクソ暑いですけれども、ちょっと涼しい歌。

 

この曲は、オフコースのとき、30年ぐらい前ですかね。

 

たそがれ 小田和正 

 

その日が来るまで 小田和正 with 桜井和寿

 

Drowing  桜井和寿

 

to U   Bank Band With Great Artists & Mr.Children

 

(以上つま恋)

 

 

 

(ここから9月30日地上波放送分。ダイジェスト版の補足)

 

ライブだけじゃなくトークショーも行われていた。

 

対談で使われた椅子は岡山県・西粟倉村のひのき。

 

クロスロードでは東北復興のためのプロジェクトが出店。

 

 

 

奏逢~Bank Bandのテーマ~

 

ぼくらが旅に出る理由

 

Tomorrow never knows

 

桜井サンが「ROUGE」をカバーするため動画を見た。

 

いろいろ調べていると

 

ボーカルの奥野敦士さんはバイト先の解体現場で

 

7メートルの高さから転落し、下半身不随に。

 

What a wonderful world  Bank Band with 奥野敦士

 

 

 

少年時代 井上陽水

 

to U (←いわき市立泉中学校とコラボ)

 

9・11の直後、市民として何ができるのかと言うことを考えたときに

 

生きている価値がお金に集まりすぎていて

 

お金の合理性だけで考えていくと 今の原発に対しての不安も

 

そこにあたると思う。

 

僕らがちゃんと把握できてないところまで進んでしまう傾向がある。

 

循環できるものを自分たちで使い切って未来を作っていこうという思い。

 

環境プロジェクトに融資することから始めていたので

 

音楽は持ち出さないようにしようと思っていたんですけど

 

活動費が必要だねって話になって。

 

何年かap bankをやってからの話だったので

 

周りも僕とか桜井君がやってることに実感を持ってくれるようになって。

 

他のアーティストからの理解も生まれていた。

 

その境を外して考えた。(小林武史)

 

 

 

ナレーション、知世ちゃんかと思ったら伊藤歩サンだった。

 

声が似ているなぁ。

 

こういうドキュメンタリは深夜じゃなくてもうちょっと早い時間に・・・

 

ま、どうせ録画したんだけれども。

追記 2016.9.2
嬬恋リゾート営業終了 

 

 

徹子の部屋 井上陽水

30年ぶり。「とまどうペリカン」を歌ってた頃のことかしら。

ごぶさたばかりをしておりました。

タモリが飲み屋で「歌って」とお願いしたら「5千円くれるなら」と返したとか。フルコーラス歌わずに5千円取った陽水サンもなかなか。

ジャケットお召しにならないときにちらっとみたらたくましいお体で。鍛えていらっしゃるんでしょ

・・・なにもしていないんです。

スタジオ自体はずいぶん久しぶり。エキサイティング。芸能人で歌手だったらみんなテレビに出ないといけないってのに(当時は)反発もありまして。とにかく人間として生まれてきて山あり谷あり不幸あり。。。

 

3曲ベストテン入りしたことも。「飾りじゃないのよ涙は」「ワインレッドの心」「いっそセレナーデ」

みんなが知ってる番組に息子が出れないことに不満を持っていた母が喜んでくれた。

40代は小室等さんに「音楽やめようか」などといいながら飲んでいたけど「やめないほうがいいよ」と名回答を言われ。

 

石川セリは4年前に出演。

 

若々しくておきれいでわたし大好きなのね(徹子)

 

お孫さんが歌がすきだって

 

うわ、アンパンマンなお嬢ちゃんがビートルズナンバー歌ってる。

 

(「ALL MY LOVING」)

 

娘さんの名前は 依布 サラサさん。長男は音楽をやっていない。

孫3人のおじいちゃんなんだな陽水はんは。

なっ生ギター1本で「いっそセレナーデ」歌ってる。

 

歌っててもしみじみします。去年ああいうこと(震災)がありましたから。歌っててしみじみしてもしょうがないんですが。東北でも3つぐらいライブを予定していたんですが中止になってしまったので、やりにいきたいなぁと思ってる。歌を聴いて3分でも5分でも違う気持ちになっていただければいいなぁと。

「少年時代」・・・少年を回想している部分もあるんですが自分の中でいろんなものが浮かんできて 大変な騒ぎ。武満徹さん、吉行淳之介さん、清志郎もいなくなってしまって。黒柳さんのつめの垢でもせんじて・・・

 

LIFE 井上陽水 記事参照

 

LIFE井上陽水・40年を語る を41歳が見る。

第2夜は見逃してしまった。

おいらにとっての井上陽水とは、このCMだ。

誰に聞いてもつかみどころのない人間だと思う。

陽水について語れば語るほど、実像から離れていくような気がしてならない。

昔読んだ雑誌のインタビューで「暇な時は何をしていますか」との問いにひまなときは、ヒマということについて考えています」と答えていた。そんな人だ。ゆるいのだ。

奥田民生とのコラボの時も「どっちに転んでも大したことない。あんたがいいんならやれば」的なスタンスだし(笑)

「アジアの純真」おいらにも新婚当時があったんだな。「結構適当でいっか」が許された仕事なのね。

ボブディランの訳詞だってむちゃくちゃなもんだけど、それにインスパイアされたって。。。

17歳の誕生日に「9.5カラット」を買ってもらった。「ワインレッドの心」が、玉置さんとは違う余韻があってよかった。

小田和正が若いころ、「これでも聞いて勉強しとけ」と渡されたカセットが陽水さんだったらしい。小田さんは第一夜にも出てきた。

「仕事的には希薄・・・あけすけにいうと、熱意がなくなってきてるのかもしれない」

のらりくらり、な感じがいいなぁ。

4週間スタジオにこもってできたのが、あの「少年時代」

この曲を聴くと夏が終わっていくもの哀しさを覚える。

ロバートキャンベルさんと陽水氏のつながり。なんか「風あざみ」にすごいこだわってたっけキャンベルさん。

「歌詞に(風あざみってフレーズを)使って禁固投下もないわけですから(笑)」って陽水あんたって人は。

しかしこの時間帯は誘惑が多くて困った。ラジオでは亀淵さんがオールナイトのビートルズ特集やってて、昨日なんか渡辺三千彦氏(=KRYアナウンサー)がメッセージ寄せるっていうからリアルタイムで聴いてたし。

頼むから再放送やってほしい。教育テレビって視聴率もわかんないしね。

無料ブログはココログ